日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妖怪少女 -モンスガ-』第61怪 妖怪の種…!です♪   

いよいよ待望のコミックス第5巻発売も近付いて来ましたね。
『ハレ婚。』の第4巻も同じ7月発売で、私的にお祭り感が半端ないっす。

ダブル購読でお得ゥ!!

な訳です。前回と全く同じ書き出しですが、そこはそれ。
きっと、北つばめ市の大津一基市長もモンスガ大好きマンだよねー。
7月はダブルお祭り月間ということでノリノリなのですー。

さて、それでは今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ふなつかずき先生の魅力が大爆発!!
渾身の最新作!!


待望のコミックス第4巻、大絶賛発売中!!

アキバ発!新感覚妖怪バトルラブコメ♡
アキバ発!日本全国に話題沸騰中!
ふなつ先生旋風発生中!

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

それでは、感想に入るです。

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ちょりーんス!!!

ぱにゃにゃ~ん♪


第61怪 妖怪の種…!です♪



前回はGCUP側のヒキで、恐るべき展開に戦々恐々でした。

ここで肩透かし的に轆花ちゃんたちの学園生活の方が描かれるのがニクイですねー。

ヤッキート妖怪少女たち、そしてGCUP。
それぞれの展開が進む中、交差する瞬間、激突する瞬間が楽しみであり、怖くもあるところです。



さて、緊張感全開の前回から打って変わって(駄洒落じゃないよん)、日常描写ですね。

電車内の通学風景ということで、のっけからそっち全開の展開!

ふなつ先生節全開であります。

生活指導の木村先生がエロ全開でムラムラ、そしてイライラする「見えそうで見えない世界」

ええ、妖怪じゃありません。

おパンツの話です。

3ページ目3コマ目の木村先生の文句は一理あるよね。
見せたいのか見られたくないのかハッキリせーよみたいな長さだもんね。
まあ、それが年頃の乙女心なんですけれどもね。
そこで敢えて野暮なツッコミを入れるおっさんキャラがいてこそモンスガテイストなので大歓迎。
いやーこれは笑ったー。

というか、ちょっと待って!

先生、既に盗撮の常習犯じゃん。

「見えそうで見えないもの」を見たいが為に「一線を踏み越えてしまった」存在だったとはねえ。

ええ、妖怪の話じゃありません。

盗撮の話です。

しかしまあ、以前の変態仮面リスペクト回と言い、ふなつ先生のおパンツの拘り方には頭が下がります。
魅せ方が毎回巧すぎるんだよね。共感して激しくヘドバン的に頷いた思春期中高生男子諸君、多いでしょ?

と言う訳で、木村先生に異変が……!!

大別すると一般人が妖怪の脅威に触れてしまうケースなんですが、今回の魅せ方がまた巧いよね。
普通なら動転してしまうし、かと言って病院に行って医者に見せるのも抵抗があるところ。
それを好都合ってことで「オイシイ展開」にしてしまう木村先生のエロパワーがあっぱれというか、もうね。



一方、ヤッキーといっちゃんの場面も実に興味深いです。
今回のサブタイトルにもなっている『妖怪の種』について、いっちゃんからの解説が。

『アスコココ』(叉の名を種妖)とは、なるほど。

日常においては無視しても構わない程度でありながら、欲望が強い人間に取り憑くと……!?
という設定は非常に巧いですね。これは今後も長く活きてきそうなところですよね。



そして、後半も……!?

また木村先生祭り。

まあやりたい放題のぞき放題だな。
でも、この能力を持ったおっさんならこうなるよねえ。

ここで我らがモンスガレギュラー陣美少女ちゃんたちにも木村からの危機が……!?

京ちゃんナイス! 李ちゃんセーフ! セエエエエエフ!!(ここ大事よね)

ここで見逃せないのが今回のヒキの場面ですね。
京ちゃんに漠然と悪寒めいた違和感が過ぎり、結果として彼女たちはセーフでした(ここ大事なので繰り返します)。

京ちゃんが感じたという事実そのものが重要です。
思えば、彼女もまた過去に妖怪に取り憑かれた人間の一人。
あの時に、霊子エネルギーの感化による影響はあったのかもしれませんね。

即ち、あの頃から京ちゃんにも霊感が宿るようになったのではないかと。

そして、「京ちゃんが感じた」という事実に気付いたのがニアちゃん。
これも極めて重要なところですね。
「京ちゃんが感じた」で留まっていれば、京ちゃんが一人で先走ってやられるリスクも高いでしょう。
しかし、ここでニアちゃんが彼女の異変に気付いたということは、一つの大きな救いです。

李ちゃんを守る轆花ちゃん&京ちゃんを守るニアちゃんという二組の人間&妖怪コンビも考えられるかなと。

肝心要のヤッキーが敢えて入り込みにくい舞台設定で、これだもんなあ。
「ドキッ!丸ごとおパンツ!美少女だらけの盗撮大会! by木村」です。
ここに来てこの展開って巧すぎますよね。

以前の霊気投票企画の結果を受け、ふなつ先生は京ちゃんの出番も増やしたいと仰っていましたからね。
これは色々と期待できそうですね。

物凄~く先の話でしょうが、京ちゃんが「妖怪じゃないけれど霊感を持って戦える人間」として活躍する可能性もあるかと。
つまり、ヤッキーが戦うヒーローなら、京ちゃんは戦う美少女ヒロインとか。
一応、そこら辺までは予想してます。気が早すぎるにも程があるだろって我ながら思いますが。
京ちゃんが取り憑かれたのも、そもそも空手に長けているのも、その為の布石ではないかとすら勘繰ったり。
ふなつ先生も私もスケバン刑事好き(特にナンノ)という嬉しい共通点があるので、尚の事期待しちゃうなー。
そう、制服は美少女の戦闘服なのです。
で、最後の最後まで本当の意味で「守られるヒロイン」ってのが、やっぱり李ちゃんかと。霊感ゼロですしね。

さて、おパンツ祭り……じゃなくて、学園生活編がどう転んで見せてくれるのか(そういう意味じゃないよ)期待大です!

毎回、先が読めそうで読めない大胆且つポップな展開が堪りませんね。

それでは、次回も……!

レッツぱにゃにゃ~ん♪



……と、いつもの感想ならここで締めなんですが、余談をひとつ。

〇モンスガトーク 1!です♪

この本誌発売日は7月9日(木)でした。
『ノーブラの日』の前日にこちらが掲載という辺り、やはりふなつ先生は常に時代をリードされてるよね。

〇モンスガトーク 2!です♪

この本誌発売日の翌日に、凄いニュースが。ああ、マーシー……。
なんというシンクロかと。色々な意味でビックリでした。

〇モンスガトーク 3!です♪

実は本誌発売日の夜に、久々に学生時代の先輩とバッタリ逢ったりしたんですよね。
その先輩の名前が……。ここまで言えば、おわかりですね。
嘘だと言われるでしょうが、本当の話なのです。
ここまで色々とシンクロしすぎると怖いのを通り越してもう笑ってしまいますね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3084-fec19094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。