日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あろうことか三週も感想が遅れてしまいましたね。
トップギアで一気に捲り上げます。サクっと私的メモ的に更新します。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。


正直、あのヒキからどうやって展開させるのか、自分ではこれだという良い案が浮かびませんでした。
情けない話ですけれどね。

なるほど、そう来たかと。
最終章で特に丁寧に描かれているように、ここでもハートの人間臭さが活きた形になりましたね。
敵ながら正々堂々としている奴で、これはこれで気持ちが良いです。
台詞にもあったように「自分のことを悪だとは思っていない」から尚の事です。
知れば知るほど納得なんですよね。

中盤で助っ人に駆けつけたチェイスが格好良すぎます。正に正義のヒーロー節全開です。
本当、チェイスはナイスタイミングで来てくれるよね。

今回は剛くんもここぞというところで良い出番でした。

容疑者3人のうち、犯人が1人じゃないであろうというのは予想の中にありました。
こういう展開にできるのも本作ならではの設定が活きていて、実に良いですね。
同じ謎解き要素でも『仮面ライダーW』とはまた違った味付けが光っています。

進ノ介くんがメディックを咄嗟に庇ったのも、冒頭の作劇を思うと胸が熱くなりますね。

ここで遂に未来から来たと思われるクリム・スタインベルト博士が登場ですね。
更に、今回から始まった番組内の劇場版に向けた1分間ストーリーにも……。

今回の本編も劇場版も、「クリム博士を狂わせた真の黒幕がいる」と見てます。
その意味でハートもある意味では悲しいモルモットであり、犠牲者じゃないかなと。
本当、『ミュータント』と『アンドロイド』を組み合わせた『ロイミュード』という呼称は言い得て妙だなと。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3123-ee5ba449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。