日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』42 ふかす男  

またしても遅くなっちゃいましたね。無論、本誌は発売日のハレ婚。曜日に欠かさず購読しています。
ひとつ言い訳をしますと、ブログでうちの『ハレ婚。』記事の設定をリニューアルしたのも時間を要した理由です。
勿論、全部です。今までの73件全部をこっそりと。

さて、ここで『ハレ婚。』クイズ。どこかおわかりでしょうか?

と言う訳で、今まで毎週愛読してきて、記事数も溜まりましたね。
これについては思うところがあるので、その時が来たらまた触れます。今年中には間違いないです。
うちは感想以外の私的な小ネタも沢山ありますけれどね。

昼間から『仮面ライダードライブ』第32話を視て号泣、頭が真っ白になったというのも遅れた理由ってのは秘密で。



それでは、今回の感想を。

本作の作品名『ハレ婚。』です。
『。』が付きます。


まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、フクザツ夫婦生活に紆余曲折あり、Uターンあり?

そこで出逢ったのはなんと……?

これって、どゆこと?

境界線を越える瞬間……!?



この漫画って、そゆこと♪




待望のコミックス第3巻、大絶賛発売中!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!



つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

飲むのはコーヒー。
吸うのは煙草。

飲むのはコーヒー。
吸うのは魂!?

これって、どゆこと?


42
ふかす男





魔 皇 ゾ ー ン 突 入。

と言う訳で、真打ち登場です。
冒頭からやらかしてくれちゃってます。
この流れなら期待しちゃうなあ……と、前回のヒキからもワクワクしていた訳ですが、扉ページもやっぱり……!

魔 王 降 臨。

前回のヒキもさることながら、今回の冒頭ド頭1コマ目がまた。
これもジョジョっぽいなあと思わずニヤニヤしちゃいました。
ヘンタイ龍ちゃん、ブチャラティっぽくて良し。
武ちゃんも噴上裕也チックで良し。



■新展開のあらすじ

小春ちゃんが伊達家から出て、失意の中で再会したのが高校時代の同級生・武田くん。
翌朝、武ちゃんは『COFFEE&PUB ルパン』に……。
掃き掃除の為に、外に出た小春ちゃん。
笑いあり、照れもあり、再会から始まるドキドキ展開。

その不在の隙に……。


宣 戦 夫 告。

これだよ。来たよー! 魔王様ー!
この展開が巧すぎますよね。もうニヤニヤが止まりません。

もう、前回の神がかったヒキと今回の冒頭だけでも彼のその強烈な存在感が活きてます。
小春ちゃん、うららちゃん、武ちゃんと違う点。

そうです。
彼は全く空気を読まない男。

「だが それがいい」です。龍ちゃん最高だわ。



小春ちゃんが外の掃き掃除に行った途端、我らが魔王DSRのターン。これ最高ですよね。

ここで重要なのは、武ちゃんも小春ちゃんがハレ婚したことを知ったものの、「相手が誰かは知らない」ということです。
当然、そのまま今回のドラマも進みます。これが秀逸なんですよね。

武ちゃんもまた「読者視点」に近い価値観、思考であることは以前から触れた通りです。
つまり、ニュートラル。これについては、うららちゃんにも通じるところですね。

その上で、彼は満を持して登場してくれた「読者視点に近い」です。これが極めて重要ですよね。
魔王DSRに続く、「第二の男」とも言える訳で、そんな彼がそういう男なのは必然でしょう。
うららちゃんは女の子、その次に武ちゃんって巧いなあ。もうたまんない! NON先生、天才。

武ちゃんだけ置いてきぼり状態。

そう、武ちゃんだけが知らないまま、当たり前のように進むってのが今回のポイントですよね。
読者旦那のことは知っているどころかお馴染みなのに、武ちゃん「だけ」置いてきぼりってのがね。

うん、そりゃそういうリアクションにもなるよな>龍ちゃん。
8ページ目の1コマ目が最高。
この龍ちゃんの表情がたまんない。龍ちゃんのこの表情! 笑いを堪えるプルプル感!
NON先生、最高。

このコマ、何回読み返しても最高。もう大好きでたまんないのです。

そして、それを横から見つめる武ちゃんの表情がもう。この1コマ、神がかってるわ。
当たり前ですが、武ちゃんの眼が笑ってないですし、表情もかなりマジにムッとしていて最高。

