日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『残響』第二話 トカレフ  

本誌を定期購読するというお楽しみがまた一つ増えています。

それでは、感想を。

5/8発売の『ビッグコミックスペリオール』で新連載開始。

本誌公式サイトで、試し読みもできる特設ページ開設!

超実力派作家がこの世に放つ弾丸。
この音からあなたは何を感じるか。
今、放たれた。解き放たれた。



間違いない。髙橋ツトムは、本気だ。


presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

残響



舞台は工場町。ある夏の出来事です。
無気力な少年と、ある人物。
そこから人生が変わり始めます。

文字通り「引き金」となる出来事がここにあります。

今までの先生の作品をご覧になってきた方は勿論のこと、初めての方もこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。
本誌公式サイトに特設ページが開設されており、試し読みもできます。
胸を撃つ強い衝撃があるはずです。

それでは、これより先は具体的に今回の内容に触れた感想を……。
本誌未読の方は以下にご注意くださいませ。




第一話もそうでしたが、今回もテンポ良く進みますね。

智は、瀬川さんの遺言を受けて、まずは一人目の香典を……。
森田克彦の遺族に香典を持って行けとのことで、堂錠会へ。

早速、ヤクザの事務所で、登場人物も続々と。
連載開始当初ならではのこのワクワク感が何とも言えませんね。

「まつ毛」ちゃんについては、初登場の1コマからも何か違和感があったのですが……なるほど。

いきなりやられて、傷だらけになり、更に閉じ込められるハードな展開が堪えますね。
まつ毛ちゃんこと大悟が味方してくれるのだけが唯一の救いですね。

瀬川のじいさんとの約束を胸に、大悟の前で断言してみせた智が強烈に印象深いところです。

まずは倉持を倒すことですね。
そう、つまり、倉持を撃つということ。

智の代わりに、外出できる大悟がトカレフを手に入れてくれました。
これは重要なアクションですね。これで大悟も無関係ではなくなった訳ですから。

「他人を撃ち殺したことで自由を手にした少年」が、
「他人に殺されそうになり閉じ込められる少年」に。


このアイロニーが実に秀逸です。

同時に、「決断という名の引き金、覚悟という名の弾丸」さえあれば、一気に形勢逆転できる。
クズの人生を変えられる。

本作に込められたこの弾丸の威力を心して味わって生きたいですね。

まともな人間にする為に命を懸けてくれたじいさんとの約束が響きます。

智が一気に血塗れの修羅の世界に足を踏み入れていく展開で、強い読み応えがあります。

余談ですが、智の名字がずっと気になっていたものの、あっさりわかりましたね。
本誌公式サイトにはっきり表示されているように、『武井智』ですね。

先生は、想いのままに描きたいように描いていくとのことなので、嬉しい限り。
こちらもとことん堪能していきます。次号発売日が待ち遠しいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/3004-b6360eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。