日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髙橋ツトム先生の新連載『残響』第一話 引き金  

大好きな『ニ次元JUMPIN'』から間が空くことなく、すぐに新作が読めるなんて嬉しい限りです。
しかも今年は新連載が三本確定していますからね。お楽しみだらけですね。

本作の為に『ビッグコミックスペリオール』も定期購読開始です。

それでは、感想を。

5/8発売の『ビッグコミックスペリオール』で新連載開始。

超実力派作家がこの世に放つ弾丸。
この音からあなたは何を感じるか。
今、放たれた。解き放たれた。



間違いない。髙橋ツトムは、本気だ。


presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

残響



舞台は工場町。ある夏の出来事です。
無気力な少年と、ある人物。
そこから人生が変わり始めます。

文字通り「引き金」となる出来事がここにあります。

今までの先生の作品をご覧になってきた方は勿論のこと、初めての方もこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。
胸を撃つ強い衝撃があるはずです。

それでは、これより先は具体的に今回の内容に触れた感想を……。
本誌未読の方は以下にご注意くださいませ。




『残響』というタイトル、先生の予告カットから想像していたものとかけ離れてはいませんでした。
少年犯罪や刑務所などを喚起させられていたところでもありました。

主人公・智(さとる)と隣室のお爺さんとの会話から始まります。
お爺さんの名前は瀬川元治。元ヤクザで、今も鋭い目付きです。

智がこの老人と話して、人生が変わっていきます。
その「引き金」が今回の肝ですね。

先生のペンタッチ、独自の陰影など、本作ならではのトーンも非常に気に入っています。

淡々と進んでいきながらも、話の内容は極めて「異常」です。
無気力無関心で覇気のない現代の若者が、先生ならではのドラマで描かれていく様が堪りません。

少年の本質を見抜いた老人。
彼が少年に与えた『武器』。

社会を変える武器。
自分を変える武器。
他人を殺せる武器。

第一話から早速凄まじい掴みですね。一気に引き摺り込まれて、そのまま夢中で読了しました。
先生が仰っていたように、確かに「ダークな生き方」です。それも、とてつもなくドス黒い闇です。

「ダーク」の度合いで言えば、『ヒトヒトリフタリ』の久保光司の方がより強いです。
ただ、久保及び『ヒトヒトリフタリ』はスピリチュアルな要素も多かったのに対し、本作はひたすらリアルでドライ。
「どうにもならない現実。ただただ、流れすぎていく現実」というところが非常に強い読後感に作用していますね。

作画やドラマ構成については流石の一言で唸らされるのみですが、新鮮な要素も盛り沢山ですね。
絵柄を変えたいというのは日記でも仰っていた通りで、本作でもそれが見えてきますね。
久々となる形の擬音であったり、枠線も味があって良いですしね。
智がドサッとくず折れるコマの右上と左上に別のコマが掛かるのも近年でお馴染みですね。
これは『天間荘の三姉妹 スカイハイ』の頃からよく見られるようになりましたね。
先生ならではの筆の質感を活かしたベタに加え、トーンワークもまた然り。

余談ですが、『広能』という駅名は勿論『仁義なき戦い』から付けられたのでしょうね。

智が駅員さんに訊いた住所とは……。

堂錠会

智が向かったのは、ヤクザの事務所。
早速気になるヒキですね。続きが楽しみです。
淡々とテンポ良くサクサク進んで、そこで描かれることが上記を逸したことばかりという作りが巧いですね。

智自身について、まだ描かれていないこと、わかっていないことも沢山あります。
意図的にそういう作劇にされているでしょうから、それも含めて今後が楽しみですね。



これまでも「一線を踏み越えた人間」を描かれてきた先生が新たに描かれた『境界線の破壊』。

期待が高まらないはずがありません。
この現代社会にこの作品が撃ち込まれる意義、それはきっと強く大きいものになると感じてます。

以下、また余談です。

『ゴーストライター』放送時に『ニ次元JUMPIN'』連載、
『ヤメゴク』放送時に『残響』連載というところに、勝手にニヤリとしていたりします。

小学館の雑誌ということで気になっていたのですが、やっぱり台詞の末尾に「。」が付きますね。
小学館はこれを徹底してますねー。
私的には「文章」ではなく「台詞」なのだから、敢えて付けなくても良いのではと思う方です。
まあ、問題ないですけれどね。『ハレ婚。』的には「。」は大事なところですし。

さて、本誌は隔週金曜発売ということで、二週に一回のお楽しみですね。
定期購読で買い逃しの心配もないですし、手帳にもメモしています。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2962-ebcb001f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。