日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』第12話「絆」  

感想が周回遅れになってしまいましたね。

サクッと書きます。
それでは、今回の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。



待望の新シリーズ、遂に開幕。

法剣を巡り、それぞれの想いが交錯する――。

今、新たなる戦いが始まる。

歴史的瞬間となる金色の輝きをその眼に焼き付けろ。



道外流牙、闇を照らす光となれ。
莉杏、決断を乗り越えろ。

黄金騎士ガロ翔、全ての陰我を断ち斬れ。
時代に輝け! 今こそ吹き荒れろ! 金色の嵐!!


原作・総監督 雨宮慶太
牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔





ガルドの危機で、気が気じゃないところでした。
しかし、流牙が必ず助けに来てくれるという想いから、視ているうちに安心していった回でした。
これぞ特撮ヒーロー作品だよなあと。

以前から触れていたガルドの心情の変化が早速見られたのは良かったです。
これで、今後は共闘にも期待できますね。

流牙と利杏、ジンガとアミリ、双方が再びの対峙ということで、あの回を思い返しますね
(■『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』第7話「術」 参照)。

今回もアクションが凄まじかったですね。
剣戟の迫力が芸術的ですらあります。
お互いの鞘を活かした立ち回りもまた然り。

後半で敢えてアミリを絡まなかったアクションはあの頃とまた違った味がありました。

ガルドとハルナの再会も素直に嬉しかったところです。

今回は短めに、サクっと。
さて、いよいよ折り返しの後半です。
オープニングやエンディングにも期待が高まりますね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3076-bda3d5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。