日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二部にターンしてから、更にエンジン全開でとんでもない展開ですね。
これぞ正しくトップギアでしょう。毎週楽しみで仕方がありません。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。






進ノ介くんも、そして視聴者も、真影の正体を知りました。
その上で、相手が相手なだけに、易々と近付けないもどかしさが巧い味付けになってますね。

『時間』に介入する能力って、つくづく最後のボスに相応しいし、心底恐ろしいです。
『ジョジョの奇妙な冒険』が好きな自分としては、もう正に納得です。
真影の能力と一連の計画にしたって、正にそうですものね。
『記憶』を消去するということは、換言すれば「標的の時間、人生を丸ごと抉り取る」ことに他なりませんし。
しかも、その上で更に別の『記憶』に改竄して植え付けるというとんでもない能力です。

今回の作劇もその恐ろしさが見事なまでに巧く描かれていましたね。
父親の捜索を依頼する息子、その息子もまた記憶を改竄されて依頼したこと自体を覚えてないという展開。

何度も繰り返すようですし、今後も何度でも繰り返したいことですが、キャスティングが最高です。
あの堀内正美さんが真影だなんてもう嬉しくて嬉しくて堪りません。
歴史的名作『ウルトラマンネクサス』でも好きだったので尚の事。
今回は脚本の長谷川圭一さんとも「絆、ネクサス!」繋がりですしね。素晴らしい引力です。

ナンバリングの始まりである001に相応しい能力と、最高のキャスティングに大満足です。



視れば視るほど、知れば知るほど、つくづく巧い作劇だなあと唸らされます。
上述の『記憶』と『時間』という要素でここまでドラマを劇的に盛り上げてくれるとは。

真影が記憶を改竄して、警察の内部から侵略していったのに対し、正体を看破されたのも同じ『記憶』。
即ち、チェイスが記憶を取り戻したことに因ります。この皮肉もまた巧い味付けですよね。

そして、剛くんは正義の味方から一転して悪の手駒にされてしまうという皮肉。
ロイミュードの生みの親である蛮野博士の実の息子であり、誰よりもロイミュードを憎んでいた彼が……。
嫌っていて信じきれないチェイスが辿った道そのものというのがまた。
真影からの「お返し」もまた皮肉としてあまりに強烈ですね。

そんな中で、真影の能力が効かなかった唯一の男が泊英介さん。
そして、我らがヒーロー・泊進ノ介くんもまた無事でした。
これは単純に意志の強さなのか、他の理由もあるのか気になるところです。
前者だけじゃないと思うのですけれどね。

何よりも恐ろしいのは、真影はこれさえも自らの計画であろうという点です。
これが失敗ではなく、寧ろ自分の肥やしにして更なる超進化態になる為の鍵とは。

ベルトさんとの関係性も崩れてますし、この危機に対して気が気じゃないですね。
せめてもの救いは仮面ライダー1号であるチェイスが記憶を取り戻して味方になってくれたことですね。



敵側の狙いもいよいよ見えてきましたね。
超進化に必要な『感情』で己を満たすこと、そして「第二のグローバルフリーズ」を起こすこと。
自分たちは機械ではなく新たなる種だと考えるロイミュードの設定が実に活きた構成ですね。

フリーズロイミュードのデザインや能力も非常に好みです。
そのままズバリ「フリーズ」というのがニクイなあと。氷の結晶、吹雪などのエフェクトも良いですね。
ハートやブレンが人体の一部を思わせる名前とデザインなのに対して、こう来たかと。
『仮面ライダーV3』の「ユキオオカミ」を髣髴させるところもニクイですよねー。この仮面ライダーテイストが最高。

凄まじい展開で、最終回間近のような勢いですけれど、これでもまた第31話なんですよね。
この先まだまだ話数がありますし、どうなるのか読めないところが良いですね。
シングルナンバーがあと3体も残っていますしね。こちらも気になっています。

真影を倒して決着という訳ではなく、更にその先の展開もあるのではないかと思ったりも。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2994-ab5c3ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。