日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特撮ヒーロー作品を除けば、実写ドラマとして自分が『今』最も好きで見逃せない作品です。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。




今までにも書いてきましたが、つくづく脚本と作劇が巧いですね。テンポも実に良いですね。
特に今回は、今まで好きで視てきた人にとっても、初めて視た人にも本作のコアを叩き付けるに最良の回かと。

『足抜けコール』への依頼から始まり、バクちゃんが独自のえげつないやり方で解決するのは変わらずです。
しかし、今回はそれだけに留まりません。

その依頼人の家族とバクちゃん自身が過去に関わりがあったこと。
野口大輝と藤田も繋がりがあり、バクちゃんはそれら総てを巧みに利用して計画通りに動いたこと。

即ち、関東貴船組の橘勲を逮捕する為に。



薬物、闇金、振り込め詐欺、そして半グレなど、昨今の社会問題も巧く作劇に盛り込んでますね。
警察の実在の部署もさることながら、本作らしいリアルな魅せ方が良いですね。
『ギャングース』読者としても実に見応えがあります。警察側からの視点という面においても。



藤田については泣けましたね。
前回の感想では「足抜けできたにしても、翔さんが思うような綺麗な形にはならないだろうなと」なんて書きました。
ああ、失態……。

これも含めて泣けたし、唸らされたんですよね。

いつもバクちゃんは自分の計画通りに、その目的の為には手段を選ばないと言えるえげつないやり方です。
翔さんも室長も剣くんも佐野くんも、そして水原さんも、いつもバクちゃんのペースに乗せられます。

そんな中で、今回はいつもと違いました。



遂に逮捕状を持って関東貴船組組長のところに乗り込みです。
まるで最終回のような凄まじい展開です。

関東貴船組から移籍する前の藤田を抑えたことで、使用者責任で橘勲もお縄にかけられるところまで遂に来ました。
バクちゃんにとっては願ってもない絶好の機会です。待ち望んで追いかけてきた瞬間です。

確実に逮捕できる瞬間です。

そこでこの大どんでん返しとは。



翔さん、やってくれましたね。

橘勲を逮捕しない代わりに、藤田の離脱証明書を書かせるとは。

なるほど、ここで翔さんが切り返しとは……!!

翔さん、最高だ!!

第壱話で藤田を取り逃してしまった時に気付いて然るべきでしたね。恥ずかしいですね。
元々、翔さんと藤田は高校時代からの友達だった訳なんですね。

【誰にも頼るな。たった一人で苦しみながらやり直せ】
「あの女にそう言われたんかい。頼ったってええ。助けてもろてもかまへん」

「どうする? ここにおる奴みんな、お前を助けたい言うてるぞ」

「頼ったらええがな」



この名台詞に泣きました。

翔さん、最高に格好良い!!

翔さん大好き。

北村一輝さん最高!!



橘勲を逮捕できる状況で、あとは目の前の男に手錠をかけるだけ。
そんな状況で、翔さんは藤田を救ってみせました。

「あなたは私の計画を台無しにしました」

「人はなあ、将棋とかチェスの駒ちゃうんやで。何でも思い通りなると思うたら大間違いや」

目の前で橘を逮捕できなかったもどかしさ、そしてそこからのカタルシス!!
実に見事な作劇でしたね。

そう、今までと今回で決定的に異なるのが、これですよね。

翔さんが自分のやり方で藤田を足抜けさせたこと。大輝を救ったこと。



考え方が全く異なるバクちゃんと翔さん。

ともすれば非人道的とすら思えるほど徹底したやり方のバクちゃんと、それは違うと言う翔さん。
藤田と同じように子を持つ親でもある翔さんの『友情』が、人としての情が活かされた展開です。
翔さんがバクちゃんにどのように影響を与えていくか、バクちゃんがどのように感化されるか楽しみですね。

今回は回想でバクちゃんの過去が多く見られたのも良かったです。
あの時は「四年前」です。あの時のバクちゃんは、まだ笑顔でした。
お父さんが亡くなった「三年前」が気になりますね。
次回予告からして、更にそこに踏み込むようですし、楽しみやら視るのが怖いやらで、期待してます。

『麦踏神社』のお守りの件も実に良かったですね。
当然、『麦秋』の名とリンクしているのも意図されたものでしょうしね。

「麦ってね、踏まれて踏まれて強くなるんだって」
「ってことは、大輝くんは、あとは強くなるだけだね」

「ここからまた、大輝くんの人生が始まるんだよ」

大輝はバクちゃんを「裏切り者」と言いましたが、それは彼女からしてもそうですよね。
ここからまた始まるはずだった人生から、ヤクザの道に傾いて行ったのですから。


毎回楽しみなゲストは今回も素晴らしかったです。

手塚とおるさんご登場とはバンザイ!!

ロベルト志島来たあああああ!!

更に! あの菅田俊さんまで!!

仮面ライダーZX来たあああああ!!

なんという特撮者狙い撃ちキャスティング。
今回も、またしても仮面ライダーと怪人が揃ってるじゃん! 嬉しい限りです。



コミカル演出も毎回の楽しみですね。
こちらに着目しながら改めて視聴するのも楽しいです。
特に今回は多めに盛り込まれているように感じましたね。

「ああーッ! キック!!」

「なにキックしとんねん。俺ショッカーちゃうぞアホ」

シーンとしては真面目でバクちゃんの狙いもわかるのですが、この場面には大爆笑。
翔さん、つくづくツッコミが最高。以前の『極妻』ネタに続いて今回は直撃の『仮面ライダー』ネタとは。
優子ちゃんのライダーキックと北村さんのリアクションがもう堪りません。本当、この二人は良い味出してるわー。

真面目なのに笑えると言えば、バクちゃんと藤田とのアクションシーンもそうですよね。
優子ちゃんの見えそうになる時の「キラーン☆」や、北村さんが銃撃に怯えてきょどりまくるシーンとかもうね。
しかも今回はリーゼント頭のトサカにもろに直撃しかけましたからね。北村さん、お芝居巧すぎ。
佐野くんを見つめる遥ちゃんも良い味出してますね。これは「ほの字」入ってますねー。
この二人、つくづくお似合いの名コンビ(迷コンビ?)だと思いますね。

有留先生も相変わらず良い味出していますし、彼女の技術が活きる展開に結び付く締めがまた良し。
それも総てバクちゃんの掌の中ってのがまたねえ。
今まで散々言ってきましたが、つくづく山口紗弥加ちゃんは美人さんです。憧れますねー。
如月のブログは今後とも有留先生推しの方向です。

余談ですが、「マダラメ」とか「ダイキ」ってのはヤングジャンプ読者として過剰反応しちゃうニヤリポイントでしたねー。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2967-e250512f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。