日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『残響』第4話 錯綜  

定期的に休載があると思っていたら、先生の公式ブログを拝読して納得です。
そもそも『月刊連載』だったのですね。

あれ? そう言えば、話数表記が今回から算用数字になっていますね。
前回までは漢数字でしたけれど、コミックスでは統一されるのでしょうね。

今回は嬉しい巻頭カラー!!

と言う訳で、こちらも保存しております。

それでは、感想を。

5/8発売の『ビッグコミックスペリオール』で新連載開始。

本誌公式サイトで、試し読みもできる特設ページ開設!

超実力派作家がこの世に放つ弾丸。
この音からあなたは何を感じるか。
今、放たれた。解き放たれた。

運命の引き金を届けられるその瞬間――。

世界が変わる。

少年よ、撃ち抜け。



間違いない。髙橋ツトムは、本気だ。


presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

残響



舞台は工場町。ある夏の出来事です。
無気力な少年と、ある人物。
そこから人生が変わり始めます。

文字通り「引き金」となる出来事がここにあります。

今までの先生の作品をご覧になってきた方は勿論のこと、初めての方もこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。
本誌公式サイトに特設ページが開設されており、試し読みもできます。
胸を撃つ強い衝撃があるはずです。

それでは、これより先は具体的に今回の内容に触れた感想を……。
本誌未読の方は以下にご注意くださいませ。




巻頭カラーは嬉しいですね。
先生のカラーもさることながら、デザイナーさんの手腕も凄いですよね。



いよいよ大悟と共に新宿に向かう展開かと思いきや……。

なるほど、そう簡単にはいかない訳ですね。
ここでワンクッションあるというのが堪らないですね。
そんなに甘くないよ、まだまだ外には出させないよって展開が良いですね。

ここで親分登場。

その奇声とテンションも体勢もさることながら、とにかく強いですね。
拳銃を突きつけられていてこの余裕とは。

というか、総てにおいてオカシイ人です。

このヤバすぎてイッちゃってるキャラ、嫌いじゃないなあ。
「れーぼりゅーしょん」を思い返すなあ。



今回の作劇は凄まじく巧いですね。
正に刀の面が逆になったように、オセロの白と黒が一気に塗り替えられるように(『ヒトヒトリフタリ』も思い返すね)、
ここに来て、智に対して大悟の態度が変わってしまったのは大きいですね。

見開きの巻頭カラーそのものが仕掛けだったとはニクイですね。
あのページと今回のヒキを見比べると実に皮肉ですね。

大悟の視点から言えば、ここで智と親分のどちらに着くべきかという局面です。
そして、大悟は後者を選んだ訳ですね。

智と大悟のバディで新宿に向かってからが本当のスタートだと思っていましたが、怪しくなってきましたね。
今ならまだ大悟は100%ただの被害者でいられますからね。
大悟との関係性の変化も着目したいところです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3108-1253c31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。