日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遂に最終章突入ですね。
劇場版も含め、どこまでもトップギアで一緒にドライブする所存であります。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。





最終章の始まりに相応しく、久々に特状課メンバー全員登場ですね。
ロイミュード側もハート、ブレン、メディックが揃っています。ここでブレンがコアってのがニヤリですけれどね。

ロイミュード撲滅に絶好調な進ノ介くんが冒頭で描かれます。
レストランのシーンも含めてコミカル感たっぷりなのが楽しいですねー。
『シュプレム』の意味からしても、ここで究ちゃん(=「最上級」)が大はしゃぎってのはニヤリですね。

今回の事件もいつもの感じかと思いきや、そこで文字通り「一味違う」のが新展開らしいなあと。

いかにも最終章らしい展開と言えば、海外からハートの元にシングルナンバーが二体も集結してきたという事実。
006も008もハートの前ですら進化態を明かさなかったことからして、今後の展開がますます楽しみです。

それにしても松浦新さんは凄いですね。流石だなあと脱帽です。
吹き替えなしでご本人がアクションもご担当ですからね。松浦さんには今後も期待できますね。




ここに来て、ロイミュードの本質に迫る展開なのも最終章らしいですよね。
メディックのやり方も、確かにそうだよなあと。究ちゃんのあの回でも確かにそうだったもんなあと。
彼女としてはロイミュードの為、ハートの為だというのは勿論わかりますけれどね。
味方のロイミュードすら平然と犠牲に、実験体にしてみせるやり方がここで響いてくるとは良い作劇ですね。

ロイミュードの方にも人間臭さが見え隠れする展開というのも、また味わい深いところなんですよね。
特にハートなんてもう。「トモダチ」に対する想いもそうだし、ある意味で進ノ介くんに対するイノセントな想いもそうだし。

改めて、やっぱり仮面ライダードライブタイプトライドロンとハートの怪人態は格好良すぎるなあと。
剛くんとチェイスのダブル変身、松浦さんの素面の立ち回りも含めて、今回のアクションも満足です。

蛮野博士の言葉も非常に引っ掛かるところですねえ。
「真の悪はクリム・スタインベルト」という劇場版のフレーズとどこでリンクするのか、あるいはしないのか、要注目ですね。

それにしても森田成一さんのお芝居がツボすぎるなあ。
森田さん、良い味出してるなあ。素晴らしいです。
『BLEACH』の一護や『聖闘士星矢』の星矢の印象が強かっただけに、望外の悦びです。
こんなお声を出せたり、こんなお芝居もできる方なんだなあって、物凄くときめいてます。
森田さんご本人様も仮面ライダーお好きとのことですし、嬉しい限りです。良いキャスティングですよね。



さて、次回はいよいよハートの超進化態? キンキンで「金色になれ」?
上でも触れましたが、ロイミュードって設定的にも実に「人間臭い」ですよね。
私的にハートは敵ながらあっぱれ感があると言いますか、イノセントな部分って嫌いじゃないんですよね。
メディックのハートに対する態度もまた然り(ひいてはブレンに対するあの態度も)。

進ノ介くんは吹っ飛ばされて変身解除、更に丸腰でハートを相手に……!?
凄まじいヒキで、続きが楽しみで仕方がないですね。

次回予告のアオリ文と、進ノ介くんの台詞も引っかかるところですねえ。
最終章で更にロイミュード側の「人間臭さ」が強調される構成は堪らなく好きなところでもあります。

あらゆる雑音を心のエンジン音で掻き消して、最後までトップギアで味わいたいです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3080-6dc0ecae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。