日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『初森ベマーズ』第1球 ここから、はじまる  

私が特撮ヒーロー番組以外で視聴していきたい数少ないテレビ番組です
(私的にはそちらに属する作品とも言えますが、一般層にとっては一般ドラマでしょうから一応明記)。
私的に、このときめきは『ヤメゴク』以来ですね。『ヤメゴク』の穴を埋めてくれたかのような感覚も。

ひとつ、最初に申し上げておきます。
自分はアイドル者というより、漫画好き&特撮者としてこの作品に興味を抱いているところが大きいです。
勿論、乃木坂46は好きですし、メンバー総出演というのも視聴の動機ですけれど、正直まだまだ疎いのです。

以下に、本作のあらすじを。

もんじゃ焼き屋の一人娘・ななまる。
彼女が住む下町にある『初森公園』。
町のみんなの憩いの場として親しまれ、『はじまる公園』と呼ばれ愛されている。

そこに、彼女たちが愛する公園を買収しようとする男が現れる。
権田原兼持。『株式会社セレブ都市開発』の社長。

兼持の愛娘であるキレイが提案を持ちかける。
キレイの『セント田園調布ポラリス学園』に、ななまるの『初森第二女子商業高校』がソフトボールで勝てば……。
「公園を潰すマンションの建設は白紙にする」と。

ななまるは公園を守る為にソフトボールチームの結成を決意する。

しかし、ななまるを始め、仲間たちはソフトボール未経験者ばかり。
メンバーを集め、部が承認されるまで、タイムリミットは僅か……。

果たして、ななまるはソフトボール部を結成できるのか。タイムリミットに間に合うのか。
そして、勝利することができるのか。




それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想となっています。
番組をまだご覧になっていないという方は、くれぐれもご注意くださいませ。

※厳密には、話数表記は「算用数字が〇で囲まれた形」が正しいですが、文字化けの懸念からそのまま書いてます。
乃木坂46ファンの方々、ご了承くださいませ。



非情な現実。非常な事態。

今、少女は立ち上がった。
みんなの公園を守る為に。

涙あり! 絆あり! 魔球あり!?

今、最も熱いドラマがここにある。

集結せよ、9人の乙女たち!
立ち向かえ! 初森ベマーズ!!


初森ベマーズ
第1球 ここから、はじまる




乃木坂46メンバー総出演ですから、最初から「可愛い」と「楽しい」は約束されている訳です。
熱心なファンでもない(名乗る資格もないくらいにわかなのです……)自分からしてもね。
つまり、最初から期待値は高かったんですよね。

結論から言えば、やっぱりワクワクしながら待っていて良かったなあって。もう単純に。

そんな「浅い」自分が本作に期待していたことは大きく言うと、以下の通りです。

〇自分が特にお気に入りの子「以外」の子を目にして、自分がどう感化されるか

〇歌とパフォーマンスと楽曲から惹かれた彼女たちの「テレビドラマ」を目にして、自分が何を想うか


これなんですよね。自分の中の化学変化みたいな。

あ、ちなみに私、マルキュー推しです。

私のツイッタータイムラインで本作についてツイート&ご一緒してくださった方はお一人だけ。
なんと、あの漫画家の浦田カズヒロ先生でした。
浦田先生のご厚意に対する感謝とありがたみは絶対に忘れてはなりません。

浦田先生ともキャラクターについて盛り上がりました。
やっぱり「ドラマで視て、そこから今までとは別に惹かれるキャラ」っていますよね。
浦田先生はキャラ的にかずみん、さゆりんかなーとのお言葉を頂戴しました。浦田先生、ありがとうございます。

自分はカアチャンでしたね。まいまい良いじゃん!!
まいまいの柔和な空気感、たおやかな笑顔、その名の通りの「カアチャン」な優しさにグッときましたね。
歌だけじゃなく、こういう意外な表情、意外なときめきが味わえてこそのドラマだよねって思いますねー。



本作は鈴村展弘監督、大橋明アクション監督、なかの☆陽さんもご参加という特撮者垂涎の布陣!
キャストも言わずもがなで、津田寛治さん、手塚とおるさん、諏訪太朗さんという特撮者大感激の皆様!
更にアキバブルー大島遥さん、人見早苗さんもご出演という鉄板ラインナップ!

