日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』40 助手席の女  

毎週毎週遅れがちなのもどうよと自分でも思っているので、今回は早めにサクっといきますよん。
このまま遅れてズルズル流れちゃうと、またギリギリになっちゃいそうですしね。
再読してテンションが高まったところでトップギアです。そのまま更新ですー。
あ、勿論アンケートの方は毎週速攻で済ませております。こちらも絶対に欠かしません。

今回の本誌は、昨年の本誌51号以来の『はる』繋がりとなりましたね
(■『ハレ婚。』20 許せない女 参照)。

それでは、今回の感想を。

本作の作品名『ハレ婚。』です。
『。』が付きます。


まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、フクザツ夫婦生活に紆余曲折あり、Uターンあり?

そこで出逢ったのはなんと……?

これって、どゆこと?

新たな三角関係!?

新展開! 夫婦生活とは別に〇〇〇……が!?




この漫画って、そゆこと♪




先生からも公式発表があった通り、ますます盛り上がっています。

待望のコミックス第3巻、大絶賛発売中!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!



つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ?@februaryxxxx ・ 5月11日
【touch?】『今』最もラジカルなアーティスト・NON先生( @non620126 )の最新作『 #ハレ婚。 』は
#ヤンマガ で大絶賛連載中!
【match?】新展開で更にギリギリの展開!?
【待った?】待ったなしの勝負?
【40 助手席の女】本日5/11発売の本誌に掲載!!

如月@『ハレ婚。』愛読 ?@februaryxxxx ・ 5月11日
【speedy? slowly?】『今』最もラジカルなアーティスト・NON先生( @non620126 )の最新作『 #ハレ婚。 』は
#ヤンマガ で大絶賛連載中!
【Start Your Engine!!】40 助手席の女
【最初からクライマックス?】本日5/11発売の本誌に掲載!


わかる人には一発でわかるネタを織り交ぜてみました。
前回の流れを汲む同じパターンですね。



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

妄想? もう……そう? 重妄想。
ハンドル掴んどる。その男、汗ばんどる?

もう、どうかしてるはずさ。

もう、同化シテルハズサ。

猛動化シテルハズサ。

ギアが入った。スラッガーが座ったー?

もう、ト・マ・ラ・ナ・イ……?


40
助手席の女




車、ハンドル、エンジンなどから、メカニカル寄りなフレーズも書きたくなっちゃいますね。
「大好きな今年の仮面ライダーに「乗っかりたい」だけだろ」って言われそうですが(それも正解だったりする)。

と言う訳で、ある意味で文字通り、武ちゃんのターンでもありますよね。
ここで『運転する男』の(『運転』という点に「男としての含意」も滲ませる辺り、流石はNON先生ですよね)。
ハンドルを握っているのは、つまりイニシアチブを握っているのは武ちゃん。

と言う訳で、だからこそ逆に焦るし、あの台詞なんですよね。

引きのばさねば
・・・・・・・・!!


駅前なんて
ものの5分で
着いちまう

話題だ!!

わかる! わかるよ、武ちゃん!!
「駅前なんてものの5分で」に痛いほど共感。
これ、実体験だったり。

そして『助手席の女』が小春ちゃん。

余談ですが、私的には『助手席の女』と言えば、タイムリーなところでは詩島霧子ちゃん=内田理央ちゃんも連想したり
(現在放送中の『仮面ライダードライブ』参照)。

そして、またしても、よくもまあってくらい冒頭と2ページ目&巻末の担当さんの一文がグッド!
つくづく本誌購読者として堪らない醍醐味の一つだとニヤリです。担当さん、グッジョブです。

またこれらに一文がそれぞれにいちいち巧くてニヤリなんだよねー。
そう、確かに。武ちゃん最初からクライマックスで、男性読者は共感MAXでしょう。



あたし
淋しいの・・・・




じゃねーよ! 武ちゃーん!
なーに重妄想してんのよー、あんたは。
どんだけ妄想が逞しすぎるのよ。
あんた、アキバレンジャーか。アキバレッドか。

いや、気持ちは痛いほどわかるけれど。

武ちゃん、やっぱ良い味出してるわあ。



あり得る・・・・!!

わかる。わかるよ! 武ちゃん!!