同時に、うららちゃんのコマも良い味出しているんですよね。さりげないところで巧すぎます。

今回は特にNON先生らしいコミカル感とシリアス顔のバランスが絶妙に活かしあった回だなと。



今回は二つ気になっていたことがありました。
一つ目は言うまでもなくドSモード龍ちゃんの攻撃。
二つ目は武ちゃんの下の名前です。何気に気になって楽しみだったんですよねー。
また名前を尋ねる時の龍ちゃんがもう。この人は全くもう。このフレーズに爆笑。

「武田恒星」と自ら名乗って、これで「読者も知った」という流れに。

気になっていた理由の一つがね、「コーヘー」だったらどうしましょって(どうにもできない訳ですが)。
「たけだこうへい」くんだったらそのまま仮面ライダーですからね。
と言う訳で、たったの一文字違いにして良い音繋がりで、どちらにしても私はバンザイです。
私的にこのニヤリ感が堪らないところです。

同時に、字を眼にして瞬時に龍星くんが浮かんだのもお約束(デリシン参照)。
『龍』繋がりで『星』繋がりって、今から思えば物凄いニヤリネーミングですね。やっぱ先生、天才だわ。



魔王降臨、ドSモードのギアでtype DSRの堪らない展開。
龍ちゃんはいつでも、どこでも、全く変わずマイペースです。これが良いのですよね。
その男に対して、翻弄されるのが武ちゃんというのが見事なギアの噛み合い!

武ちゃんは「俺のターン」とばかりにあの顔(ちょっと慶次っぽいのがまた良いよね)、余裕の発言。
当然、龍ちゃんにはビクともしないし、うららちゃんが吹きそうにもなるよねー。

と言う訳で、魔王のジョーカー炸裂です。

正に魔王ならぬ死神の一言。



僕はね

幸せにして
あげたいんだ

小春ちゃんって
バカだから
すぐ騙されるけど

傍にいれば
守って
あげられる

でしょ・・?

だから
結婚してんだ
よね―――




え・・?



言えよ

吸血鬼、覚醒。

前回のヒキも神がかって大好きです。早速、今回でも先生の必殺技が!

この見開きが堪らなく好きです。

龍ちゃんのこの眼が。この眼がもう……!!

相手が咥えている煙草も見事に演出に活かしているところも含めて、大好きな流れです。
取り上げて、逆さにして、吸い口を自分の方に向けて、そして自分の口へ。
この演出、単純に見た目のインパクトとしては勿論、暗喩としても巧すぎますよね。
小春ちゃんは自分のもの、小春ちゃんの唇は自分のものだということですからね。

その上で、更に灰を落とされるというオチまであるのが秀逸。本当、先生巧すぎるわ。
キスから「アツい」って流れだもんね。
真面目に言うと、ここで小春ちゃんが割り込んで「灰が落ちた」のも象徴的な表現ですよね。

ここまでの一連の流れ、とにかく武ちゃんが活きてます。お見事です。
ここは自分のターンだと思っていた武ちゃんが繰り出すカードが全部パーだった展開。
読者もわかっていて、知らなかったのは武ちゃんだけ。
それがとことん活かされた構成&攻勢&恒星という見事なコンボでしたね。

武ちゃんはニュートラルで読者視点に近く、これこそが龍ちゃんとの大きな違いですね。
龍ちゃんは龍ちゃんで、アレがニュートラルなんですけれどね(そこが凄いですが)。
「ヤレる・・・・」にしてもそうですが、武ちゃんに共感を覚える読者って凄く多いと思うのです。特に男性。
台詞や言動の一つ一つがいちいちツボだし、「ああ、わかるわあー」「だよねえ」って頷いちゃうはず。

初登場時からずっとそう感じてますが、特に今回なんてもうね。
そんな名フレーズのオンパレードですから。でしょ♪

なんっ・・・・だ コイツ

気色悪ィ―――
――――――!!!


コイツ
さては

前園のストーカー
だな・・!


