日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は敢えてずっと黙っていたことがありました。
そこに到達するまではずっと黙っていようと決めていたことがありました。

その時が来ましたので、申し上げます。

現時点で『ハレ婚。』の記事数が『デリバリーシンデレラ』のそれを上回ったのですよね。
これが『ハレ婚。』連載1周年間近の頃に触れていた「もう一つのカウントダウン」でした。
ああ、やっと言えるー。

世界で「デリシン越え」ができるアーティストが存在するとしたら、それはこの世でただお一人だと私は思っています。
厳密に言えば、お二人ですね。

そう、他ならぬNON先生と手塚だいさんだけ。

デリシン完結から、待ちに待った先生の最新作『フーコの黄色い靴』を読めたあの日
(こちらのカテゴリに付随した記事と感想もあります)。

そして、週刊連載が決定した『ハレ婚。』の始まりのあの日。

あれから、ずっと先生も次の目標として仰っていたように、先生ならデリシン越えができるし、『今』がその時だと。
そして、私もうちの裏テーマとして「デリシン越え」を密かに宿しながら今まで生きてきました。

そうなのです。デリシン時代にやってきたことに悔いはありませんし、小さな自分なりにやりきったつもりです。
そんな中、ただ一つそれに近い想いがあるとすれば、全話感想を貫徹できなかったことなんですよね。
途中から感想を書き始めたので。

ちなみに、これは以前から公言していますが、私がツイッターを始めた理由もNON先生です。
そういうツールがあるということは勿論知っていましたが、NON先生という最大のきっかけが無ければやってません。

ブログにしたってそうです。うちが今のような形になったのも、NON先生のデリシンに突き動かされたからです。
よく毎回書いてくれるということを何名か言ってくださったのですが、それは違うんですよね。
私が動いて何かしたのではないのです。私はNON先生の作品に共鳴して突き動かされたのです。これは今もそうです。



自分で当時の自分のデリシンの記事数を越えたこと。
そして、『今』再び『デリバリーシンデレラ』のカテゴリでまた記事が書けることが堪らなく嬉しいのです。

あの日の「これから」が繋がった確かな感覚があります。



前置きが長くなっちゃいましたね。

本題に入ります。

前回の『ハレ婚。』記事と順番は前後しますが、大事件です。
『デリバリーシンデレラ』の『父』である手塚だいさん手作りのオフィシャルフライヤーが公開されました!!

『今』この時に雅美ちゃんというのが実に嬉しいじゃないですか!!
最終巻を読了した後の「あとがき」も含めて想い入れが強いので、だいさんのこの一文が尚更嬉しいです!!

デリバリーシンデレラだいさん広告

このキャッチコピーが堪りません!! 最後の戦いまで読了された愛読者の方なら頷けるはず。

『デリバリーシンデレラ』は「これから」も時代に燦然と輝き続ける唯一無二の名作です。
私にとって大切な作品です。

勿論、「これから」も。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3112-bc4951a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。