何気にお調子者っぽいってだけ「じゃない」のが重要なポイントですよね。

即ち、初めて龍ちゃん以外の男の視点と接点がダブルで来た新展開なんですから。
これは極めて重要ですよね。

加えて、どちらかと言うと龍ちゃんの(結婚観や恋愛観、一方では病的にすら見えるほどの絶対の自信と『覚悟』の)方が、
「世間一般(=北つばめ市の人々)からすれば異常であり、マイノリティー」
ですからね。

そう、武ちゃんの方が『ニュートラル』なんですよね。
龍ちゃんが『イノセント』なのって、こっちの方がアレなんですよね。
彼が「ハレ婚」条例を余裕で飲み込めて、尚且つそれを楽しめる『器』がある『希少種』だからこそですし。

つまり、今の展開とは、「読者視点に最も近い者同士」の対峙。
「ニュートラル(小春ちゃん)とニュートラル(武ちゃん)」とのドラマなんですよね。

誤解を招く表現を敢えて使えば、「この作品の設定とルールがいかに異常なのか」を改めておさらいできる展開。
読者にとっては『新展開』でも、小春ちゃんにとっては「こっちの方がずっと自然で居心地が良い」状態ですからね。

それは勿論事情を知った武ちゃんのリアクションもまた然り。

前園は
フツーだろ
別に

編なのは旦那と
他の嫁さんの方
じゃん


これ! これですよね!
そう! 『変』なのは「ハレ婚」夫婦の伊達家の方なんですよ。
いえ、読者としては魔王DSR率いるこのファミリーは全員大好きですし、
先生のこの設定を知ってから連載まで15ヶ月くらい楽しみにしていましたけれどね
(そして、やっぱり期待を遥かに超越する満足感なのは言わずもがな)。

「異常こそが本作の『当たり前』である」ということにすっかり慣れきった読者に先生からの会心の一撃!

「ねえ、『ハレ婚。』を本当にわかってる? 見てなさい、あたしの漫画はこれからが始まりよ」

先生のそんなテンションが誌面からありありと伝わってくるようではありませんか。

これぞ、真の意味での新展開!!



龍ちゃんに対してうららちゃん。
そして、次は『読者視点』として今もずっと変わらない小春ちゃんに武ちゃん。

つくづく、やられたあーと「嬉しい悔しさ」でニヤニヤが止まらない最高の展開!
これなんですよ! デリシン連載時もそうでしたが、NON先生の連載を追いかける楽しさって!
そして、本誌を毎週楽しみにしながら購読していく醍醐味って!

これだよね♪



冒頭から武ちゃん重妄想によるサービスカット、そして2人のコミカルなやり取りがもう堪りません!

……と思ったらまた渋い顔で重妄想してるし。この男はもう。
あんた、その顔、北条司先生キャラか。原哲夫先生チックにも見える渋い顔しおってからに、もう~。

って、おーい。そこで何気にナイス一句読んでみせるとは。

本っっっ当、武ちゃん好きだわあ♪

またその次の場面も良い味出してくれちゃってるんですよね。武ちゃん、良いぞ!!

俺は

なるぜ
・・・・!

「普通がわかる
やさしい男」に――!


そう! それだよ、武ちゃん!
海賊王じゃない。なるのは、そっちよね。武ちゃん良いぞ!
ここが「龍ちゃんとの最大の違い」ですよね。
だって、そもそも「龍ちゃんは最初から『普通』じゃない」ですし。

本作そのものにおいても『普通がわかるやさしい男』の登場は極めて重要です。

本当、つくづく先生の作劇はサブタイトルに使いたくなる名フレーズの宝庫! 素晴らしい!



自分の上着を貸してあげる武ちゃん。
デカいねと頬を赤らめる小春ちゃん。

あーんもう! めっちゃ良い場面!!

更に! この後の「停まっている車内」での2人のやり取りが良いのよ!!!

そうそう、これこれ!!

フリスクを手に取るところからの一連の流れが素晴らしすぎる!!
あったでしょ? 久々に再会した学生時代の異性と、こういうことって!!

前回に続いて早速、またしても「あるある」が来て、思わずトップギアです!!

ハッキリ言います。これ、全く同じ経験があります。そっくりそのまま同じ体験が。

前回に続いてまたしてもリアルハレ婚。体験。

本当、先生はスタンド使いで私の記憶を本にして読了されたんじゃないかってくらい巧すぎ。



小春ちゃんと武ちゃん、それぞれにお互いを読み合っちゃうところが何とも微笑ましいですね。
散々繰り返してくどいようですが、「このドキドキ感」も「龍ちゃん相手ではまた違うはず」ですもんね。

うららちゃん登場、伊達家で夕食お呼ばれって流れは、読者としては『客観視』ですよね。
勿論、「ああ、こういうことあるあるー」とか「あったあった」ってシンクロ感はありますが。

それに対して、こちらの方が「あるある」度は「より高い」と思うのですよね。



つくづく先生の作劇に唸らされっぱなしです。もう最高!!



