日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚』。83 ワケありな女  

遅れに遅れている諸々の更新に、何だかなあです。
そう思いながらも更新できない日々が過ぎていたら……

車に跳ねられました。

はい。そういうことでした。

と言う訳で、あと1ヶ月が近付いていますね。
ん? 何って?
『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れっぱなしなので(以下略。前回をご参照ください)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

知りたくはなかった。

知りたくはなかった?


83
ワケありの女





時間が無いので手短に(作れよ)。

人の印象はそれぞれですし、読者の環境や性別もそれぞれ。
そんなことは百も承知ですが、その上で敢えて言います。
ある意味で、デリシン時代から含めて最も重い展開と言えます。

予想も覚悟もしていましたけれど、やっぱり龍ちゃんの口から言われると……。

これは堪えるものがありますね。



一方、まどかちゃんの方も涙なくしては読めませんでした。
普段滅多に感情や本心を吐露しない彼女が泣き崩れた瞬間。
不謹慎を承知で言えば、やっと彼女が他人に感情を剥き出して本音をぶつけたのだなと。
その『重さ』と『大きさ』も今回の印象深いところでした。



さて、龍ちゃんの口から真実が明かされたということは……。

そう、過去編ですね。



って、かつての龍ちゃんが!?

hydeさんじゃん。

どこからどう見ても。
90年代半ばの。
ねえ。

ツイートには残しつつ、こっちでは触れてなかったことをひとつ。
まどかちゃんの旧姓が気になりますね。
ここに至るまでの環境も。



○ハレ婚。トーク 1

更新を巻き返すつもりが、ますます時間が無くなりそうです。
何だかな。時間を作るってのが今の課題ですね。

○ハレ婚。トーク 2

今回のツイッターPR文


○ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

PIERROT
『MOTHER Scene II』

L'Arc〜en〜Ciel
『Blame』
『Voice』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3305-8235b744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。