日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』79 消えた女  

すっかり春らしくなりましたね。って、前回も書きましたねコレ。
日中、運転している車内では汗ばむくらいです。窓を開けて走ってます。ハレ。

もう夏だよね。

『ハレ婚。』はもうすぐ連載2周年!

では、感想スタートです。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




コミックス記事が遅れている……。ぐぬぬ。
ハレ婚。曜日の度に思います。ハレ寝ハレ起きだぞって(今日は無事に成功しました)。

それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

妻は「待つわ」。

置き去りは君なのか、僕なのか。


79
消えた女



前回のヒキから、今回については思った通りの展開でした。
当然、大多数の読者様も同じだったでしょう。
言わば、『まどかちゃん編』のバースの部分ですからね。

伊達家の日常とまどかちゃんとの対比や色合いが秀逸でしたね。



ポイントとしては、やっぱり「待つわ」でしょう。

あれだけ「龍之介さんが絶対」と付き従ってきたまどかちゃんが出て行くという皮肉。
なんという逆転の構図。
そして、伊達家の3人「が」彼女を待つという展開。
今回のラストシーンが正にそれで、龍ちゃんの手に泣けましたね。

ゆずっぺはいつものあの調子ですし(これが伊達家最大の強さとも言えるのですが)。
小春ちゃんは、どうしても自分を責めてしまう方向ですし。
龍ちゃんは、熱で動けませんし。まあ、元気でも小春ちゃんには同じことを言ったでしょうけれど。

特筆すべきは、勿論まどかちゃん
扉ページからも本編の背景からも、北つばめ市から都会に出たのは明白。
スキンヘッドに髭、サングラスにピアスという強面の男性と「再会」しました。
まどかちゃんが階段を下りた地下らしきところにあるこのお店で。

バーかライヴハウスのようですね。
彼女が求める『仕事』とは『演奏』なのか、それとも……。

3000万円稼いで伊達家に戻って3号を追い出して(またはそれ以上稼いで1号も追い出して)って、
そんなことも浮かんでしまいましたが、これは思考の飛躍ですね。
指輪を外して出て行った意味も見つめたいところです。
まさか、一度指輪を外してゼロにリセットして、その上で3000万(以下略)。
本当にそのつもりなら、この執念の女に惚れ直しますが。

私的に、今回最大のハイライトはゆずっぺのあの一言ですね。



アンタのせいとは
限んないんじゃ
ないの?



え・・!?

カンだけど



ゆずっぺのこの顔!
ゆずっぺのこの屈託のない笑顔!

小春ちゃんにシンクロしている自分としては、救いの一言でした。
ゆずっぺが上から目線でもなく、自然な笑顔で言ってくれたことが嬉しいです。
ギャルのようで、家事もしっかりこなすし、何だかんだでみんなのことちゃんと見てますよね。
家族への理解力や包容力は、やっぱりゆずっぺだなと。龍ちゃんとはまた違うベクトルでね。

ちょっと前にも書きましたが、『まどかちゃん編』でゆずっぺに惹かれるのも『ハレ婚。』らしさかなと。

この名場面が生まれたのも、勿論小春ちゃんの今までが大きいところ。
やっと小春ちゃんも同じ嫁さんとしてのスタートラインに立ち、あれから色々あって……。
少なくとも、ゆずっぺは小春ちゃんとまどかちゃんを同じラインで見ているのですよね。これは龍ちゃんもそう。

実はお互いをお互いにフラットに見られていないのは、小春ちゃんとまどかちゃんなんですよね。

『ハレ婚。』が今まで読者と共に月日を重ね、もうすぐ連載も2周年!!
ここで、こうしてあの頃とは一段階高いところでの葛藤というのが味わい深いです。

今回はこの辺で。

今までで最も短い感想になったかも。
これで短いのかって思われる方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。
デリシンの感想を携帯電話(!)で書いていた(時代でしょ)あの頃が頭に浮かんだり。
まあ、長ければ良いってもんじゃないですものね(寧ろ、長いほど読まれなくなるものですし)。

毎週ツイッターで感想戦をご一緒してくださる読者様方に感謝です。楽しいねー♪ ハレ!
特に、まどかちゃん推しのシンさんには目が離せない局面ですからね。

〇ハレ婚。トーク 1

理由あって、超イケメンと一緒に遊んでチュウする毎日です。
あ、この子は2歳の男の子です。

先生、子どもってやっぱり良いですねー。
まだケッ婚はできてませんが(笑)。

ヤンマガ本誌購読ハレ婚。生活で、巻末目次ページの先生のコメントも楽しみのひとつです。
思わずドキっとして、ときめきましたねー。実に良い話だなあ。

私はそこまでの境地に辿り着いてはいませんが、ちょっと状況は変わりましたね。ハレ婚。読者らしいなあと。
日記で触れるつもりで遅れまくっていますので、またいつか書くかも。


〇ハレ婚。トーク 2

今週のツイッターPR文
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 今
【サイレントマジョリティーに会心の一撃! 新しい愛の形】
『今』最もラジカルなNON先生(@non620126)&手塚だい先生(@19751208508)の『 #ハレ婚。 』
【79 消えた女】は本日4/11発売の #ヤンマガ 19号に掲載。
【妻は待つわ】新展開、必見!!

はい、あざといPR文でしょ。
ええ、わかってます。「だから」やったのです。
私は今までみたいにトロくてぬるいプッシュじゃダメよねって自分でも思ってます。
これからは攻めるターンです。
まだ『ハレ婚。』を知らない漫画好きの方、他分野の方にも浸透していけば日本がハレルヤであります。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

欅坂46
『サイレントマジョリティー』

信じられない名曲が世に出てしまいました。

何の関係があるのだ、馬鹿じゃないかと怒られそうですが、私的にはリンクしているのです。
『ハレ婚。』というカタチと構造そのものが。
もっと言えば、NON先生の天邪鬼&「だから敢えてやる」のアティテュードが。これってめっちゃロックだよね。
だって、青年誌ですよ。天下の週刊ヤングマガジンでやっちゃってるんですよ。
これでコミックス第2巻の表紙が嫁さん差し置いてイケメンよ。
変でしょ。フツーじゃないでしょ。
この先生、絶対どうかしてるでしょ。

「だから」良いじゃん。
NON先生最高です。先生って「格好良い」のよ。

CHIHIRO
『Love&Hate』
『Love Clinic』
『Promise Ring』
(from Concept Album『About LOVE』)

ちなみに、もうすぐ『About LOVE』に続く新作『片恋集』が発売されます。
そして、ホワイトハンズ坂爪真吾さんの新刊『セックスと障害者』も発売中。
ご興味がある方は、是非是非♪

次のハレ婚。曜日まで楽しく過ごしましょう。
まどかちゃんが気になって仕方がないけれどね(笑)。
それでは、ハレルヤー♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3300-5d0561f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。