日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』81 勇み足の女  

来たー! 『ハレ婚。』曜日! 待ってました♪
と言う訳で、更新です。
って、日記のはずが週一更新になってますね、ここ。もう日記ならぬ週記やん。
サクっと更新しましょう。

『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れっぱなしなので(以下略。前回をご参照ください)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい


捜しに行く。
隠れ場まで。
その穴まで。


81
勇み足の女



冒頭から小春ちゃんがマインド全開で良いですね。
主人公の面目躍如ですね。

小春ちゃんのグーパンチがまた熱い。
主人公っぽいパンチよね(何だそれ)。
熱血バトル少年漫画の(そっちか)。

グーで殴られた方が「ぐぅ!!?」ってのがGood。

この冒頭のワンシーンだけでも、月日と小春ちゃんの成長を痛感しますよね。

原始、女は太陽だった。
連載開始当初、彼女はネギチョップだった。

私、龍ちゃん大好きなんですが、この場面では小春ちゃんに徹頭徹尾同感かな。

いやホント、龍ちゃん、冗談は美しすぎる顔と手と下半身だけにしてよね。

必死に、ひたむきに捜索する小春ちゃんの熱く切ない瞳に泣きそうになりました。
やっぱり、小春ちゃん好きだわ。
おせっかいだろうが、猪突猛進だろうが、それが我らが嫁さん3号。小春ちゃん、格好良いぜよ!



と思ったら、NON先生の方から冗談みたいな展開が。

魔王様が玉座に鎮座ならぬ、拘束!?

座薬。

DSRZT(ドS龍之介、座薬タイム)突入!!


ページを捲ってもう大爆笑でしたわ。

ゆずっぺの余裕綽々女王様感がまた大爆笑ポイント。

加えて、もうひとつ。

龍ちゃん、どんだけビビリなんだよ。

龍ちゃんがこんだけ恐怖に震える場面って皆無でしたから、それはもう新鮮新鮮♪
このギャップが良いよねー。
ギャップ、大切ですよね。ふなつかずき先生も最近のヤンジャンの漫画講座で仰っていましたね。

ゆずっぺの指先がまた何とも。
妙にエロいし、読者なら絶対あのインゲンの回を連想するよねー。したでしょ? ウフ。

『ハレ婚。』25 とりあえず働く男 参照

かくして、決断の時。
女王蜂の愛の一撃。



襖。


この間が良いよね。あと、龍ちゃんの情けない吐息ね。ここ、大好き。

ページを捲ると……!?

宇宙キターッ!!
ならぬ、『一度死んだ男』の顔。

伊達龍之介、放心。


と、ギャグ感想だけで終わっちゃいそうなほど、前半の密度と面白さは格別でした。
もう他のヤンマガ作品が頭から吹っ飛ぶほどでしたもんね。

勿論、これだけでは終わりませんよー。
腹筋とリンパ腺の痛みから復帰するまでに少々時間を要しましたが。

そうそう、今回もまたさりげなくとんでもない仕掛けが連発されているのですよね。
読者として反応しないはずがないので、そこも以下に挙げていきます。

まずは、ゆずっぺ。
スマホの小春ちゃんからの着信画面、『こはる』なんですよね。

『こはる』なんですよ。

平仮名なんですよ。


ここ、胸キュンポイントでした。

当然、まどかちゃんは『まどか』でしょうし。それ以外ないだろうしね。
小春すら漢字変換する気なしって、実にゆずっぺらしいところだよねえ。好きだわあ。



さて、この電話が大きな糸口となりました。
遂に見つかった手掛かり。

そこに、龍ちゃんが……!!



六本木だ



ひとつ
アテがある




ようやく龍ちゃんもギアが入ってきましたね。
やっと女性『ハレ婚。』ファンの皆様をイチコロにする超絶イケメンモードに。
って、ゆずっぺにやられっぱなしの前のページの方が良かったという女性読者様もいるかも(マニアック話)。

ともあれ、龍ちゃんがスイッチオンにならないと、やっぱりね。
本編の小春ちゃんも感じていましたが、やっぱりここで伊達家が一丸となるところが大好き!!
そう! 何だかんだ言っても、龍ちゃんもゆずっぺも気持ちは同じよね。

優しーじゃん・・!

本当、伊達家のみんな大好きだわ。

と言う訳で、伊達家が一つに「繋がった!」訳です。気に入っている名場面です。
さあ、ゆずっぺ頼んだよ。(法定速度で)ぶっ飛ばそうぜよー。

「Start “Our” Engine!!」
「DRIVE!! type DSY!!」
(※1号はドSなだけじゃありません。Yは『優しい』『ゆずっぺ』のダブルでお得ゥ)

♪BGM サプラーイズ! 伊達家中がドラーイブ!
(注:個人の感想文です。昨年の『仮面ライダー』を参照)



ああ、どうにも感想もコミカル路線になりがちですねー今回。
先生、座薬ネタが強烈すぎなのですよ。
最高です。



かくして、伊達家が遂に辿り着いたのは……!?

BURROW

バロウ

昔 僕とまどかが
働いていた店だ


龍ちゃんが小春ちゃんと出逢うまでの時、読者にとってまだ空白の時間。
以前から気になって触れていたことのひとつが、遂に明らかになりましたね。

嫁さん3人の中で、知り合い、付き合い、一緒にいた時間が最も長いのは龍ちゃんとまどかちゃんです。
実は『1号』のゆずっぺじゃないのですよね。
これについて以前に触れられていた通り。

『ハレ婚。』51 アフターフォローの女 参照

以下、当時の第51話の感想文から引用します。




……なるほど、そうだったのね。

「第1夫人」というところからも、そもそも最初に知り合ったのがゆずっぺだろうと思っていたら……!?