さて、小春ちゃんと武ちゃんの「手が触れてドキドキ」という展開で、ますます楽しみですね。

一方の旦那はますます妖怪じみた能力を発揮してくれちゃってます。
あんた、ゲゲゲの鬼太郎かってくらい見事な妖気アンテナがもうね。
どんなナイスセンサーなんだよ。ふなつかずき先生の『モンスガ』に紹介したくなるよ。
DSRはやっぱり健在ですな。龍ちゃん、良いわ~♪
何気にヒキの最後のコマもサービスカットというのがニクイなあもう。

そして、担当さんの巻末の一文が巧すぎるのも触れておかなくてはならないポイント。



さて、今までとは違う矢印の向き方、向き合い方になってきましたね。
しかもそれぞれが近いタイミングで。

うららちゃんについて言えば、まさかの女子高生登場で、法的なことも読者に意識させる巧い展開。

小春ちゃんと武ちゃんの方もまた実に味わい深いです。
そう、即ち『ハレ婚。』で『離婚』という展開だって「あり得る」訳ですし。
そして、繰り返しになりますが、「武ちゃんも「ハレ婚」できる資格はある」訳ですからね。

小春ちゃんが「ハレ婚」して終わりじゃなく、それがスタートなのは読者もわかりきったことです。
ですが、「これから」がここまで濃密でドキドキの連発とは!
さながらシミュレーションゲームのようなワクワク感もありますよね。

『真・女神転生』で言うところの「ロウとカオスとニュートラル」で「どれを選ぶ?」みたいな面白さもありますし。
うん、伊達家は小春ちゃんにとって間違いなく「カオス」ですけれどねー。
しかも、始末が悪いことに龍ちゃんとゆずっぺは「ハレ婚」に対して思いっきりニュートラルですしね。
この点について言えば、以前に、まどかちゃんは小春ちゃんに近いかもって初期に書きました。
でも、全くちっともこれっっぽちも掠りもしない見事なキャラの描き分けですよね。
それは、うららちゃんや武ちゃんも含めて。

流石はNON先生の血の通った人間たち、そして新感覚ハートフル・ストーリーですね。

デリシンに続いて『性』と『生』の問題に真っ向から向き合い、尚且つ今までに無い新しいテイスト。
誰もが笑って楽しめて、その上で時折真面目に考えちゃう絶妙な奇跡的バランス!!


これですよね。

歴史的名作『デリバリーシンデレラ』を越える作品は絶対に世に出ないと私は確信していました。

万が一「デリシン越え」ができるとしたら、それはこの世でただ一人。

NON先生だけです。



そう、デリシンのマインドとアティテュードから外れないでそれができるのは、『ハレ婚。』だけです。



私の稚拙な感想文が力になれるとは思いませんが、気になる方は今からでも遅くありません。
コミックスや本誌で『ハレ婚。』に触れてみてください。絶対に損はさせません。
かつてない「面白い漫画」がそこにあるはずです。
『ハレ婚。』は、いつ、どこから読んでも楽しめます。
『ハレ婚。』と出逢うのに遅すぎるということはありません。
どのタイミングでもハレルヤ・バーニングラヴが保証されます(「とんでもない条例」で、とんでもない形ですが)。

あなたが読み始めた『今』から、あなたの『ハレ婚。』体験が始まります。
「とんでもない条例」で結ばれた奇妙な夫婦たちと、とびっきり可愛い乙女たちと、超絶イケメンが待ってます。


〇ハレ婚。トーク 1

書いているうちに燃えてきてギアが入って、こんな形の感想文になりました。
でも、これが私の偽らざるコアなので、これで良いです。

「だが それがいい」

これに尽きますね。

〇ハレ婚。トーク 2

コミックス単独記事の方にも時間を費やしたいところです。
そう思って頭の中であれこれ考えているだけで楽しくて仕方がないんですよね。
これも私の最高の『ハレ婚。』タイムです。

〇ハレ婚。トーク 3

今回も無音で書き上げました。
ってのは嘘ぴょーんのぱにゃにゃ~んです。

BGM&Inspired by...

乃木坂46
『制服のマネキン』
『世界で一番 孤独なLover』

〇ハレ婚。トーク 

以前から書こう書こうと思いつつ、ここまでズルズル来ましたけれど、武ちゃん男前よね。
って、それだけが言いたい訳じゃなくて、あの髭と帽子がまたツボなのよねー。
まるでふなつかずき先生チックなハンサムくんだなあと。そう思ったの私だけじゃないよね?
いえ、某市長はまた別にして、武ちゃん単体で見てもって話ですよん。

武ちゃん好きだわ~。
また愛すべきキャラが出てきてくれて、ますます楽しみです♪

それと、今回は作画面において、小春ちゃんの瞳や表情が微妙に変わった? って感触も。
あまり見せない表情やシチュエーションというのもあるかもしれませんが、これもまた味わい深かったです。

それでは、今回はこの辺で。
次号が楽しみで楽しみで仕方がないですー♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2954-a505289c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。