日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』86 祈る男  

『ハレ婚。』最新第8巻、本日6月6日(ハレ婚。曜日)発売!!
同じくヤンマガ本誌27号発売日!
ダブルで購読でお得ゥ!!

(大津一基市長)

と言う訳で、ジューンハレ婚。祭りも盛りです!! ハレルヤー♪

まさかのラッキーで、土曜のうちに本誌27号もゲットしてましたけれど。
こちらについては流通(と運送会社の休み)の関係らしいですね。
定期購読している書店さんとコンビニから案内もあった時、確認を取ってみました。
だから、ガセを流した訳じゃないのです。
事実、タイムラインからも他の地域のフォロワーさんの土曜ゲット報告がありましたしね。



さて、感想ですー。

『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れっぱなしなので(以下略。前回をご参照ください)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

痛みを感じられる心だけがあたたかい。

86
祈る男




祈る男が格好良すぎます。もう、これに尽きますね。

ママに対してあの一言がもう。しかも、サラっと。格好良すぎるにも程がある。
あの局面であんなことをさも平然と言ってのけられるなんて、簡単そうで最もできないこと。
やっぱり、あの当時から龍ちゃんって完成されていたんだなと。

そして、最後に残るのはあたたかい感動。

まどかちゃんの屈託の無いたおやかな笑顔が総てを物語っています。

やっぱり、NON先生は読者を裏切らない。必ず感動という形で応えてくださるのです。
ママにボコボコにやられた包帯龍ちゃんの意味が今回でわかり、こっちは爆笑でしたが(笑)。

回想を3話でテンポ良く過不足なく纏め上げられた構成が素晴らしかったです。
私的には、この過去編の最後のサブタイトルを『男』で締めてくださったことも嬉しいです。






さて、ここからは感想というより、それを交えた私的な話になります。
一般読者様はここでUターンするのが吉かも。私は申し上げましたからね。
以下は、前回の文末おまけコーナーを読んでも大丈夫だった方のみ、どうぞ。

龍ちゃんとまどかちゃんの過去編、回想の決着と現在への回帰。
そんなタイミングに私、ケッ婚問題が一つ片付いたのですよね(詳細は前回の感想に)。

NON先生がとことん読者に誠実に描かれているのだから、こちらも嘘はつけません。
あそこに書いたことは全部事実です。実に格好悪い話です。

ゆえに美談でも何でもないし、寧ろその反対なんですが、また引力を感じるタイミングだなと。

要らない

ご免だね・・
たまたま少~し
情がわいて

偶然 手を
貸しただけ

アンタの人生まで
背負いたくない


11ページ目の龍ちゃんの台詞、意味合いとしてはほぼ同じことを自分も口にしたのです。
ね、だから美談じゃないでしょ(笑)。
私は優しくはないのです。貧乏で無力なのです。共依存が大嫌いなのです(笑)。
読んでヒヤリとするものがありました。タイミングが神がかりすぎ。
先生、本当に超能力者でしょ?

そう、自由と責任はワンペアなんですよね。

まどかちゃんの自由の為の行動と、その代償。
龍ちゃんが何が何でも嫁3人を守り抜いて幸せにするという覚悟。

どちらも想いは清く美しいものです。
同時に、綺麗事だけでは片付けられない現実が立ちはだかっています。

この三ヶ月くらい、相手に散々そのことを言ってきました。
こちらは毎日逢いたい、一緒に住みたい、結婚してくれ、この子に親になってとひたすら言われ続けてきました。

加えて、あなたと子どもの人生まで背負う力はないと。その責任は背負えないと。最初から言ってきました。
事が起きてから後出しジャンケンで言うのは卑怯だからです。だから、最初から自分の無力さを伝えていました。

もうね、読んでいて我が事のようにしか思えない感覚なんだもの。

改めて、先日のことを思い返す回になりました。
私にとって一生忘れられない過去編になりました。先生に感謝です。

そう、そして私は神じゃないのです(笑)。



で、ここで感想終わりならまだラク(?)だったんだけれどねえ、続きがあるのですよ。

今回のヒキ、最後の最後で小春ちゃんが言った言葉

これ、正に同じことを私も言われて問い詰められた訳です。
そして、数ヶ月考えて足掻いてきた結果が、これ。
ね、本当に美談じゃなく、情けない話でしょ(笑)。

真実を知った過去編と、自分がふっきれた『今』。
このジューンハレ婚。祭りに最高のタイミングです。
物凄いミラクルな引力でしょ。実に読者らしいでしょ。
そこだけは我ながら凄いと思うわ(笑)。



○ハレ婚。トーク 1

さてさて、吹っ切れたことですし、お祭りを楽しみたいですね。
今度からは早めの更新とPR、企画なども遅れずにしたいー。

ここでは生存報告じゃなく近況報告がしたいね。
マトモなやつね。明るく楽しい話題でね(笑)。

○ハレ婚。トーク 2

今週のツイッターPR文
【漫画シーンと現代日本の最前線】NON先生(@non620126 )と手塚だい先生(@dai_gretsch )の『 #ハレ婚。 』大絶賛連載中。
【86 祈る男】本日6/6発売の #ヤンマガ に掲載。
最新コミックス第8巻も同日発売! ジューンハレ婚。祭り!!

極力ネタばれは排除したいので、更新タイミングも考えていました。
そう、『サブタイトル』の問題があるのですよね。
だから、感想とこっちは月曜ハレ婚。曜日まで控えていました。

○ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

PIERROT
『MOTHER Scene Ⅱ』

Akina Nakamori
『オフェリア』

CHIHIRO
『Love Song』

乃木坂46
『命は美しい』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3308-a925dc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。