FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

本書の著者である坂爪真吾氏、そしてホワイトハンズさんに対して、
リンクもさせて頂き、以前にも紹介記事も書かせて頂いております。
私からの一方的で強引なお願いを快諾してくださった坂爪真吾氏に、
改めて感謝すると共に本書の感想をここに書こうと思っております。

まず初めに、私が坂爪氏を知ったきっかけとは何か。
そして、私が心を突き動かされたきっかけとは何か。

私のブログを読んでくださった方であれば、ご存知の方もおられると思います。
そのきっかけとは、私が愛読している漫画とその作者である先生にあるのです。

NON先生の『デリバリーシンデレラ』(集英社・ヤングジャンプコミックス)がきっかけです。

毎週の感想記事に留まらず、毎日のようにデリシン(漫画の愛称)を愛読しては先生に感想をお伝えして、
右も左もわからずに始めたツイッターに(そもそも上記の理由の為に始めたので)やっと慣れた頃でした。



どういう漫画なのかご存知でない方は、うちの感想文を是非ご一読ください。
坂爪氏の本著と決して無関係ではなく、現代に一石を投じた点も共通します。
その感想文の中でも、今までに何度も触れてきたことではありますけれども、
性風俗の世界で生きる女の子、傷ついた女の子と私は実際に接してきました。
夜の世界に生きる女の子、そこに渦巻くドス黒い欲望を思い知った時代です。

そして、今まで敢えて書かずにいたことですが、心の病に苦んでいる女の子、
性的虐待や自傷行為、家庭の問題に苦しむ女の子とも実際に接してきました。

接してきたというより、私の10代から20代はそこに費やされて終わったと言えます。
相手の親の元に乗り込んでは喧嘩、時には家から連れ出して車で避難もする毎日でした。
当時は私も若く、またこの国のメンタルヘルスの知識や情報も今よりもずっと乏しくて、
今よりも書籍がなかった書店や独学で学んでは、地元の病院や児童相談所に足を運んで、
途中で遠距離での交際になってからは、夜勤明けでそのまま高速バスに乗り込んで上京。
帰ってからは医者に手紙を書いて送り、相手には仕送りの荷造りをしていた時代でした。
正直、どうやって24時間を過ごしていたのか思い出せないほど滅茶苦茶な生活でした。

私が愛した人も、結婚するつもりだった相手も心の病に苦しむ人であり、風俗嬢でした。



私は『デリバリーシンデレラ』に出逢えて、わかってくださる方がいるのだと確信しました。
『デリバリーシンデレラ』は絵空事ではなく、私が知る光と闇の世界そのものだったのです。

「臭いモノには蓋をしろ」が平然と横行する今の世の中で、
『赤裸々に痛烈なまでに抉り出した』デリシンとの出逢い。

NON先生は本物だ。先生なら性風俗や性の問題で苦しむ弱者の気持ちを代弁してくれるはずだ。
私はNON先生をそう信じて愛読してきました。私のその想いはやはり間違っていませんでした。

矛盾と不条理が蔓延る中で、描かれて、貫かれた連載。
先生なら、デリシンなら、世の中を変えられると確信。

その想いから私は『デリシン革命』と名付け、感想記事にも意図的に繰り返し盛り込みました。



その頃です。坂爪氏とホワイトハンズさんに出逢ったのは。
坂爪氏もデリシンの読者さんで、そこで知り合ったのです。
知り合ったというよりは、私の一方的な応援ですけれどね。

いえ、厳密に言えば「それ以前より存在は知っていた」と思い返すことになる瞬間でしたけれど。
本当に恥ずかしく申し訳ないことですが、「きちんと理解していなかった」とここで痛感します。

坂爪氏には本当に心よりお詫び申し上げるほかないのですが、それ以前とは『成人合宿』の騒動。

私自身は何ら偏見も差別意識も抱いていませんし、活動内容も誤解なく理解していたつもりです。

しかし坂爪氏の真意、そして「その先」の展望を理解できていなかったことを痛感させられたのです。
坂爪氏の誠意と情熱、そしてホワイトハンズさんにしか成し得ない本当に光輝く「未来」の性社会を。



過疎ブログで孤軍奮闘しながら(笑)、何としても『デリシン革命』を起こすのだと燃えながら、
真の意味で実りあるリアルな『デリシン革命』を起こそうとする方がいらっしゃるじゃないかと。

それが坂爪真吾氏、その人だったのです。

そして、驚くほど緻密で多岐に渡るホワイトハンズさんの活動を知り、
坂爪氏の本書を読了して、私はとんでもない間違いに気付いたのです。

私の『とんでもない間違い』とは、
私が現代社会で、性風俗業界で「理解されるべき」だと今までデリシンの感想を通して書いてきたこと、
実はその考えが、私が思う『前提そのもの』が坂爪氏の本書によって文字通りひっくり返されたのです。

でも誰かが
変えなくちゃ

私がこの世界に
光を灯す

日の光を…!
(『デリバリーシンデレラ』EPISODE.91 夜蝶)

そう、この世界に光を灯すこと、つまり現代社会の性に「光を灯す」のが『デリバリーシンデレラ』なら、
この現代社会の性に、「苦しむ人の性そのものを光にしてみせる」のが『ホワイトハンズ』さんなのです。

目から鱗とはこのことです。

本書を手にして、一夜にして世界が反転したような凄まじい衝撃を受けました。

その時、坂爪氏から頂戴したお言葉が、再び鮮烈に私に叩き付けられたのです。

「私なりの『デリシン革命』っぽい内容を意識しましたので、是非」

本書に対するこのお言葉の真意は、そこにあったのかと!



今まで「とても他人事とは思えない」漫画の感想を書いていましたが、
本当の意味で「他人ではなく自分の問題」であると教えられたのです。

感想は、次項にていよいよ本題に入ります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/906-c9cc6ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top