日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎回冒頭で触れていてくどいのは承知していますが、今回も。
『Pen』の特集記事は、ふなつ先生ファンの方に激しく推奨したいですね。

CCCメディアハウス『Pen』No.387に、ふなつかずき先生がご登場!!

さて、それでは今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ふなつかずき先生の魅力が大爆発!!
渾身の最新作!!


待望のコミックス第5巻、大絶賛発売中!!
ふなつ先生公式のお祭り企画も開催中!!


アキバ発!新感覚妖怪バトルラブコメ♡
アキバ発!日本全国に話題沸騰中!
ふなつ先生旋風発生中!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

本誌で更なる驚愕の 新 展 怪 !!

それでは、感想に入るです。

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ちょりーんス!!!

ぱにゃにゃ~ん♪


第66怪 結局パンツですか…です♪




個人的にニアちゃん大好きなので、1ページ目からこの縦のコマ割りで2連発って堪らないです。

やっぱり、ニアちゃんは流石ですよね。
台詞にもあったように、京ちゃんが木村に狙われていたのは「気付いていた」訳です。
あの時のヒキの最後のコマを思い返しますよね。あれも、ふなつ先生からのシグナルでしたね。

つーか、木村よ。
前回のアレと言い、脳内の重妄想(by,非公認戦隊アキバレンジャー)でコマをちゃっかり埋めるのな。
って、これは先生のナイスショットというかボーナスカットというかサービス、サービスぅー♪

だよねー。ええ、エヴァならミサトさん推しなんです(訊かれてないけれど先に言っとく)。

そんな重妄想ダダ漏れの木村のだらしない表情から……画面がズーム!
そして、迫り来る!!

この斜めのコマと、真打ち登場までの構成もめっちゃ気に入っているところです。

と言う訳で……!

ヤッキー来たあああああ!!

待ってたよ!!

うん、わかってる。「ヒーローは遅れてやって来る」よね。わかってる。ヤッキー大好きアイラヴユーオーケー。

……って、ヤッキーのブチキレポイント、そこか。

だよね。

完全に『北斗の拳』のレイ入ってるやん。
「てめえらの血は何色だ!」感全開やん。

ふなつ先生、巧すぎます。

勿論、ニュアンスが違うのはわかってますけれどね。熱い少年ジャンプバトル漫画感とでも言いますか。
ああ、そっちで言うなら空条承太郎の「てめーはおれを怒らせた」を挙げるべきですかね。

ヒーロー的には斜め下すぎる怒りポイントなんですが。うん、そこが良し。
それでこそモジモジ若者マインドのヤッキーよ。

ここで来ましたね! 怒り! 溜め! 溜めて溜めて~!(変な意味じゃないよん)

超!!

重!!

弩轟!!

砲撃頭突ッ!!!!!(ギガントヘッド)


ドーン!!

いつもド迫力の見開き&ふなつ先生のこの筆文字が大好物です。
しかも、今回の見開きはありそうでなかった構図で、それもまた猛烈にグッときました!
上部からページを跨いで左に向かって「溜め」という流れ、そこから下半分は左右ぶち抜きのパワー感!!

ヤッキー登場直前からのここまでの一連の流れ、堪らなく大好きです。



で、寸止め。

これは当然よね。以前から散々触れてきたように、「木村自身はただの人間」ですからね。
今回の一連の展開で秀逸なのは、ここからも感じるように、京ちゃんと木村の対比も挙げられますよね。
二人とも人間でありながら『異形の力』を手に入れた者同士とも言えます。
そして、京ちゃんは『内側』からの変化で外見に変化はなし(加えて、制御は『外側』から)
木村は『肉体』そのものにはっきりと変化が見られます(特撮者的には、より怪人チックでこれまた良し)。

流石はふなつ先生、こういう点にまで対比の工夫が見受けられるとは……と読み返す度に味が増してきますよね。



かくして、ニアちゃん登場&ヤッキーの一撃という完璧な流れで、実に良い締めでしたね。

教師にあるまじき行為とは言え、木村も人間ですし、この決着がベストですからね。

ここでまたポイントが。
李ちゃんがヤッキーの左手に反応しちゃうシーンは思わずニヤリですね。
これは今後とも響いてくるところでしょう。

……と安堵していたら……!!



……やっぱり、「既に監視されていた」訳です。

ここで城くん登場。

やっぱり『GCUP』は「アブセンスに一切の同情なし」ですね。
特に城くんは直情怒りタイプに見えますし、幸村くんの一件もありますからね……。

幸村くんと言えば、ヤッキーたちからしても、これは「悲劇の再来」なんですよね。
あの時は、姫ちゃんが一命を取り止めたからまだ良かったようなものの、今回は……。

「改心する余地があった人間の未来を目の前で奪われた」訳です。見せ付けられた訳です。

これはヤッキーが……。



ここで城くんの武器も気になるところです。
スケボー型のようにも見えますし、機動力や瞬発力に優れた武器に見えますね。
となると、『超重弩轟砲撃頭突(ギガントヘッド)』『超重弩轟縛捕頭突(バインドバット)』も破られるのではないかと……。

そこで『第三の砲撃』となるか、あるいは以前から書いているように『新たなる霊子合体』なのかと期待したり。
後者はしつこいって? それって『仮面ライダー電王』方式の変身じゃないかって? うん、正にそんな感じ。

個人的には画が浮かんでいるんですけれどね。

いっちゃん:シールド
ニアちゃん:爪
姫ちゃん:蜘蛛タイプで多方向同時攻撃

どうなんでしょ。

あ、逆転の発想で、城くんの攻撃にどう対処するかって考えてみるのも楽しいですね。
撹乱しながらの突進タイプなら、いっちゃんの「ぬりー!!」で「ビターン!!」も良いかも。

あと、城くんの武器の名称も気になりますね。今までのGCUPハウンドの武器が全部格好良いですしね。
「〇〇の〇〇」という名称でしょうけれど、どんなのが来るかなー?
前者は『魅惑』『断罪』と来ましたから、『急襲』か『鉄槌』か『瞬殺』辺り? うーん、どれもしっくりこないかなあ。
後者は『楔』『鞭刀』と来ましたから、『車輪』『刃』『翼』『牙』辺りかな?

久々に愚考、バカ丸出しの予想も沢山書いた感想になったですねー。

さてさて、もうちょっとで次号発売ですね(今回は周回遅れセーフよ!)。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3163-bd8413c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。