日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』39 問題ない女  

春になりました。そして、五月になりました。
記念すべき連載一周年も見えてきましたね。嬉しい限りです。
読者として「一年中、小春ちゃん日和」であるありがたみを噛み締めています。

それでは、今回の感想を。

本作の作品名『ハレ婚。』です。
『。』が付きます。


まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、フクザツ夫婦生活に紆余曲折あり、Uターンあり?

そこで出逢ったのはなんと……?

これって、どゆこと?

新たな三角関係!?

新たなる……再会?




この漫画って、そゆこと♪




先生からも公式発表があった通り、ますます盛り上がっています。

待望のコミックス第3巻、大絶賛発売中!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!



つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ?@februaryxxxx ・ 4月27日
【バッタリ逢ったり?】ますます盛り上がる新展開!
NON先生の最新作『 #ハレ婚。 』は、毎週 #ヤンマガ で大絶賛連載中!
本日4/27発売の本誌22/23合併号で更なる新展開!初めての方にも入りやすい回です。
【Start your Engine!】武ちゃん、猛々しい?

如月@『ハレ婚。』愛読 ?@februaryxxxx ・ 4月27日
【No problem?】日本中で話題沸騰! NON先生の新境地『 #ハレ婚。』は毎週大絶賛連載中!
【No brake?】更なる新展開は #ヤンマガ 本誌で要チェキ!
【Start your Engine!】走り出したら止まらない!? 本日4/27発売の本誌を是非ご覧ください。


わかる人には一発でわかるネタを織り交ぜてみました。
以前の(主に夜の営みと自転車で)『デッドヒートマッハの男』の流れも汲んで。



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

スラッガー、スカッと爽やか♪
出逢った? 男は、わかった?

夜のドライブは、ちょっとドキドキ。


39
問題ない女



前回の強烈なヒキからそのままに、痛々しい『デッドボールの女』から始まりです。
これも嫁さん3号にして4番スラッガーの彼女ならではだろうなと。
ゆずっぺやまどかちゃんだったらしないドジでしょうし、そもそもこういう場所に一人で来ないかと。
「4番スラッガー」という過去がこういう形で活きてくるのが実にニヤリですねー。

と言う訳で、伊達家から離れ、独りでバッティングセンターへ。

そこで出逢いが……!?

新キャラクターにして回想でもお馴染みの武田くんの登場です。
ええ、あの趣味の悪い「ウソつき」のあの男です。って、この勢いで言いたい放題だな私。

「ジュース一本で許してやるよ」の件が、かつての同級生の会話らしくて実に良いですね。
同じ『過去に接点があった男』でも、相手が龍ちゃんではこうはいかないですからね。
この辺りも重要なポイントです。

そう、小春ちゃんの過去を知っている人物、しかもそれを共にしてきた人物。
更に、そのことを他でもない小春ちゃん自身がはっきり記憶している相手というのは極めて重要。

田舎が舞台で尚且つ特殊な「とんでもない条例」がキモである本作において、こういう再会は必然かと。
正に新展開って実感が高まりますし、このタイミングってのがニクイですよねー。

ってことで、今回の扉ページがまたしても絶品!
NON先生のこういう遊び心溢れるスペシャルカット、大好物&大歓迎です♪
乙女チックじゃなく、少年チックなところが小春ちゃんならではのポイントですよね。良いわあー。

1ページ目とこの扉ページの担当さんのそれぞれのアオリ文がまたしても神がかってるんだよね、これが。
冗談抜きで本誌購読する上での大きなニヤリポイントです。
担当さん、特に野球ネタで巧すぎる一文が来るもんなあ。



かくして、『今までには全くなかった男と女の一対一の組み合わせ』です。

龍ちゃんにはうららちゃん。それに対してこの流れって、巧すぎますよね。堪りません。

相手が武ちゃんなだけに、却って龍ちゃん相手より掘り下げられる部分は多いとも言えますし。
ここに来て、ますます堪らない展開になりました。

更に今回で特筆すべき点として『視点』も挙げられますよね。
今までは小春ちゃん視点で読者とシンクロした形でした。
今回でも勿論その味わいは健在なのですが、同時に武ちゃんの視点も。

つまり、『龍ちゃんではない男』の視点です。

これがまた実に巧いんですよね。
ほんのちょっとした表情、何気ない台詞からすらもそれを痛感して、脱帽です。
流石はNON先生だわと唸らされました。
デリシンの時もそれが実に巧かったので、今回の展開でも期待せずにはいられない重要ポイントですね。

しかしまあ、ここで小春ちゃんを「前園」と呼ぶ男の登場って大きいですよね。
うちも、冒頭の紹介文で『前園小春』を意図的に貫いてきて良かったなあと。便乗して添えてみたり。

つかなに
そのヒゲ

ウケる


この一言がめっちゃツボです。
あるでしょ? 久々に再会した学生時代の同級生と、こういう会話って!
あるあるだよね!
ハッキリ言います。これ、正に自分も同じ体験が。
そう、リアルデリシン体験に続いて、ここで来ました。
リアルハレ婚。体験が。

その後の武ちゃん、小春ちゃんが、それぞれに「わかる!」。これに尽きます。
わかる! わかるよ、この会話!



