日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』84 13歳の女  

冒頭からみっともない言い訳です。

車に撥ねられてから、付随するやり取りに時間を取られていけませんね。
相手の保険会社とやり取りしたり、病院に行ったり。

さて、感想ですー。

『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れっぱなしなので(以下略。前回をご参照ください)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

走ることはできなくても這うことはできる。

84
13歳の女






遂に、龍ちゃんとまどかちゃんとの過去編です。
私にとっては「待ちに待った過去編」でもあり、同時に「詠むのが楽しみだけれど、怖い」です。
そんな想いですね。

当時からあまりにも美しすぎる(幼少期からそうだったもんねー)hydeさんこと伊達龍之介くん。
この過去編でどこからどう見てもhydeさんな龍ちゃん、実に格好良いですねえ。

『BURROW』が2人の出逢いの場所なのは誰もが前回でわかったことですが、意外でしたね。
当時のまどかちゃんがまだ13歳だったとは。

ハレ婚制度3人娘と龍ちゃんの結婚式があり、その後に判明したまどかちゃんの肉親のこと。
あそこではサラっと話していましたが、この過去編からして相当にディープでしょう。

同時に、ママも只者じゃないなと。ここも着目すべきところですね。
社会から排斥された弱者や子どもというところからは、荻上チキさんや鈴木大介さんの著書も思い浮かべたりしました。
勿論、『ギャングース』もね。

事実、ママの言葉からわかることも多かったですね。
「今日から」という言葉、その前の「2ヵ月前」という言葉。
そして、当時のまどかちゃん……。
穏やかではない言葉が刺さりました。

これは相当に突っ込んだ展開になるなと思っていたら、2人の手首。
ますます上記の著書が頭に凭れ掛かります。

これ、他人事じゃないんですよね。
いえ、私がそうだった訳じゃないですけれど。
虐待や精神障害に苦しむ人と長年向き合ってきた過去がありますので。
何度も連れて逃げたり、病院に手紙書いて送ったり。足りない頭で何とも拙いことをしてました。
私の10代。暗黒時代やねえ。



今回の過去編の構成が実に巧いです。
ガラケーも時代を反映する良いアイテム。さりげなさが良いです。
龍ちゃんとまどかちゃんのキャラクターが当時からお馴染み。
そして、この時点で色々と先生からシグナルが出ているように思います。

龍ちゃんについては言うまでもなく幼少期が描かれています。
まどかちゃんの幼少期、旧姓、出生地も気になるところです。
そして、宿した命のことも……。

嫁さん3人、纏めるとこうなるんですよね。

〇出逢った順
小春ちゃん、まどかちゃん、ゆずっぺ

〇交際した順
まどかちゃん、ゆずっぺ、小春ちゃん

〇結婚した順
ゆずっぺ、まどかちゃん、小春ちゃん


全員バラバラで滅茶苦茶なのがまた(褒め言葉ですよ)。
実にハレ婚制度らしい。否、実に龍ちゃんらしいと言うべきポイントですかね。



さて、気になるヒキが……。

モテモテの龍ちゃんの方まあ当然なのでさておき(おい)、ここで彼女の方にも相手が……。
相手はまどかちゃんに仕事の斡旋と言ったところでしょうか。
まどかちゃんが逃げずにあの場にいて携帯電話を持っていますから、少なくとも『母親』ではないでしょうし。
どうしてもデリシンが浮かぶ訳ですが、やるなら徹底的に描いてほしいです。

壁ドン(&あの擬音)は純粋に緩和材的で良いと思います。
過去編はどうしてもアンケートが……と先生は懸念されているようですが、私には覚悟があります。
少なくとも私には全く問題ないです。冒頭で触れた通りです。
今までも、「これから」も、毎週アンケートでプッシュするのは当たり前のこと。

私は信じています。
デリシン越えを果たした『ハレ婚。』の「これから」を。
『ハレ婚。』が現代漫画シーンの最高傑作になると。
私は信じていますから。微塵も疑っていません。

時間がないので駆け足更新ですが、次からいいかげん巻き返したいなあ。モンスガの方もね。

人生色々ありますが、『ハレ婚。』は読者を裏切りません。楽しく生きましょう。
次号までハレルヤー♪

って、明日やんね。更新遅くてメンゴ。マイペースで続けます。

○ハレ婚。トーク 1

感想でちょこちょこ触れてきましたが、子どもの相手をするようになってます。だっこしてチュウ。
ええ、ワケありです。私は未婚デス。ハレ婚もまだできてないんだよッ!(まだ?)
今後、更に時間がなくなるかもしれません。
毎週遅くてかなわんというフォロワーさん、ご容赦を。

ちなみに、ここでもミラクルがありまして。
その子もまた伊達くんと近い名前なのよ。
ある意味では『りゅうちゃん』で間違いはないのよ。

流石に盛ってるでしょ。
いやーそれは流石にネタだわー。

って思うでしょ。先生が一番そう思うでしょうね(笑)。
本当なんです。
『ハレ婚。』との引力を感じたよね。


○ハレ婚。トーク 2

今回のツイッターPR文

NON先生(@non620126)&手塚だい先生(@19751208508)の前代未聞の結婚生活マンガ『 #ハレ婚。 』
【84 13歳の女】は5/23発売の #ヤンマガ 本誌に掲載。13歳のあの頃。遂に明かされる過去。

こっちも、最近ダメダメだなあ。
もっとバシっと決まって字数に収まるフレーズが欲しいね。

○ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

PIERROT
『MOTHER Scene Ⅱ』

Akina Nakamori
『オフェリア』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3306-3695a5d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。