日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひゃー。感想が遅れに遅れちゃいましたね。なんという久々かと。
無論、毎週欠かさず視ていますけれどね。

番組開始当初に書いた通り、なるべく長文にならず、ツイッターみたいにサクっと私的メモのように書けたらと。
そんな軽い気持ちでしたが、それでもズルズル遅れるって我ながら何だかなと。

今後も書いたり書けなかったりになりそうですが、なるべく視たらすぐに書いちゃおうかなと再認識。

と言う訳で、みっともない発言はこの辺にして、感想を。
間が空いてしまった分、その時の展開も含めてあれこれ触れたいと思います。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。






えっと、まずは間が空いた分を振り返るってことで、ギアをバックに入れます。よっこいしょういち。

■仮面ライダーチェイサー

こちらについては当初から触れてきた通りの展開ですね。
もう嬉しくて仕方がないです。燃えますよねー。

かつて仮面ライダープロトドライブだったチェイスが正義に覚醒。
言わずもがなの上遠野くんですし。もう総てが文句なく最高としか言えません。

デザインがめちゃくちゃ格好良いですし、今井靖彦さんのアクションも大好きです。
今井さんのアバレキラーやデカブルーやマジイエローや仮面ライダーブラーボも大好きでしたし、嬉しい限り。
デカブルー時代の「さりげなく刑事らしい仕草」とかもう大好きでしたから。
ホルスターに手を添えながら走るシーンとかね。巧いなあって。
刑事ドラマとしても良質な本作でまた今井さんならではのカラーが堪能できればと期待していたら……!
魔進チェイサーから遂に仮面ライダーですからね。もう嬉しくて嬉しくて。

変身シーンもちゃんと魔進チェイサーを経由してから仮面ライダーチェイサーになるのが素晴らしい!
仮面ライダーBLACKを思い返してニヤリですよね。

武装チェイサーのクリーチャー側の味を活かした装備からガラっと変わった印象も堪りません。
シンゴウアックスも実に良いですね。「イッテイイヨ!」までの『赤信号』がツボすぎ。
りんなさん、相変わらずセンス最高ですね。

■ロイミュード001

チェイスは3人のうちに入っていないのはナンバーからも明白でした。
その上で、ハートが001ではなかったというのは、なるほどなと。
ブレンでもなく、そしてメディックでもなく、そのロイミュードは……!?

あの堀内正美さんがご出演!!

クレジットを眼にした瞬間、思わず声を上げて飛び上がりました!!
なんという堪らないキャスティング!! 特撮者感泣ですよね。
脚本の長谷川圭一さんと共に嬉しいウルトラ繋がりですし。
正に「絆、ネクサス!」です。

堀内さんの味が最高に活きる役所ですし、正に納得のキャスティングです。

これぞサプライズですよ。こんな幸せが控えていたとは……!

■明らかになる過去、消される過去。そして、侵されていく現在

前者は進ノ介くんのお父さんについて、色々と見えてきましたね。
彼の死がこういう形で影を落とし、『今』にも関わってくるとは。

課長も実は仮面ライダーの正体を知っていたんじゃないかと思ったり思わなかったりしました。
感想を書きそびれて今に至ってしまいましたが、具体的にはテレビ版以外でもそうです。
特に劇場版での課長が息絶える寸前のあの台詞には、改めてそれを意識させられました。
この形はニヤリ&納得です。なるほどねえ。
と言う訳で、またしてもベルトさんの「秘密主義」ってことでしたね。
新展開突入に相応しいギアチェンジだったと思います。

そして、後者で驚かされたのは、何と言ってもブレンの大胆な行動です。
まさか進ノ介くんや霧子ちゃんを前にして、堂々と警察本部に入ってくるとは。

これまでのシリーズでも人間態がある怪人、人間社会に潜む怪人は数多くいました。
しかし、ここまで堂々と正面からヒーロー側の組織に「加わってみせる」とは。

無論、堀内さん演じる真壁の存在あってこそなのは言わずもがなですが、それにしてもやられました。

主人公が刑事である本作に対して、こんな形でメスを入れるとは巧すぎます。



それでは、今回の感想を。

今回の事件は銀行強盗。
そして、犯人は12年前にも同じ犯罪を犯しており、その時の被害者が……!

ここでもまた泊英介さんに纏わる過去が。
今回の一連の被害者は「英介さんの当時の事件を知る者を抹殺する」ことが目的でしょうね。
001による記憶の改竄だけではなく、完全に息の根を止める形で。

英介さんも含む被害者の耳の辺りの跡は、001によるものと見て良いでしょう。

となると、ここで重要なのは唐沢ゆかりちゃんですね。
次回、彼女が証言してくれる真実こそが、文字通り本作そのものの『鍵』となるはず。
そして、『突破口』に繋がるでしょう。

それにして001やブレンが警察内部に堂々と介入してしまっている現状がもどかしいですね。
仁良さんの嫌らしさで苛立つのとは全く次元が異なり、これは危機ですからね。

進ノ介くんに襲い掛かった剛くんは、ブレンに操られているのでしょうね。
かつてチェイスが洗脳されてしまったように。
これが001の記憶操作ならもうお手上げでしょうけれど、まだ何とかなるでしょう。



脚本も三条さん、長谷川さんに続き、香村さんもご参加で、田崎監督もパイロット以来のご参加。
充実のスタッフ陣、東映公式サイトの田崎監督と竹内くんと上遠野くんの笑顔が堪らなく嬉しいところです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2949-ea564e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。