日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一週間が早すぎる……。もうヤンジャン発売ですか……。愕然とするなあ。

と言う訳で、またしても周回遅れ寸前になりましたね。
勿論、ドラマは毎回最新話放送時に視てますけれどね。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。





バクちゃんにとっては「自分を苦しめる」ことであり、本作は「親殺し」に向かう為の物語でもあります。
水田にとっても「親殺し」になる展開かもしれないと、その辺りも着目しています。


前回の感想でそう書きました。正にそういう展開になりましたね。

橘の変化、それを見て接し続ける水田、そこに唆せてくる鷲頭。
「盃の絆より、血の絆」という言葉が端的に言い得ていますね。
そして、何よりも水田自身が橘から離れる意思を明確にしましたね。
そりゃそうなるよなあとも思うのですが、どちらに転んでも鷲頭にとっては美味しい訳ですね。
自分のポジションを保持していられるうちは。



冒頭の「親殺し」に加え、今回の対比がまた実に巧いです。
つくづく巧いなあと唸らされております。

「親殺し」に向かうバクちゃんに対して、その橘は息子を救おうとしています。
そして、バクちゃんが関わった今回の登場人物にはやられたなあと。なるほどそう来たかと。

バクちゃんたち警察と同じく、「カタギの人々を守るカタギの仕事」であるはずの『弁護士』をこのように描くとは。
しかも畠山智晶弁護士を演じるのは、あの柴吹淳さんですもんね。正に見事なハマり役です。
宝塚のトップスターだった女優さんですし、美しく知的なルックスも女弁護士役にマッチしてますね。
そして、「子を持つ親」という点からも、大人の女性として良いキャスティングです。

娘がシャブをやっていることを知られ、貴船組から脅されている現実。
それを自白させて、麦蒔の仮釈放と偽装離脱を阻止しようとするバクちゃん。

それぞれがそれぞれの思惑と手口で、二点三転していくドラマが圧巻です。
今回の構成はいつもと違った味わいもあり、非常に良かったです。



実の娘を捨ててまで「弁護士である自分」を守ろうとした彼女。
彼女が警察に助け出されてからは、彼女すら利用して悲劇のヒロインとして大逆転してみせた彼女。

バクちゃんの歯痒さもさることながら、水田のそれも伝わってくるところで、つくづく巧いですね。
どこまでもとことん汚く卑劣な女弁護士を見事なまでに柴吹さんが演じられていて、堪りません。

女弁護士であり、そして子を持つ親という点までもがどこまでも活きていますしね。
それこそ本作のコアにある最重要な要素の一つであり、根源ですしね。

畠山弁護士が子供について口にした時――。
バクちゃんは激昂しました。絶叫しました。

終盤のバクちゃんのあの場面に圧倒されました。鬼気迫るものがありましたね。
そして、そんな彼女を受け止める翔さんが泣けました。

「麦秋!!」

彼女を受け止め、抱きしめる翔さんが格好良すぎます。
やっぱり、バクちゃんのバディは翔さん。翔さん、大好きです。



今回はコミカルパートが少なめでした。毎回この辺りの匙加減も絶妙で良いですね。
あまりやりすぎるとくどいですし、皆無なのも殺伐としちゃいますからね。
剣くんの「新幹線♪ 新幹線♪」がツボでした。その後の室長の「やっぱり車で」も含めて。
室長と言えば、今回の田中さんも巧すぎましたね。「僕、室長なんだよ」の場面はド琴線直撃。



次回予告がとんでもないことになっていますね。
いよいよ、「仁義なき戦い」ですか。

翔さんが橘に倒され、バクちゃんが翔さんの名前を叫ぶ場面が強烈に焼き付いています。
橘が暴力を振るった訳ですから、順当に見れば、これで橘本人の逮捕は確定ですよね。
さて、どうなるのか。放送が楽しみです。心して向き合いたいところです……。

ここで書きそびれていたことをひとつ。
水田が呼んだあの凄腕の客分、ずっと顔が気になっているんですよね。
これは橘麦蒔についてもまた然り。
ここまで来て未だに二人の顔が見えないのは、作劇上の理由があるだろうと見ています。

家を出る時間が迫ってきたので、今回はこの辺で。
帰りに麩菓子も買って帰りまーす。
勿論、帰宅したら直後に最新話を視聴です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3017-b267afb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。