日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凄まじい展開ですね。
第1話から今まで欠かさず視てきて本当に良かったと痛感しています。感想はちょいちょいアレでしたけれどねー。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。





今回でようやく「12年前のあの事件」の真実がわかりましたね。

視聴者なら誰もが途中でわかったでしょうけれど、やっぱり仁良さんでしたね。
自分が確信したのは、リストを持って現場に行って早々にハートが現れた時です。
どこで気付いたか、確信したか、それは人それぞれだと思います。みなさんはいかがでしょうか。

飯田基祐さんがレギュラーで仁良さん役なのも、心の底から納得というものですよね。

当初は飯田さんがチョイ役ってことはないだろうし……と思いながら視ていて、ものすごーく厭味な役。
なるほど、そうやってネチネチいびる役なのねえと思っていたら、真影の一件が明らかに。

これで完全に味方サイドに。だって元々警察だもんね。



と思わせておいて、これ。

巧いなあ、もう。

そもそも、最初から警察としてクズだった訳ですね。いや、本当にクズだわ。

時にネチネチ厭味役、時におもしろ役、その実態はこういうことだったとはね。
恐らく最初から三条さん&長谷川さんコンビはそうするつもりで考えておられたのでしょうね。
繰り返しになりますが、飯田さんというキャスティングも正に納得です。

個人的には、仁良さんが改心した時点で済ませておいても良かったようにも思います。
でも、「その後に真実が控えていた」というこの構造がまたニクイなあ。
この魅せ方は好きですね。



進ノ介くんとハートが背中合わせで変身するシーン、その後のチェイスの言葉も気に入ってます。
颯爽と現れてピンチを救っておいて「いちいち礼などいらん、泊進ノ介」って格好良すぎ。

ハートとブレンの超進化の可能性については前回も触れましたが、早速超進化とは。
最後の最後ま証拠隠滅を図り、ある意味で「人間を捨てる」ことさえも厭わず己の保身だけ考えた愚劣な男。
そんな仁良さんこそブレンを超進化させるに相応しい相手だろうなあと。
真相を知ってから、そう思っていたら……早速でしたねえ。
超進化する時の松島くんと飯田さんのお芝居がツボすぎ。

「約束の数」についてもわかってきたところですね。
108体の中から選ばれし者、つまり「超進化したロイミュードの数」と見て間違いないでしょう。

それにしても、今回の解決編は魅せ方が巧いですね。
画作りから回想、本願寺課長の出番も含めて、とても気に入っているところです。

仮面ライダードライブタイプトライドロンの大活躍については満足です。
「タイヤカキマゼール!!」からのピーポーセーバー&コウジゲンバーが格好良い!!
トレーラー砲の必殺の一撃でタイプトライドロンが解除される設定もツボなんですよね。
シフトトライドロンを装填するからちゃんと解除ってのが良いです。
久々の巨大戦も堪能できましたし、どのパートも見応え充分でした。
麻里子さんのおもしろ感も良し。



ハートの超進化はいつになるのでしょうね。
相手が進ノ介くんなので、そう遠くない気もしますが。
そして、ハートが超進化すれば、その「強くなった彼」に対する更なる想いでメディックも超進化?
そんな流れかなと思ったり。乙女は強い男に惹かれますからね。って、安直かな。

次回予告も気になる要素満載ですね。
仁良さんは世論を味方に付けて仮面ライダーを悪だと思わせるのかな。
今までの真影のように、真実を捻じ曲げて。
ブレンが能見として記者会見に出て、仮面ライダーを「敵なのです!」と言うところが歯痒いですねえ。

で、仁良さんのあの台詞がまた。長嶋茂雄さん?

さて、次回は残念ながらゴルフロイミュードの影響でお休みのようです。

剛くんと蛮野博士も気になりますね。
劇場版も楽しみですし、微塵も息切れせずエンジン全開トップギアの展開が続きっぱなしなのが良いですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3034-2fe3fad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。