キモチ悪ィ・・
こーゆうヤツに限って
顔が良かったり
するんだ・・・・

女は好きだ
こーゆうの

気に

喰わねェ


でしょ。わかるでしょ。
「めっちゃ共感するわー」「俺、武田となら美味い酒が飲める」って男性読者の方々が全国で急増のはず。

本当、NON先生の血の通ったキャラクターは人間臭くて大好き! これだよねー!
武ちゃんについては、手塚さんのテイストも大きいだろうと思っていたりもします。
手塚さんは作画サポートのみならず、原作、構成から共作されていますからね。
デリシン時代からツボでした。だいさん、本作でも期待してます。
ミチルちゃん初登場時、客のあの台詞とか巧すぎだよね。

個人的には武ちゃんも大好きで、期待が高まる一方です。
「スベる男」なのがまた大きな魅力なんですよね。



かくして嫁と旦那の再会になりました。

魔王に魂を吸われた武ちゃんから、嫁さんの出番へ。

遂に我らが嫁さん3号・小春ちゃんのターンです。
しかも『今』は「ハレ婚する前」ではなく、「ハレ婚して、旦那と複数の嫁との生活を経た後」です。

彼女は、ハレ婚制度は否定もしないし、あっても良いと思うというスタンスです。
問題はそこじゃありません。
制度そのものではありません。
ここが一部の読者の的外れな勘違いと決定的に異なる点でしょう。
制度が現実に成立するかどうかとか、そんな次元の話じゃないのです。前提が違うのです。
彼女こそ「ハレ婚を実際に体験した人」なんですから。

そんな小春ちゃんにシンクロして想像を膨らませたり、「自分だったら……」と置き換えて読んでみたり。
それもまた『ハレ婚。』ならではの楽しみであり、大きな醍醐味だと思います。

次回も楽しみです。間違いなく、私は燃え上がると断言しておきます。
『今』漫画シーンで最もラジカルなNON先生の「熱い」展開が控えています。



〇ハレ婚。トーク 1

今回はちょっと構成を変えてみました。
加えて、龍ちゃんについて思うところがあるので、別に分けてここで触れます。

僕はね

幸せにして
あげたいんだ

小春ちゃんって
バカだから
すぐ騙されるけど

傍にいれば
守って
あげられる


これは名台詞ですね。
彼の純粋な想いと同時に、そもそも『結婚』とはどういうことなのかを端的に言い表しています。

その上で、次の場面が重要なんですよね。

バカ

小春ちゃんと顔を合わせた後のこの一言が響きました。
上述の台詞にも含まれています。
この点こそ龍ちゃんが話した通り、懸念するところ。

また、友達とは誰かという問いに対して、小春ちゃんの答えは言わずもがな。
つまり、もうこの時点で龍ちゃんは武ちゃんの内面を見抜いている訳ですよね。

以前にも書きましたが、龍ちゃんの『愛』だけは本物で、そこが堪らなく好きですね。
そして、「人を見る目は確か」だと思っています。

僕は
自分のモノを
命がけで守る

キミ達の一生が
幸せであるように
最大限努める

その
覚悟が
僕にはある


(■『ハレ婚。』08 身も蓋もない女 参照)

今回の言葉も、あの時の言葉と微塵も矛盾していません。一貫してます。
彼の『覚悟』は揺らぎません。本物です。
だからこそ、そんな「覚悟がない男」に彼が向き合って話しかけたのも必然ですね。
『旦那』として。

この構造がまた素晴らしいです。
一見、武ちゃんより龍ちゃんの方がずっとダメダメでチャラ男にも見えてしまう中(働かない男だし)、
武ちゃんの「男性らしい」作劇の後、龍ちゃんの「男らしい」名言の数々。
両者は似ているようで全く違います。
どちらが「旦那らしい」かという眼で視ると……。

つくづく、NON先生は凄いと思います。唸らされます。

〇ハレ婚。トーク 2

今回のツイッターPR文

【魔皇ゾーン突入?】少子高齢化の日本に会心の一撃!
『今』最もラジカルなアーティスト・NON先生( @non620126 )の最新作『 #ハレ婚。 』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
【惑う? 追う?】遂にぶつかるトライアングル。
【#42 ふかす男】本日5/25発売の本誌に掲載!!


今回この位置に持ってきたのは、本文冒頭と被っているからです。
それだけの理由でした。深い意味はありませんので、ご安心を。

PR文とか、キャッチフレーズ的なのって、毎回考えるだけで楽しいです。
ただ、それを冒頭から連発しすぎているきらいはあると自覚してますので、今後はどうしよっかなあと。
前々から触れてますが、感想本文までをもうちょっとスッキリさせようかなと考え中です。

〇ハレ婚。トーク 3

副業の時間が近付いているので、サクっと書き上げました。
そして『ヤメゴク』の感想がまた遅れると。うん、知ってた。

日曜から月曜辺りは心身を休めてリセットしやすいタイミングです。
だから、次週もハレ婚。パワーで元気に動きたいですねー。
ええ、次回こそ早めに感想書きたいです(結局、言いたいのはこれ)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2998-1d809b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。