日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』ティザー映像公開  

この記事を書くにあたって、カテゴリに逡巡したのも本音だったりします(悩むなよ)。
まあ、漫画感想がメインのうちのブログですから、日記で良いかなってことでひとつ。

※以下は呑んでノリノリの勢いで書きます。予めご了承くださいませ(タイプミスがあったら、こっそり連絡プリーズ)。



件名の通り、サンセイのYouTube公式チャンネルからティザー映像が公開されましたね。
公式ニコニコチャンネルでも配信されたようです。

やっぱり、雷牙の『魔戒ノ花』で来ましたね。
これがマックスでの最後の『牙狼』になるかと思うと、色々と思うところもあります。
色々な想い出が胸に去来します。

さて、ティザー映像ですが、その中でも「王道を貫き通した牙狼」とあります。
更に「これぞ、王道」と強調しています。

この辺りからも誰もがわかる通り、スペックは『金色』に近いであろうことが窺えますよね。
今のサンセイは「業界に一石を投じる挑戦的&冒険的スペック」よりも、「明らかに守りに入った」状態です。
ええ、当然ですよね。今も尚大絶賛稼働中の『金色』があるのですから、酷似したスペックにするのは当然です。

「黙っていても牙狼ならバカ売れ」なんですから。企業としてはそれが当然の方針でしょう。

映像にもあったように、『光覚獣身牙狼』を肝に持ってくる辺りは、「ちゃんとわかっている」なあと。
というか、ここでそれを使わない方がおかしいですからね。

筆文字魔戒ノ花ヤミテラス

以前にもブログでネタとして『牙狼FINAL』真魔戒RUSH画面風に挙げてみましたが、こっちも楽しみですね。

BATTLE BONUSのファーストバトルは、やっぱりエイジ&エイリスでしょうか。

図柄についても、やっぱり今までの機種から当て嵌めちゃいますね。

1 マユリ(マ号ユリ型魔導具)
2 倉橋ゴンザ
3 クロウ(幻影騎士クロウ)
4 エイリス
5 毒島エイジ(邪骨騎士ギル)
6 四道
7 冴島雷牙(黄金騎士ガロ)
8 媚空
9 ジイル

こんな感じでしょうか。『金色』と違って、ちょっと敵側が少ないですけれど。
四道法師はそのお名前からも4図柄がマッチする気もしますけれどね。
あとは沢神りんなさんこと吉井怜ちゃん演じる魔戒法師アカリも図柄にあったらなあと思ったりも。

図柄について括弧も含めて触れたのは、当然ながら初代から存在する図柄変化(レベルアップ)の意味も含めてです。

以前にも書きましたが、やはりラテル、ゴギート辺りは重要なホラーとして扱ってほしいところですね。
個人的にホラーバトルでぶちのめしたいのはアズダブ、プロファンデス辺りですかね。

当然ながら、『光覚獣身牙狼』にちなんだ剣の保留もあるのでしょうね。

台枠は『金狼』枠でしょうから、ここで漢字表記と英字表記の法則が始めて崩れる形になるんですかね。
と思ったら、ティザー映像でも『MAKAI NO HANA』と、敢えて英字「のみ」の表記で、ニヤリとしたり。

最後のマックスという点と、雷牙版というところからも「トリプル牙狼」の夢の共演とかあったらと思ったりも。
冴島大河こと渡辺裕之さんも加わって、小西くんと共に中山くんと三人揃ったスペシャル映像とか期待しちゃいますね。



他に気になっているのは、やはりゲージですね。
『金色』そのまんまだと良いのですが、流石にちょっとは変えてくるかなと。
店側からは嫌な左スルーとお助けも気になるところです。

ボーダーが甘いのはもうわかりきっていることですから、気になるのは導入台数と稼働率ですかね。

もう引退か、引退か、と引退詐欺張りに日記でも繰り返しましたが、これだけは触れるでしょうね。
これで私がうちのブログを継続できるか、首吊ることになるのか、左右されるだろうなと。
いえ、結構マジで。覚悟はできてます。

え? ご託はいいから、さっさとエイリス倒せって? 光覚獣身牙狼スペシャルエンディング見せろって?
わかってる。待ってなさい。あたしに任せなさい(酔ってます)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3117-d20bc34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。