日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』47 アロハな女  

祝・連載1周年&コミックス第4巻発売!!

大人気御礼本誌センターカラー!!


バンザーイ!! ハレルヤー♪

と言う訳で、勿論本誌は沢山自室に保存してます。
そんなこんなでお祭りに勤しんでいたら感想の方が遅れるというおバカぶりでした。
でも、本誌アンケートはちゃんと間に合わせてます。一年間、ただの一回足りともそこだけは遅れていません。
無論、「これから」も。

「これから」もまだ企画を予定していますので、私の『ハレ婚。』カーニバル・ウイークはまだまだ続きます。



いつもの流れで、まずは本作のご紹介を。

2014年6月23日発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?

日本の小さな片田舎・北つばめ市。
そこには日本で唯一の「とんでもない条例」があった。

4年ぶりに故郷に戻ってきた前園小春
そこに現れたのが謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。
彼には妻が2人もいた!?

伊達柚子伊達まどか

2人を連れて、伊達龍之介は再び小春の前に現れた。

小春ちゃん

僕と結婚しないか?







以下の各種関連サイトもご参考にどうぞ♪

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第3巻(講談社・ヤンマガKC)




それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。本誌未読の方はご注意くださいませ。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

祝・1周年♪
ここでドキドキの一大イベント!?


47
アロハな女



センター……(ここで一度溜めてください。例:「初森~……ベマーズ!」)

カラー!!

と言う訳で、やっぱりNON先生のカラー扉は最高ですね。
特に今回の弾けるポップ感全開の扉ページなんてもう!!

コミックス派で逃してしまったという方、今回だけは大丈夫です。今回だけは。
こちらをご覧くださいませ。
手塚だいさんの優しいご配慮に感謝しながら堪能してくださいませ。

『ハレ婚。』47 SP-2 本誌カラーの女 だいさんの手作り広告パート2!!



それでは、本編の感想を。

……って、いいなあーこの日常まったり感。
そこから起承転結が実にお見事で、自然にノリノリで読んじゃうよねー。

コマ割りもありそうでなかった感じで、「出すとこ出す」為のオイシイ構成になってます。
見開きの大きなコマと、ちっちゃいコマの小技&顔芸の妙味が病みつきになりそうです。

思いつきとノリでゴーってのが龍ちゃんらしいし、ゆずっぺもピンと来てシンクロ。
例によって小春ちゃんだけがノリきれてない感じが「らしさ」全開で良いなあ。
まどかちゃんは心では思っていても顔には出さないですからね。
これが小春ちゃんとの大きな違いですよね。
ということで、内心は小春ちゃんに近い心境で、龍ちゃん&ゆずっぺと半々的な見え方でもありますね。

かくして伊達家ご一行様、ハワイへ♪

……。

……?

……!?



やっぱりハワイアンズ。
「そっちのハワイ」でしたねー。

これ、一定以上の世代の方なら龍ちゃんとゆずっぺの会話の時点で感付いたことでしょうね。
私もまた然り(って、歳がバレるね)。



今回はもう見たまんまというか、ノリと勢いでゴーって回ですね。こういう条件反射的なノリも大好きです。
ヒロミ・ゴー的なノリの良さあるよね。特に根拠のない躁状態的ポップ感の我らが龍ちゃん最高。
『獣は裸になりたがる』的な旦那が伊達家の大黒柱で本当に良かったです。
……と思わせておいて、ちゃんと真ん中に凄いのが控えていましたね。

BOQ祭り。

ホント、今回はまどかちゃんファン垂涎にして狂喜の回かと。
冗談抜きでまどかちゃんファンを自認されている方は必見ですよん♪

私的には『Bの女』が改めて自身のそれを痛感するシーンがツボでした。
しかも、その直後にホルスタイン登場だもんね。



プールで泳ぐ龍ちゃんがまた良いなあ。
ただでさえイノセント全開な彼が正に水を得た魚のように満面の笑みですもんね。

先生の公式ツイートにあった、だいさんの水泳シーンも思い返して更にニヤリです。



なんか今回は、ノリだけでサラっと書いちゃった感じですが、それで良いかなと。



真面目な話を少々(ようやくか)。

言葉を交わさずとも気持ちが伝わる最良の手段って、握手だと思うのですよね。

冒頭から何だかんだと賑々しかった今回。
ここで、このヒキというのが巧いなあと。
音を排除したこのシーンで、小春ちゃんと自分の心臓の音が聴こえてきそうです。
実に秀逸なヒキでしたね。

家出編を経て、小春ちゃんも揃って伊達家全員が一緒に行動するという新展開。
期待が高まらないはずがありませんね。期待しかないです。
連載1周年というこのタイミングとも実に素敵なリンクだと思います。

小春ちゃんと龍ちゃんの関係性は勿論ですが、他の嫁さんズとの進展も楽しみなところです。
作中にもあったように、個人的には小春ちゃんとまどかちゃんの今後も楽しみですね。
水と油のように見えて、近い部分も少なくはないと思うのですよね。これはゆずっぺにも言えることですが。
どこかしら掠りはするけれど、基本的にはバラバラっていうのがとっても楽しいなあと。



〇ハレ婚。トーク 1

いよいよ汗だくのシーズンになってきましたね。
と言う訳で、何気に本編と読者の季節もリンクしたんですよね。
1周年らしいミラクルはここにもあった訳です。

先に申し上げておきますが、結構弱ってます(おい)。
我が家はエアコンが4台あって、私の部屋にだけ無いという構造になっております。ナイスな展開でしょ。
今年はもう付けるべきかなー。こんなことからも伊達家ルールを思い返してニヤニヤしております。
感想も企画も遅れがちになるでしょうけれど、死なない限りは継続しますのでー。

〇ハレ婚。トーク 2

コミックス第4巻の単独記事も書きたいです。
今回は遅れすぎないようにしたいですね。

結婚の名言を毎回記事に取り入れています。
毎回、本家のコミックスと被らないようにするのが難しい(それこそが愉しい)のですよねー。

〇ハレ婚。トーク 3

NON先生&だいさん、改めて連載1周年おめでとうございます。ハレルヤー♪

さあ、今回の『ハレ婚。』曜日も元気いっぱい謳歌するぞー! 『ハレ婚。』バンザイ!!

〇ハレ婚。トーク 

おまけですー。



関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3082-9894abf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。