これもまた視聴の大きな動機でした。私的には乃木坂46メンバーと並ぶほど。

これはアクション面にも期待できる訳ですから、更に期待値が跳ね上がっちゃいましたね。
今後、特撮者として魔球やポージングなども着目していきたいところです。



第1球のストーリー展開としては、正に王道中の王道な構成ですね。
ななまるが漫画研究部&作中漫画の描写もそうですが、本当に漫画チック全開ですよね。
この作品、冗談抜きで漫画好きの方にこそ視てほしかったりもしますね。いえ、本当に。

加えて、漫画と特撮ってそもそも親和性が高い組み合わせですから、両方好きな私には正にツボなんですよね。
大映ドラマや東映アイドルドラマが大好きな自分には更に好都合(歳がバレるね)。
その意味でも、ななまるのお母さん役でいとうまい子さんがレギュラーなのが堪らなく嬉しいところ。

登場人物の名前からしてベタベタでコテコテの(駄洒落じゃないよ)漫画チック全開ですしね。
ネーミングとしてツボだったのは、マルキュー、ハーバード、ユウウツ辺りですかね。

権田原&キレイ側がまたコテコテのお金持ちでスパルタ設定なのもベタで良いですねー。
思いっきり『巨人の星』入ってますよね。
また津田さんもキレッキレのベタなお芝居で最高です。まいやんも負けじとベタでお嬢様全開で良し。

こういったベタな「らしさ」としては、やっぱり手塚とおるさんの今後に期待が高まりますね。



乃木坂46メンバーのそれぞれの役とキャラクターが実に良い味出しています。
揃いも揃って大半がソフトボールどころかスポーツの『ス』の字すら遠い子ばかり。
文系や理系、インドアな趣味嗜好に偏っているのも、王道でニヤニヤですね。
身体能力としてはケンカのイマドキ、剣道のコテくらいですしね。
弱小も弱小というか、それ以前の面々です。それこそが良いのです。

第1球は、ななまるがメンバーを集めて、部の承認を得るまでの展開。正に漫画的王道で大好き。

ななまるのそれぞれの表情が堪らなく魅力的でした。
『はじまる公園』に対する想い、仲間たちを集めたいという想いに、不覚にも目から水が。
ひたむきさや切迫した表情が特に良い味出しているんですよね。

『七人の侍』も『七人のおたく』も『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』もそうなんですが、最初が大きいですよね。
つまり、「仲間が集まっていく過程」こそが序盤の大きな魅力ですよね。
その意味において、第1球は文句なくベストな構成でした。

中盤では、私の推しメン・マルキュー来たー!

カアチャンと同じく、学校の外でのアプローチというのも、漫画チック展開でツボでした。

「マルキュー!」

「その呼び方やめて」

ここで吹いてしまいました。
うん、そらそうだわな。
ここのななみん巧い!



さて、想うままにのびのびと書いて、構成もへったくれもない支離滅裂な文章になりました。
それもまた『初森ベマーズ』感で良し。自分はそう思います。
「これから」も感じてときめくまま、想うままに楽しんで書こうかなと。

次回は、いよいよ番宣スポットの時点から楽しみで仕方がなかった手塚とおるさんのご登場!
手塚さんの「ばっちこーい!!」のシーンを視るまでは死ねません。

あと、今回で気になったのが『ななまる』と『はじまる』の語感。
これも言葉遊美的な含意があるのでしょうね。

そして、ななまるのお父さんですね。
鎌田監督だと、ななまると蘭子ママとの会話の場面からしてもおかしいですからね。これは無いかな
(監督が『伝説の監督』からオカマになるまでの「空白の過去」の展開次第では可能性ありそうですが)。
まさか権田原か……と一瞬ヒヤリとしました。こっちは強ち可能性がゼロでもないかなと。
いずれにしても、お父さんが重要なファクターとして活きてくるのは間違いないでしょうね。
それこそ、かつて優れたソフトボール選手だったかもしれませんし。
これだと、ななまるの覚醒とパワーアップにも活かせるでしょうしね。って、やっぱ漫画チック発想だなー私。

それでは、また次回の感想でお逢いしましょう。

初森~……

ベマーズ!!

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3089-e5f3ada5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。