日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』51 アフターフォローの女  

何だかんだでまたしても遅れてしまいました。我ながら情けないです。
詳細は最近の日記を参照して頂くとして(最低な言い訳だな)、さっさと巻き返しますね。

あ、ちなみに前回感想記事に付けるはずだった毎度のPR文もうっかりミスしていましたね。
現在は修正済みですので、気になった方は再度ご覧くださいませー。

あ、ついでにもう一つ。
前回の前書きで(話数の直前の一文ね)、歌に関するネタを『3つ』仕込んでおいたのですが、おわかりでしょうか?
まあ1つはわかりやすいですし、先生もお好きですから読者の方も一発でわかったことでしょう。
3つ全部わかったという方はいらっしゃるのかなあと。多分、いないだろうなあと見てます。

さてさて、それでは今回の感想に参ります♪

改めて、連載1周年&コミックス第4巻発売記念企画に参加された愛読者の方にお礼申し上げます。
ありがとうございました。「これから」もあれこれと考えていくつもりですので、またお気軽にご参加くださいませ♪

結果報告は、以下の通りです。

『ハレ婚。』49 SP 結果発表とグラビアの女

『ハレ婚。』50 SP 意外な4位グラビアの女

そして、久々にデリシン関連記事も書きました。

『デリバリーシンデレラ』EPISODE.119 「これから」の続きの「これから」



まだまだ私の中でお祭りは終わっていません。
前回の記事でも触れた通り、今月もNON先生祭りが控えていますからね。

それでは、例によって、これまでのあらすじを。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

「平等であることなんて自由を求めたその日に放棄したはずだろ?」

平等だけれど、自分だけ特別。
特別だけれど、みんなが平等。

乙女のココロは繊細。

恋すれば、恋するほど、恋しくなるのです。


51
アフターフォローの女



冒頭から、まどかちゃん節全開ですねー。

「平等に扱う義務」

「特別扱いはルール違反」


彼女がこの表情で面と向かって言い張るのがまた実に良いですよね。

「ハレ婚」という条例と『ハレ婚。』という作品のコアの一部分を間違いなく貫いている名台詞です。



そして、扉ページ。

ゆずっぺ来たー♪

なんつーセクシーな表情してるのよ、この子は。

先生が描かれる『瞳』や『唇』はデリシン時代から唸らされていますが、このカットにも参りました。



さて、続く本編。
またしてもまどかちゃんと龍ちゃんの会話から『ハレ婚。』の本質から逃れられない言葉が続きます。

「嫉妬」

「独占欲」


これらについては自分なりに今までの感想で、特にまどかちゃんを通して触れてきたつもりです。
新展開のハワイ展開(誇張アリ)で、スコーンと突き抜けたポップな展開になるかと思いきや……!?
当然、それ「だけ」に留まらないのが先生ですね。

ここでまた本作の本質を見つめる展開になるのは必然でもあったと言えるでしょうけれど、つくづく巧いなと。

そこからどうなるかと思いきや……?

ゆずっぺのターン来たー♪ 押し付けられたー。

スタートゆずっぺエンジン!!

って、ガス欠でケツ押されながら無理矢理動かされてる感全開なのが良いですよねー。



かくして、ゆずっぺと小春ちゃんという久々の組み合わせに。

そこで判明する意外な真実!!



……なるほど、そうだったのね。

「第1夫人」というところからも、そもそも最初に知り合ったのがゆずっぺだろうと思っていたら……!?



あの2人
同棲してたのよ



ここで「順序の逆転」を突き付けられるとは。
またしても、やられました。

作劇的に言えば、小春ちゃんの視点だけで進めるにはそろそろピークかとも思っていたので、これは納得です。
少し前にも先生からのシグナルが作中の描写を通してあったばかりですからね。
小春ちゃんが「自分だけがまだ知らないこのハレ婚夫婦の過去」があると。

まどかちゃんが、龍ちゃんに再びピアノを弾いてほしいと願っていること。
2人の共通点としてピアノがあること。

これらも重要なポイントでしょう。
つまり、2人が知り合ったきっかけは音楽である可能性が極めて高いと思われます。

はてさて、次はどうなりますか。って、本誌発売日で読んじゃって、そのままこれも更新してますので、連発で更新しますよー。



〇ハレ婚。トーク 1

前回の感想で予言していた「8月にもNON先生祭り」とは、ズバリこのことです。

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さんの新刊が発売決定!!
その名も、新しい「性の公共」シリーズ、第3弾!!


『はじめての不倫学~「社会問題」として考える~』

8月18日に光文社新書から発売決定!!

ホワイトハンズ公式サイトはこちらです。

「新しい性の公共」をつくる一般社団法人ホワイトハンズ公式サイト

坂爪真吾さんの待望の新しい「性の公共」シリーズ第3弾で、
夢のコラボレーションが実現!!
坂爪真吾さん&NON先生のタッグが再び実現しています!!


お二人のそれぞれのツイートからも、このコラボは間違いないと確信していました。
「繋がった!」(仮面ライダードライブ)ですね。かなり早い段階から確信していました。

坂爪さんからは「間違いなく如月さんは昇天されるでしょう」と、
NON先生からは「バレてるっぽいですね」と、それぞれにありがたいお言葉を頂戴していました。

『今』最も人間の『性』=『生』に対して誰よりもラジカルで革新的なお二人によるコラボレーションです!!
こちらは是非とも『ハレ婚。』ファンの方にも読んで頂きたい一冊です。

セックスワーク・サミット以来のお二人のコラボレーションで嬉しい限りです。

〇ハレ婚。トーク 2

今回のツイッターPR文

【新展開! RUSHを越えた新たなる疾走!?】
NON先生( @non620126 )の最新作『 #ハレ婚。 』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
【初めての方も本誌シフトしやすいです!】
遂にあの人があの人の真実を明らかに……!?
【51 アフターフォローの女】8/3発売の本誌に掲載!!


一応、疾走と失踪を掛けていたりもするんですけれどね(誰からも指摘されなかったですが)。

あと、「ヤミテラスって言わせたいんじゃないの?」って思われるかもしれませんが。

その通りです。

いえ、これは結構真面目だったりするんですよねー。
漫画以外のネタ、他分野の趣味嗜好で繋がったツイッターの方々に訴求できるネタってところで考えてみたり。
ちなみに、次回のそれもそういう方向性です。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM
乃木坂46『太陽ノック』

またそれかよって、思ったでしょ。

でも、今回はそれだけじゃないですよー。

島谷ひとみ『シャンティ』

どの辺りからそんなインスパイアなんだと思われるでしょうけれど、これ扉ページです。
「眩しく大っきい存在」って件ね。「大きい」じゃなくて「大っきい」が重要なポイント。

それでいて歌詞は、どっちかと言うと、ゆずっぺより、まどかちゃん&小春ちゃん寄りっぽいでしょ。

何だかんだと、ありとあらゆることから連想しちゃったりする『ハレ婚。』読者脳です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3137-583a1658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。