それにしても、小春ちゃんのイノセントな笑顔、爽快なコーラ飲みっぷりが最高ですね。
過去の感想文でも『イノセント』という言葉は龍ちゃんに対してよく使ってきましたが、これだよねと。
小春ちゃんがこれほどまでに屈託のない笑顔になることって実に久々なんですよね。

あっ

あたし
人妻じゃん


で、その後の現実に戻る場面が最高。
この流れが巧すぎる!!

続く小春ちゃん妄想モードがまた爆笑なんですよね。

うん、DSRならやりかねんよな。

ここで爆笑したところに、更に追い討ちが。



脳内ミーティング来たー!

コハルズ再び大集合ということで、もうニヤニヤが止まりません! 最高。
しかも! 遂に『小春戦隊』というNON先生オフィシャル呼称まで!
先生もこっち寄りのネーミングを使ってくださったのねーというニヤリ感でもう堪らんですー。

何気に教室の黒板の『第二回』も欠かせないツボだよね。
『第一回』を知らなくて気になっているという方、是非是非コミックスをゲットしてみてくださーい♪

これだけコハルズミーティングだと1コマ辺りの作画がめっちゃ時間かかることでしょう。
その上で、この描き分けですからね。本当、見れば見るほど味がでてきて最高。

『偽善』の決めの一撃が実に気持ち良かったり。
しかも、これって本作の本質に迫る名言&明言でもあるんですよね。巧すぎ。



はてさて、脳内自分内ミーティングを終えたところで、夜のドライブー♪
「Start Your Engine!!」ってことで、少なくとも武ちゃんは心のギアが入っちゃってます。
そう、「武田さん、ギアが入ってますね」ですね(by,詩島霧子ちゃん=内田理央ちゃん参照)

「二人きりの車で夜のドライブ」って誰にも邪魔されないという点で最高のシチュエーションですよね。
ある意味、清涼院流水さん的に言っても「最高の密室」でもありますし
(武ちゃん、窓開けて煙草吸ってるので厳密には密室じゃないですが)。

「サプラーイズ、小春ちゃんがードラーイブ♪」(あの主題歌)

ああ、替え歌もバッチリハマってますね(強引?)。

さて、問題は小春ちゃんです。

ここで、彼女のギアが……!?
まさかの「青春スイッチオン」? 「キバって」いっちゃう?

って、今回は特にあっちのネタ多様しすぎですね。
と思ったら、担当さんもラストの一文で「本能ドライブ」って繰り出されたり。ニヤリ。

ここでひとつ真面目な話を。
「二人きりの車」ってデリシンでも複数回あったシチュエーションなんですよね。しかも、それぞれ違う相手と。
そこで同じ手は使ってこないという確信とNON先生に対する全幅の信頼と絶対の期待が私にはあります。
今から断言しておきます。

あと、繰り返しになりますが、「武ちゃんにも「ハレ婚」できる資格はある」のも頭に留めているポイントです。

またしても『夜』のシーンになりましたが、今までにない展開になるはず。
まどかちゃんのアレや、龍ちゃんの営みとはまた違ったドラマに期待しています。
何気にちょっとだけ出てきた純次くんも気になっていたり。

濃密な夜になるだろうと期待しています。
展開次第にはなりますが、次のツイッターPR文とかもこっちの方向で書こうかなと思っていたりもします。



〇ハレ婚。トーク 1

今後は、ブログや趣味に割ける時間が激減します。
それでも、周回遅れになろうとも、自分が一番好きな『ハレ婚。』の週刊連載感想だけは逃しません。
またかよ、今回もまだ遅れてんのかよ、って思われる方がもしもいらっしゃいましたら、そういうことでひとつ。

〇ハレ婚。トーク 2

以前にもちょっと触れましたが、また改めて『結婚』とか『恋愛』を意識したり。
いえ、漫画だけの話ではなく、自分自身の話として。
『ハレ婚。』に触れながら、自分の生活を意識させられるのは筆舌に尽くしがたい最高の愛読体験です。
これも週刊連載という激務の中で毎週読者に『ハレ婚。』を届けてくださるNON先生のおかげです。
今でも大好きなデリシンともまた違う本作ならではの『リアル』を強く感じる日々です。
NON先生に改めて感謝しております。

〇ハレ婚。トーク 3

今回も無音で一気に書き上げました。
寝かせつつ数日かけて少しずつ書く時もあるのですが、それぞれに違った楽しさがありますねー。

毎週のアンケートは速攻で済ませていますし、今回の感想も書きましたので、スッキリです。
心置きなく次号を堪能します。ギアが入ってますよー。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2948-e9a5bd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。