日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』44 純情なる男と女  

「ハレ婚。曜日のうちに感想を書く」というトップギアの方が良いのかなと最近思ったりしてます。
勿論、マイペースで続けますけれどね。

読者の方には説明不要のハレ婚。カウントダウンも初めてますよー。
いよいよ目前ですね。企画も考えています。
冒頭の書き出しの抜本的構造改革も、その時期にできたらと思ってます。

はい。それでは、今回の感想を。

本作の作品名『ハレ婚。』です。
『。』が付きます。


まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、フクザツ夫婦生活に紆余曲折あり、Uターンあり?



そこで気付いた答え。



この漫画って、そゆこと♪




待望のコミックス第3巻、大絶賛発売中!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!



つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

笑顔は、いつも、心を晴れにする――。

44
純情なる男と女



いやはや、まさかここまで見事に描ききってみせるだなんて……。
脱帽です。やられました。

家出編のクライマックスとして最高の形でした。

この想いが自分の中で最も強く、大きいですね。

小春ちゃんと龍ちゃんの今回の場面は、この名場面はもう一生忘れません。

直子ママとの母と娘の時間も実に良い味わいでした。
久々に直子ママの出番があったのも嬉しいですし、餃子つまみながら晩酌ってのがまた良いね。
何気に直子ママの呑みっぷりって好きだったりします。

夜が明けて、次の日。
敢えて台詞も擬音も一切排除した演出がとても好きなところです。

小春ちゃん、おかえり。



今回も小春ちゃんのツッコミが最高でした。

純情男子は
ハレ婚しねーよ


コミカルでありながら、コアを突いている一撃がお見事。
初期のネギチョップを思わせるこのノリと勢いが良いですねー。
やっぱり、こっちの小春ちゃんは良い味出してくれるわあ。

龍ちゃんもまたオイシイ場面がありましたね。

なに泣いてんの!?

大津市長かよ。

ここはツッコミ入れたいところですよねー。

沢山泣いて、笑って、小春ちゃんも吹っ切れた感がありますね。
『女の顔』を見た今回の家出編。最高でした。
続く『嫁の顔』もまた楽しみなところですね。勿論、ドタバタ伊達家夫婦生活も。

個人的には龍ちゃんも初期から一貫して好きな人なので、ひとつ。

僕は
自分のモノを
命がけで守る

キミ達の一生が
幸せであるように
最大限努める

その
覚悟が
僕にはある


(■『ハレ婚。』08 身も蓋もない女 参照)

この歴史的名台詞がある限り、私が龍ちゃんを本当の意味で嫌いになることはないでしょう。

そして、今回でも痛感できるように、彼の一途な想いは並大抵のものじゃありません。
「12年間も片想い」という彼こそ、「男性らしい」男よりずっと素敵な「男らしい」男です。
「旦那らしい」男です。

真の主人公は龍ちゃんじゃないかと思うことも、実は初期から結構あったりします。
この芯の強さと信念って、実はだいさんがモデルなんじゃないかと思っていたりも。

小春ちゃんが戻ってきて、新担当さんと四人五脚の新展開。心から期待しています。



〇ハレ婚。トーク 1

今回のツイッターPR文
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 6月8日
【最終回? 違う、そうじゃない】少子高齢化社会で話題沸騰中!
NON先生( @non620126 )の『 #ハレ婚。 』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
【Start “Our” Engine!!】#44 純情なる男と女【ここから始まる恋もある】6/8発売の本誌は必見!!


以前も触れたように、毎週のこれの置き場は暫くここで良いかなと。

〇ハレ婚。トーク 2

今回のハレ婚。ツイート
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 6月8日
「20代の若造には逆立ちしたって書けない本当のラヴソング」の名曲こそValentine D.C.の『初恋』だと思うが、伊達龍之介は20代にしてそれを体現してしまい、その境地に伊達じゃなくリアルに立っているのが凄いと痛感。 #ハレ婚。


たまには真面目なツイートもしているのです。
帰宅して晩酌ってばかりじゃないのです(おい)。

〇ハレ婚。トーク 3

と言う訳で、これに触れない訳にはいかないでしょう。
これこそ龍ちゃんにピッタリだと思うなあ。

BGM&Inspired by...

Valentine D.C.
『初恋』(恋愛三部作第一弾)
『LOVE HURTS』(恋愛三部作第二弾)
『オアシス』(恋愛三部作第三弾)

ちなみに『初恋』のビデオクリップのロケ地はKen-ichiさんの母校である小学校です。
歌詞もリアルな実体験が元になっていますが、こういう拘りも含めて素晴らしい名作です。

龍ちゃんって平成2年2月2日生まれで、その引力にもニヤリとしました。



コミックスのこととか、カウントダウンのこととか、『ハレ婚。』について書きたいことだらけです。
時間の使い方が下手な自分を改善して、今後も沢山書きたいです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3031-fed0c774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。