日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』82 血も涙もない男  

更新が遅れに遅れております。言い訳の余地もありません。
遂に私にも来てしまいました。結婚と子どもの問題が。
一応言っておくと未婚ですし、妊娠云々という話じゃないですけれどね。

まあ、そんなこんなで実に『ハレ婚。』読者らしい問題の渦中です。Everyday,渦チュウ者。
日々ノイローゼ気味です♪
そら、『乃木恋』に逃げたくもなるよね。

ゴホン。さて、前置きはここまで。

『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れっぱなしなので(以下略。前回をご参照ください)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

わからないのと
わかりすぎてしまうのと

どちらが幸せ?


82
血も涙もない男





大筋としては予想通りの展開になりましたね。

まどかちゃんが病院に行ったこと。
そして、龍ちゃんのあの言葉。

子ども5人
孫は9人くらいかな――


つまり、『ハレ婚。』の次なる大きな展開として、『不妊』の問題があると。

この辺りは過去の感想で触れていました。

『ハレ婚。』77 背後の女
『ハレ婚。』78 偉大な女
『ハレ婚。』80 かもしれない女(本誌表紙はまどかちゃん!!)

個人的には今の日本のシングルマザー問題にまで『ハレ婚。』は踏み込んでくれると読んでます。
不妊とかシングルマザーとか、本当に他人事じゃないんだよね。
ちなみに私も父親いなかったですし。

だから、驚きよりも、そうだよねと。
やってくれたねという熱さの方が自分の中で強いです。

デリシンに続いてまたしても時代の中心を抉るラジカルな姿勢。
それでいてちゃんとエンタメを貫かれる最前線で最前戦。
NON先生&手塚先生のアティテュード。そして、実りある真のリアル。
性風俗も不妊も現実問題として消えたりはしません。

そんな中、先生方は傷を舐めることではなく、傷を縫うことで貫かれました。
これが本当の誠意であり、本当の優しさです。

そして、最後には救いとあたたかさがある。

これなんだよね。先生方は絶対に読者の私を裏切らない最高のエンタメに昇華されます。

私は信じています。



それを再認識できただけでも今回を読めて充分に満足です。

つーか、今回最大の衝撃はママだったとはね(笑)。

大津一基市長でもなく、ミサコさんでもなく、新たなるタイプの登場。
これにはやられましたねー。マスターならぬママとマルちゃんは次の出番も楽しみ。



覚悟はしていましたが、遂にまどかちゃん本人の口から……。
こうなると、「自分で出産はできないけれど、自分の子どもはできる」結末に導くしかないかと。
それができるのが『ハレ婚制度』。実は救いなんですよね。
言うまでもなく、少子高齢化社会の為の制度ですしね。

うん、私も全く他人事じゃないんだわ。

小春ちゃんとゆずっぺに嫉妬して、時には憎しみさえ抱いたでしょう。
そんなまどかちゃんを包めるのは龍ちゃんだけ。
救いの一手に成り得るのは小春ちゃんとゆずっぺの子どもだと思います。

勿論、そんな理想がすんなり彼女に通るだなんて思っていません。飛躍。
寧ろ、余計に逆上させてしまうかもしれません。現実を更に強く突きつける形ですからね。

そこまでがまた長いのでしょうけれど、どこまでもとことん愛読する所存であります。
その頃に私の人生がどうめちゃくちゃになっているか楽しみです。

○ハレ婚。トーク 1

子どもって難しいですよね。
子どもの問題って難しいですよね。
自分でも痛感している今日この頃です。

そら、毎日だっこしてチュウして、時にはご飯食べさせてますが、それだけで終わりじゃないですからね。
『親』ってそんなものだけじゃないですからね。責任の重さが違います
(くどいようですが、私は未婚です)。

『ハレ婚。』の『ハレ婚制度』と同じく、結婚、戸籍、入籍だとか、『法のカタチ』って何だろうと考えさせられますよね。
『ハレ婚。』ってそれだけ私にリアルで、とても強くて熱い名作なんです。

○ハレ婚。トーク 2

今回のツイッターPR文
※掲載時に本誌発売日を間違えて書いてしまいました。
許さなれない失態です。ここでお詫びと訂正を。

【聳え立つ嘘と遠く狭く四角い空】
NON先生(@non620126)&手塚だい先生(@19751208508)の前代未聞の結婚生活マンガ『 #ハレ婚。 』
【82血も涙もない男】は5/9発売の #ヤンマガ 本誌に掲載! 要注目! 衝撃の新展開!
【出禁にはできん? ゆずは譲れん!】

【置き去りは君なのか、僕なのか】
NON先生(@non620126)&手塚だい先生(@19751208508)の前代未聞の結婚生活マンガ『 #ハレ婚。 』
【82血も涙もない男】は5/9発売の #ヤンマガ 本誌に掲載! 要注目! 衝撃の新展開!
【災いは人の口から。囚。】

○ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

欅坂46
『サイレントマジョリティー』

乃木坂46
『命は美しい』
『世界で一番 孤独なLover』

Akina Nakamori
『満月』
『オフェリア』

Kαin
『Latency Sorrow -demo version-』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3304-1e8f2e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。