日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』第15話「砦」  

更新は遅れていますが、欠かさずに視ています。
と言う訳で、今から巻き返します。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。

待望の新シリーズ、遂に開幕。

法剣を巡り、それぞれの想いが交錯する――。

今、新たなる戦いが始まる。

歴史的瞬間となる金色の輝きをその眼に焼き付けろ。



道外流牙、闇を照らす光となれ。
莉杏、決断を乗り越えろ。

黄金騎士ガロ翔、全ての陰我を断ち斬れ。
時代に輝け! 今こそ吹き荒れろ! 金色の嵐!!


原作・総監督 雨宮慶太
牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔




いよいよラダン復活が目前です。
以前にガルドはそのタイムリミットを「次の満月」と言い、その後に「早まる可能性はある」と言っていました。
いずれにしても、その時が目前まで迫ってしまった訳です。

今回の冒頭に限らず、特に第13話「沼」が顕著でしたが、ガルドの心情の変化が嬉しいですね。
当初の小生意気なお芝居から(そう思わせた時点で中島くんの勝ち)、遂に共闘という灼熱の展開に。
流牙や莉杏とも遂に和解できて、そしてダイゴも加わって、クライマックスに向けて最高の盛り上がりです。

中島くんも脇崎さんも実に良いキャスティングです。
今まで毎週視てきて本当に良かったと痛感しています。

総集編(のくせに単純なそれにならないのが『牙狼』&殆ど新撮映像)の前回に続き、どうなるかと思っていたら……!
なんと、今回(も)新撮アクション無しでドラマだけで魅せ尽くすとは。
こういう自由度の高さこそ、やっぱり『牙狼』らしさの一つですよね。
勿論、それでいて決して箸休めなんかじゃありません。寧ろ欠かせない描写だらけです。

莉杏の変装、ガルドの分析など、アクション以外で魅せる要素も満載でしたしね。
D・リンゴが用意してくれた魔導具も、とんでもないお宝のオンパレードでしたしね。これもニヤリ。
おっさん、本当最高。これだけの物をよくもまあ集めてきたなあとニヤニヤしながらツッコミ入れたくなるのが良いですよね。
みんなを鼓舞する場面も最高でした。泉谷しげるさん、本当に良いお芝居ですね。

そこにダイゴも合流。
遂にここまで来たかと、遂にみんなが揃ったかと目頭が熱くなります。

『砦』を崩す為に、仲間が集結し、『絆』が深まる場面が堪りません。
流牙とダイゴの握手も大好きなところです。何度視ても嬉しい場面です!
「お兄ちゃん、私もガルドの妹。一緒に戦えるわ」というハルナの一言には泣きそうになりました。

「守りの城より、攻めの城の方が墜としやすい」

我らが黄金騎士・流牙のこの言葉が熱いですね。真っ向勝負で実に格好良いです。

敵陣に対峙した時の場面も良いですよね。
そうそう、「四人じゃない」ですよね。
ザルバもハルナもD・リンゴのおっさんもユキヒメ母ちゃんもいます。みんな一つです。

突入する最後のシーンも格好良すぎます。

この回があるのとないのとでは大違い。やっぱり必要且つ重大な回です。
アクションが大きな魅力なのに、それが無くてここまで魅せられるんだという『牙狼』の強さを改めて痛感した回でもあります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3134-0c20d133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。