日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HΛL『As long as you love me』  

HΛL『As long as you love me』

2011/12/09 01:29


現在から九年前の作品。

二枚目のアルバムだが、
あの三人編成としては、
最後のオリジナル作品。

九年前の当時と言えば、私がエイベックス拒絶症候群の時代である。
今も同じようなもので、エイベックスを好きにはなれないだろうが、
島谷ひとみさん以外で、私的に唯一それをぶち破った歌い手が彼女。

ちなみにHΛLとは、楽曲提供やプロデュースを手掛けるサウンドクリエイターチームの総称で、
HΛLとは、パーマネントなバンドやユニットなどを意味する集合体とは最初から趣旨が異なる。

筆者が本稿で述べる集合体は、
HΛLNA:Vocal,backing vocals
梅崎俊春:synthesizer
佐藤あつし:Keyboards,Piano
以上の三人編成の時代であり、
グループとして存在した時だ。

梅崎、佐藤両氏はエイベックスヲタならもう堪らない方であろうし、
事実、彼らのクレジットは当たり前すぎるくらい見受けられた時代。

私が何よりも誰よりも惹かれたのは、ヴォーカリストのHΛLNA嬢である。
歌モノで勝負する以上当たり前だが、HΛLNA嬢をフィーチャーした形だ。


今まであれだけ流行りがどうだニセモノがどうだと宣い、
流行の音楽に喧しい記事を書き続けたおまえが聴くのか。

そう思われても仕方ない。
しかしこれは聴くんだな。
好きなものは好きなので。


と言う訳で、HΛLNA嬢だ。

何が良いかと問われたら、
臆面もなく宣言してやる。
顔も声も全部好みである。
もう総てが私の好み直撃。
浜崎あゆみ嬢の再来かと。
そんな感動すらあるのだ。
二番ナントカは私に禁句。
そこだけは注意されたし。

アイドル者に対しても、
また特撮者に対しても、
浜田春菜嬢と伝えたら、
通じるのではないかと。

アイドル者的に言えば、彼女が歌手になるとは、ってときめきなのよ。
特撮者的に言えば、彼女のΛの文字はAじゃないから要注意だぞ、と。

『仮面ライダーアギト』と同じなんだよな。
アギトとは『ΛGITΩ』が厳密な表記で、
『始まりと終わり』を意味している存在だ。


HΛL『As long as you love me』

01.introduction
02.risk
03.I'll be the one
04.A LONG JOURNEY
05.PRACTICAL POLICY
06.ONE LOVE
07.in this life, long love song
08.Stay With Me
09.KOKORO ~inwardly~
10.R-18
11.al di la
12.As long as you love me
13.Fin.

本作はシングル曲は勿論、
それ以外のアルバム曲も、
総てメロが際立ちまくり。
全曲とことんなまでにだ。
これは評価されるべき点。

頭から聴き出すと、シングル曲が云々なんて些末なことはどうでもよくなるのだ。
逆に、これがシングルでも全然イケるよなあと妙なときめきを覚えられたりする。
勿論個人的に好みな楽曲や歌はある訳なので、一応そちらも書いておこうかなと。

アルバム曲では、二曲目と八曲目が特にツボ。
後者の間奏、明菜様のあの名曲を連想したり。
シングル曲では、三曲目とあの名曲がド琴線。

そう。
『al di la』だ。

これぞHΛLの最高傑作ではないかと、信じて疑わない。
今でも聴き返すHΛLの楽曲で、私的にはナンバーワン。

「さぁだぁりぃ~♪」
あのHΛLNAちゃんが最高。

これが書きたかったが為に、
それまでの前置きだったり。


追記。
映像作品も改めて観てみたが、
『Save Me』
『SPLIT UP』
なども甲乙付けがたいよなあ。
なんともまあ優柔不断なこと。
それがまた愉しい(笑)。
関連記事
コメント

わかります

私も、HAL大好きでよく聴いてました!
高校の時、浜田春菜ちゃんとは同じクラスで同級生です(笑)。その後、かなり芸能界で活躍してて嬉しかったなぁ。
今でも、たまに春菜の曲をカラオケで歌ったりしますよ♪q(^-^q)

春菜ファン #- | URL
2013/03/26 17:13 | edit

はじめまして。

>春菜ファンさん
はじめまして。
まさか、今になって、あんな昔の記事にコメントくださる方がおられるとは(笑)。

一度強烈に好きになった人って、やっぱり今でも変わらず好きなものだと改めて思いました。
今になって聴き返しても、良いなと思います。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/03/27 01:44 | edit

僕は四年前にこのアルバムを買いました。とても衝撃的でした。今はやりの曲とも全く引けをとらないアルバムですよね。あと歌詞には今でも感動します。あと20年経っても価値のある名作だと信じてます。ただ本当に価値のあるものは誰も気がつかないものです。僕はそういうのしか信用しないですし、

shochang #- | URL
2013/09/06 12:10 | edit

Re: タイトルなし

>shochangさん
はじめまして。返信が遅くなってすみませんでした。

ご覧になったこういう記事を書くような奴ですから、
心情的には同意したいところですけれど、
「20年経っても~」というのは、正直断言はできかねますね。
本文で書いた通り、「ザ・エイベックス」サウンドでコテコテではありますし。

「本当に価値のあるものは誰も気がつかない」というのも、
私的にはそうでもないのではないかと思います。
それをこちらから言うと、認められないことの言い訳のようにも取られますし、
これだけ情報が溢れていて便利に引き出せる時代に、それは違うかなと。

少なくとも自分は、自分から動いて、自分自身の感性で選び取っていきたいというだけですね。
他人の評価や流行って、心の底からどうでも良いのですよね。
自分が好きかどうかが総てですね。

如月 #ksMIDlhw | URL
2013/09/11 01:48 | edit

はるながデビュー前に遊んでいました。一緒にカラオケ行ったり。
はるなの家に泊まったり・・・
お嬢様系(姫系)の可愛い部屋でしたよ~!!
でも、突然、連絡が取れなくなり
久しぶりに、Halを検索したら
出てきました。

背もちっちゃくて、可愛くて・・・
一緒に撮ったプリクラが今の私の宝物です。

はるな、元気にしてるのかな?
たまには、HALの曲、聞いてあげて下さいね!!

あぃこ #mQop/nM. | URL
2015/02/04 00:24 | edit

Re: タイトルなし

>あぃこさん

ご本人と知り合いかどうかは全く興味がないですが(真偽を確かめようがないし、知っても無意味)、
以前のコメントの方と続けて、同じように続くのはなんでだろうなあと思ったりしました。

気が向いたらまた聴こうかなと思います。

如月 #ksMIDlhw | URL
2015/02/21 02:21 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/555-b0059606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。