日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヨリシロシ』二枚目 天水島  

遂に来ました。
これにて「髙橋ツトム先生の今年の新連載三本」が総て出揃った訳です。

『残響』(小学館『ビッグコミックスペリオール』連載)
『BLACK-BOX』(講談社『月刊アフタヌーン』連載)
『ヨリシロシ』(講談社『ヤングマガジン サード』連載)


無論、どの雑誌も先生の新連載の為に定期購読開始しております。

この中で本作『ヨリシロシ』のみ、現代劇ではなく時代劇です。
そして、ただの時代劇ではありません。タイトルからも窺える通りですね。

以下に、本作のあらすじを。

昔、「呪われた島」があった。
天水島。
ある日突然、島の女が湖に入っていった。
それから三日に一度、女がいなくなるようになった。

空から魚が降り、川は逆流して、奇怪な事件ばかりが起こるようになった。

長老は言った。
「神の怒り」を買ったのだと。
そして、栄作に言った。

栄作・・・・
子供達を
連れて
島を出ろ

彼等を
生かせ・・

そしてお前は
釘屋伊右衛門を
捜すんだ



栄作は、あやめを連れて島を出た。
江戸の百喜町の饂飩屋「つぶら屋」を目指して……。

二人が釘屋伊右衛門と出逢った時、運命が動き始める。

その男、依代師




それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方はご注意くださいませ。本誌を書店さんに注文しましょう。



髙橋ツトム セカイを黒く、塗る。
Paint it,Black

釘屋伊右衛門 その男、神をも欺く。
Ridden "Chaos"... Wormy in this "Cosmos"
Cosmos Blackness
Darker than Darkness




江戸×怪異譚
『ヤングマガジンサード』で超巨弾新連載開始!!


鬼才・髙橋ツトム先生の“第三の黒の衝撃”を体感せよ。

presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

ヨリシロシ





連載開始一発目となる前回で、登場人物と舞台設定などの掴みは完璧。
その上で、前回を読み逃してしまったという方でも今回から充分に理解できる内容です
(本編の隣にあらすじと登場人物紹介のページもあるしね)。
そう、まだ間に合います。気になっているという方は今がチャンスですよん。

さて、待ちに待った連載第二回目。

伊右衛門が(嫌々、面倒くさがりながら)天水島に到着、長老とご対面という王道の流れです。
実に親切且つわかりやすい構成です。

今回のポイントとしてはこの王道の展開と、村から逃げ出そうとしているあの坊主頭で糸目の男ですね。
後者の男の視点からも描かれ、この村を襲う脅威と、ひいては本作そのものの脅威を改めて痛感します。
この一般人目線の描写ってとっても大切だと思うんですよね。
ヒーローである伊右衛門が大活躍してくれるってのはわかりきっている訳ですし。

もう一つのポイントとしては『ヨリシロ』と「依代師」について言及されたこと。

そして、今回のヒキがまた秀逸。
ここでこういうヒキかー!
って、グッときちゃいましたねえ。

いよいよこんな村にいられるかと逃げ出した男の前に、黒ずくめの謎の人物。
唇と口調からして女性のようにも見えますね。要注目です。

そして、もっと注目すべきはこの人物の言葉。
さらっと当然のように言ってますが、とんでもないことですよね。
「船を沈めちゃった」って……。

「江戸に戻る術はない」という残酷な現実。

これって、伊右衛門と美々様にとっても無関係じゃない事態ですよね。

この謎の人物が何者なのか、そもそも人間なのか、それも含めて要注目です。
そして、もう一つ、伊右衛門に手紙を書いたのが誰なのか。ここも気になっているところです。
栄作から受け取ったあの手紙を読んで伊右衛門は明らかに表情が変わった訳ですからね。

次回、いよいよ伊右衛門の能力発揮といったところでしょうか。期待大です。

〇ヨリシロシ・ノリシロシ〇

ここからは『ヨリシロシ』の「のりしろ紙」。つまり、おまけトークということで、ひとつ。
前回の感想を書いたすぐ後(つまり、本誌発売日から然程経ってない頃)、髙橋ツトム先生の公式ブログも拝読しました。
なるほど、『美々様』のお名前については黒木渚ちゃんが関わっていたとは。
というか、命名されたのが他でもない彼女だったとは。

『BLACK-BOX』でも彼女と縁があるネーミング=『クロキボクシングジム』があっただけに、尚更ニヤリな要素ですね。

渚ちゃんの公式ブログで、美々様に関する設定もうっかり知ってしまいました。
正直「あちゃー!」感がなきにしもあらず(おい)。
なるほどなあと……。
本編で知りたいという方は(私も正直こっちタイプ)、当該記事は閲覧注意と申し上げておきましょう。

これもまた『ヨリシロシ』らしい設定ですよね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3210-2ea6bcc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。