日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遂に一つの大きな決着ですね。

決して踏み躙られてはならない想いがあります。
その為にも正義のヒーロー・仮面ライダードライブは絶対に負けられません。
男として、刑事として、泊進ノ介くんは立ち向かいます。

12年前の事件の真実を本当の意味で解決する為にも。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。




どこまでも汚い仁良とブレンによって、特状課は窮地に立たされました。
特状課と仮面ライダーこそが悪であると記者会見まで行い、国民まで騙して。

結論を言えば、中盤のあのシーンで打開策がわかりました。
これは大半の視聴者の方が同じだっただろうと思います。

「もしも今、空間を飛び越えられたら……仲間を助けられるのに」

遺言にしては妙ですし、「空間を飛び越えられたら」と具体的な辺りですぐにピンと来ましたよね。
仁良はベルトさんとシフトカーたちも奪って拘束しましたが、「全く動けない訳ではない」ですからね。
そう、「空間を飛び越えられる」シフトカーはいるんですよね。
ディメンションキャブならね。

そして、一応前回で書いておいた予想は半分ヒットしていた訳ですね。

仁良が勝利を確信して高笑いした時に彼自身が決定的なボロを出すというのはありそうかなと。

前回でこう書きました。その役はブレンでしたけれど、記者会見でボロを出すかなってのはアタリでしたね。
ゆかりちゃんの証言も期待していた通り。
記者会見では「仮面ライダーの仲間に殺された」と必ず言うはずですからね。
ゆかりちゃんは「死んだ」とはっきり言うはずですからね。

「私は誘拐なんてされてません! 命を助けられたんです。仮面ライダーに」

そして、「殺した」はずのゆかりちゃんと共に、我らがヒーロー・泊進ノ介くん参上!!

「彼らの記者会見自体が嘘だらけだった」と、塗り固められた嘘を剥ぎ落としていくカタルシス!!

「12年前の事件の総ての証拠隠滅と醜い嫉妬からの全否定」のつもりだった仁良が墓穴を掘りましたね。
「12年前の事件の弾丸」をはっきり残して。

ボロを出す、墓穴を掘るという展開は、前回の感想でも触れた通り『ジョジョの奇妙な冒険』的なイメージを抱いていました。
それゆえに、正にニヤリな解決編でした。

前段の「空間を飛び越えられたら~」についてはエコーズACT2初登場時の康一くん。
後段については川尻浩作の正体が吉良吉影だと判明する(自分で教えてしまう)あのシーン。

それらも連想してニヤニヤでしたね。

仮面ライダーが三人揃ってトリプル変身というのも嬉しくて嬉しくて。燃えますよね。
トリプルライダーキックが最高に格好良かったです。

ブレンのオチもさることながら、仁良は捕まった後までもクズですね。

さて、いよいよ最終章突入です。
最後の最後までトップギアで共に走りたいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3077-57382ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。