日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダーゴースト』第20話「炸裂!炎の友情!」  

個人的に想い入れが強い回となりました。

と言う訳で、ブーストで続けて更新です。

以下は、今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意を。
視て後悔はさせません。素晴らしい教育番組です。今からでも番組をバッチリミナー!



画材眼魔の後編ですね。
言い換えると、渡辺勝也監督演出の後編。
本作にも渡辺監督ご参加で嬉しい限り。

結論から言うと、期待していた通り、画材眼魔は無事で味方側で展開してくれるようで何より。
いやーもう嬉しいですね。こういう展開に滅法弱いのです私。正にヤツデンワニ展開ですな。



ヒーローが怪人と友達になろうとすると、得てして怪人の死という非業の展開になるところ。
視ていて、そこにハラハラしていたというのが本音でした。

イゴールと対峙した時の我らがヒーロー・タケルくんの熱い言葉がもう最高です!
これだよ、これ!! これなんですよ!!

「友達など不完全極まりない無駄なものだ」

「違う! お前は友達の素晴らしさがわかってない!」

「非論理的だ」

「論理とか、そんなのどうでも良い! 心が大事なんだ」

正直、もうこの時点で泣きました。

「一発闘魂! アーイ!」
「バッチリミナー! バッチリミナー!」


「変身!!」

「闘魂カイガン!ブースト!」

「俺がブースト!奮い立つゴースト!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!ゴー!ファイ!」


これなんだよ!!
これがみんなのヒーロー、仮面ライダーなんだよ!!
タケルくん、最高だぜ!!

ここでイゴールが『眼魔スペリオル・青龍刀』ってまたニクイですよねえ。
更にニクイのが、タケルくんがゴーストチェンジしてムサシ魂で二刀流!!
熱い!! これは燃える!!
サングラスラッシャーとガンガンセイバーの二刀流だなんて最高!!
仮面ライダーブレイドキングフォームのキングラウザー&ブレイラウザーの二刀流を思い返して胸が熱くなったり。

タケルくんがここで画材眼魔を庇ったことが後に響くというのがまた輪をかけて泣けるところ。



前回でも触れましたが、いつまでアランがカノンちゃんに真実を隠し続けるのかなあと。
流石にいつまでもお茶を濁したままではいられませんわな。
ここでタケルくん登場! オレ魂は久々なので新鮮に感じますね。

イゴールと対峙した時の名台詞も素晴らしかったですが、ここでアランと対峙した時のタケルくんがもう……!!

「マコト兄ちゃんを苦しめて……お前はそれでも友達か!」

心があるから苦しむ。無い方が幸せというものだ」

「ふざけるな!!」
心があるから人間なんだ」
心があるから通じ合う。だから人間って素晴らしいんだ!!


いや、正直もう号泣でした。
心を殴られて怒られたような、それでいて同時に抱きしめられたような感覚。
タケルくんの言う通りですよね。

タケルくん、最高だわ。

しかも、ここで画材眼魔がタケルくんを庇ってくれましたからね。本当に泣ける名場面だわ……。

「なんでこんなことしたんだよ!!」

「だって……友達だから」

「しっかりしろ!! 死ぬな!!」
「しっかりしろ!! おい!!」

「やっと心が繋がったんじゃないか……。友達になれたのに……」

もう堪えきれませんでした。ひたすら泣きました。



さあ、立ち上がれ、タケルくん! みんなのヒーロー! 仮面ライダー!!
カノンちゃんと一緒になってマコト兄ちゃんを救うところが最高ですね。
アカリちゃんも、オナリも、みんなが彼を信じる仲間です。

みんなの心が奇跡を起こしました。

マコト兄ちゃん復活!!

待ってたよ!!

正直、マコト兄ちゃん復活までにもうちょっと引っ張るかと思っていただけに、思わず飛び上がって喜びました。

ここでタケルくんとマコト兄ちゃんのダブル変身!!
遂にマコト兄ちゃんが復活してくれた瞬間!!

タケルくんに英雄ノブナガとの邂逅、マコト兄ちゃんにエジソン魂!
それぞれのゴーストがこうして絡み合うというのもまた実にニクイ!
玩具でも互換性がありますし、この組み合わせは猛烈に燃えますよね。

「これが友達の心の力だ!!」

お約束であるオチ担当のオナリも良かったです。



マコト兄ちゃんから遂に……。
以前から気になって触れていたことが……やっぱり。

「俺の体は眼魔の世界にある。アランがその気になれば、俺の体は消えてなくなる」

やはり、そういうことだったのですね。
当然、カノンちゃんも同じだと見るのが自然なところでしょう。
つまり、依然として根本的な解決には至っていないということです。
マコト兄ちゃんの「けじめ」は、やはりこれからきっちりと果たす必要があると。
眼魔の世界に立ち向かって。



そこで、眼魔一族の前に現れたイーディスは……!?

これはやられましたね。
仙人と同じ顔の男だったとは。

仙人と同一人物ではないと思いますが(同時にその考えも捨てきれませんが)、仙人との関係性が気になるところ。
竹中直人さんご出演でただでは済まないと思っていましたが、まさかおやっさんポジション以外にこんな隠し玉とは!

アドニスがあの勝野洋さんで流石の存在感だなあと圧倒されていたら、これですからね。やられました。

この機会に、以前から触れたいと思っていたことをひとつ。
一族のネーミングって、やっぱり法則性なり何なりありますよね。
アドニス、アリア、アデル、アラン。
そう、全員が『ア』から始まっていますしね。

そして、イゴールと、イーディス。
こちらは『イ』ですしね。
ジャベルは血族ではないし、階級からしても……ってところでしょうね。

しつこいようですが、かでなれおんちゃんの変身は是非とも拝見したいところです。
順当に考えて、アランが変身できるのですから、アリア様とアデルも可能でしょうしね。
メガウルオウダーでのそれなのか、あるいは別のアイテムか。
いずれにせよ、続く仮面ライダー4人目、5人目と素直に期待してしまうのが特撮者の性でしょ。
勝野さんには大ボスとしての怪人態に期待しちゃうなあ。

眼魂集めも重要ですが、マコト兄ちゃんの体のこともまた然り。
こちらから眼魔の世界に突入する展開になっていきそうですね。
おっちゃんの次の出番も着目していきたいポイントです。

ここに来て、また一気に面白さが加速してきた感があります。
無論、最初から一年間欠かさず視るつもりですが、来週以降も「バッチリミナー!」ですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3287-0687e4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。