あの2人
同棲してたのよ



ここで「順序の逆転」を突き付けられるとは。
またしても、やられました。

作劇的に言えば、小春ちゃんの視点だけで進めるにはそろそろピークかとも思っていたので、これは納得です。
少し前にも先生からのシグナルが作中の描写を通してあったばかりですからね。
小春ちゃんが「自分だけがまだ知らないこのハレ婚夫婦の過去」があると。

まどかちゃんが、龍ちゃんに再びピアノを弾いてほしいと願っていること。
2人の共通点としてピアノがあること。

これらも重要なポイントでしょう。
つまり、2人が知り合ったきっかけは音楽である可能性が極めて高いと思われます。





普段は自分の感想なんか読まないのですが、これを書く作業の中でついつい読んじゃいました。
当然ながら、今の展開に繋がることですし、これはこれでセルフでお得ゥな感じ。懐かしく楽しい感じ。
当時の感想にも意気揚々とゆずっぺ&『仮面ライダードライブ』ネタを盛り込んでますしね私。引力。

はい、ここで上述の「さりげなくとんでもない仕掛けが連発」タイムですね。

昔 僕とまどかが
働いていた店だ


『バロウ』は地下1階です。
では、同じビルの他のお店は……!?

■1F Kingdam

お客さんも従業員さんも多いっぽい。大群っぽいですよね。満員御礼?

■2F MONSTER GIRL

来たあああああああ!!!
NON先生&手塚先生、本当にありがとうございます!! ぱにゃにゃ~ん♪ ハレルヤー♪

大津一基市長臭がもうムンムンですよね。
超絶美女コスプレ占い師さんも潜伏してそう。
ふなつかずき先生が行きつけのお店に間違いないよな。

■3F USOGUI

またしてもヒット!!
眼帯のギャンブラーがいるんでしょうね。
お通しはカリ梅で決まりだよな。
ツケにして逃げようとするとボーイならぬ立会人が立ち塞がるので、ちゃんとニコニコ現金払いしましょうね。

これにはもうNON先生と手塚先生に心の底からグッジョブですと叫ばずにはいられません。
NON先生&手塚先生、最高です。

……ああ、また感想がこっち路線になっとるがな。
まあ、でも漫画ファンとしてこれに気付かない方がおかしいですからね。ご容赦を。てへ。
ヤンマガとヤンジャンは毎週欠かさず定期購読してますからね。嬉しくて仕方がないのです。



さて、冒頭も序盤も、そして終盤まで弱気モードな龍ちゃん。
何気にこれって超新鮮モードですよね。先生、とことん巧い構成だなあ。

座薬の男がヤクザの男に出逢った~♪(『世界ウルルン滞在記』下條アトム氏風の音読を推奨)

って、違ーう。

でも、見るからに「っぽい」よね。そうだもんねえ。

と、冗談はブログだけにして真面目な感想へ(?)。

ここで気になっていた『まどかちゃんの過去編』も拝めるだろうと見てます。
そして、それは当然、『龍ちゃんとまどかちゃん』のそれでもあります。
2人の過去を知る人物がここで登場したのは大きいです。

彼はこのお店でピアノを弾いていた訳ですね。

それにしても『BURROW』という店名が実にニクイです。
正に今の展開のまどかちゃんを言い得てますものね。

この人が『オーナー』と見て良いと思いますが、彼がまどかちゃんを匿っている訳ですね。
そして、3人が出た後で、まどかちゃん登場と。そんな予想がまずひとつ。

デリシンの時もそうだったのですが、NON先生の『過去編』が大好きなのです私。
ひとつひとつ、丁寧にじっくりと描いてくださる先生の情熱と誠意が大好きなのです。
だから、過去編で暫く延々と続くのも大歓迎です。
今からココロのスタンバイ完了してます。

この先、問題はどうやってあの『門番』を突破するか。
「伊達龍之介、参上!!」と前田さんばりにリアル城門突破するのは相当難しそう。
この人、キセルより女やピアノを鳴らす方だしね。
一方で、グラサン髭さんは音出すより脅す方が巧そうだし。
なかなかに手強そうな対峙であります(強引なまとめ)。

視点は同じながら別に換言すると、『まどかちゃん編』は『東京編再び』とも言えるのですよね。
つまり、『小春ちゃんと龍ちゃんの東京デート編』ならぬ『伊達家3人東京突入編』。
となると、及川マルちゃん&アキラくん再登場も有り得るかなと。そっちの線も期待。
門前払いで、ひとまずマルちゃんのところってのも良いかなと。
マルちゃんの旦那さんも気になってますし。

時間の都合もあるので、今回はこの辺で。

○ハレ婚。トーク 1

一緒に働いていたとか、同棲とか本編で出てくるとヒヤリとするカラダになってます。
相変わらず、二歳児とチュウする毎日です。ケッ婚の経験はまだですが。

○ハレ婚。トーク 2

今週のツイッターPR文
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 今
【嫁と一緒に嫁を捜せ】NON先生(@non620126)&手塚だい先生(@19751208508)の前代未聞の結婚生活マンガ『 #ハレ婚。 』
【81 勇み足の女】は本日4/25発売の #ヤンマガ 本誌に掲載! 要注目の新展開! 【座薬】

○ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
『Change Myself』
『Woman』

L'Arc〜en〜Ciel
『あなたのために』
『THE GHOST IN MY ROOM』
『metropolis』
『予感』

JILS
『tonight,tonight』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3303-3691c155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。