日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結論から申し上げます。
最高の最終回でした。

それでは、最後の感想を。
以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。



やっぱり水仙組の客分は佐野くんでしたね。
これ自体が佐野くんの罠で、より厳密には谷川課長が潜入させた形、つまりはバクちゃんが仕込んだ罠です。
そのことに佐野くんも気付きました。さあ、ここからが佐野くんターイム。

うん、狂人だわ。完全なるマジキチ。

普段の佐野くんとのギャップが凄まじいですね。
泣きながら人を殺す奴より、笑いながら人を殺す奴の方が怖かったりしますよね。
勝地さん、このクレイジー感全開のお芝居が素晴らしいですよね。

当然、佐野くんだけが今回の主軸にはならないと思っていました。
出番と魅せ場は多すぎず、少なすぎずで、良い塩梅だったと思います。
数々のチェッカーズネタもさることながら、今回の翔さんのツッコミがまた最高。「東京ボンバーズのヨーコか」って。
これ、バクちゃんと佐野くんには世代的に通じないですよね。そこがまた巧いわー。



最終回でシリアス一辺倒になりそうなところをいつものテイストで描ききってくれましたね。
開始早々に、冒頭でまさかのバクちゃんから「冷静と情熱のあいだ」ネタが出たのは爆笑。
今まで延々と続いてきたお約束の田中哲司さんの奥さんネタも健在。今回も外しませんでしたねー。鉄板よね。

クライマックスの消化と昇華は勿論のこと、私的に嬉しかったのはそれぞれの出番がちゃんとあったこと。
この限られた時間の中で、室長も剣くんも、水原さんも、佐野くんも、谷川課長も、実に良い味出してくれたなあと。
章子先生がバーに言って佐野くんに助言したシーンも気に入っているところです。
さくらちゃんの出番もニヤリでしたね。なるほどねー。


バクちゃんと橘勲の結末については、いえ、彼女たちの「これから」については大満足です。
感動と号泣の最終回でした。希望の輝きに満ちた眩しい最終回になったのが嬉しいです。

長い呪縛の三年間は、遂に終わりました。

「バクちゃんを足抜けさせる」為にとことん向き合ってきた翔さんの存在も大きいですね。

やっぱりバクちゃんと翔さんは最高のコンビです。
今回の前半の時点で、既にバクちゃんの表情は変わっているんですよね。
それは橘勲もまた然り。

橘勲を本当の意味で救い、「ヤクザじゃない他の道」を歩かせたバクちゃん。
彼女自身もまた「日の当たる道」を歩み始めました。最高の笑顔で。

「貴方の足抜け、お引き受けいたします」
橘と向き合う時の表情に唸らされました。
もう、バクちゃんはまるで聖母か菩薩のようなたおやかな顔なんですよね。

やっぱりバクちゃんは大島優子ちゃんで良かったです。
最初からそう思っていましたが、最終回で最も強くそれを痛感しました。
バクちゃんは優子ちゃん以外考えられません。

橘勲も遠藤憲一さんで良かったとつくづく思います。
橘が「親子の絆」を誰よりも大切にするという粋な一面が見えてきた時から余計にそう感じていましたね。
遠藤さんの「優しい父親の顔」がとても好きです。

「麦ってのはな、人に踏まれて強く大きくなるんだ」
その言葉と想いがこんな形で結実するなんて。
最終回で麦踏神社って、この展開が実にニクイですね。



「親殺し」に三年間を費やしてきたバクちゃんが、戸籍や血の繋がりを越えて親を認め、生まれ変わった最終回。
家を捨てた彼女が家に帰り、そこからまた足抜けコールで奮闘する日々。
ヤクザと、ヤクザに関わった人を助ける為に。

生まれ変わったバクちゃんの新たなる戦いです。
きっと、もっと、ずっと、バクちゃんは今まで以上に熱く戦ってくれることでしょう。

第壱話から今まで視てきて良かったです。大満足のドラマでした。何度視ても泣けます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3046-db42370f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。