日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ニ次元JUMPIN'』最終次元 ニ次元ジャンピン  

何だかんだで感想が遅れがちでしたけれど、最後まで楽しめた作品です。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



ポップでキャッチーな漫画雑誌。
しかし、その現場は、フツーじゃない!? とんでもない魔窟!?


漫画業界のリアルを抉り出せ!

髙橋ツトム先生の新境地!!


『ヒトヒトリフタリ』全8巻
『天間荘の三姉妹 スカイハイ』全4巻
大好評発売中!


コミックス3ヶ月連続リリース決定!!
漫画界待望のコミックス第3巻は5月19日発売!!

☆漫画界の怪物と働く新人編集者奮闘記!!


presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

二次元JUMPIN'

最終次元 ニ次元ジャンピン




『ヴェルヴェティーン』から『僭主の炎』に至るクライマックスの展開、
即ち、春樹くんと金森さんの対決は素晴らしかったですね。

戦いを終えた春樹くんの姿、清々しい顔から始まる最終回。

結論から言えば、これ以上ない最高の最終回でした。

……いえ、これは「後日談」ではありませんね。

最後の最後にして、ここから始まるのです。

究極の「ニ次元ジャンピン」が。

茶倉くんの言葉を借りれば、「月の裏側まで」ね。



presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

二次元JUMPIN'

最終次元 ニ次元ジャンピン




小樽――

安倍書店。

その棚には……!!

作 茶倉ナオ
画 霧笛純


二次元JUMPIN'



そう、この作品は「私たち読者が最終回を読むことで完成する」のです。

いつだって、『作品』とはそうしたものですけれど、本作のラストと存在そのものがその意味でも格別でしょう。

作者と読者の最後にして最高のシェイクハンドはここにあった訳です。

そして、ここから始まるのです。

ラストがこんな美しい形で締められるとは最高です。やられました。
漫画編集者が主人公で、メタな構成の最後がこれとは。堪りません。
何気に一緒に並んでいる漫画本が『ヒトヒトリフタリ』だったり、先生の著作だらけなのもニヤリですねー。

私的には、清涼院流水さんが得意(特異)とされる想起する手法で堪らなく好きなところです。



さて、以前から触れてきましたし、先日の日記にも書きましたが、お楽しみは「これからまだまだ続く」訳です。
淋しくなんかありません。今日から先生の作品が新たに始まるのですから。
『ヒトヒトリフタリ』『天間荘の三姉妹 スカイハイ』『ニ次元JUMPIN'』と途切れず読んできたことを思い返します。
しかも、今年は新連載が三本決定しているとの朗報付きですからね。お楽しみだらけですよね。

『ビッグコミックスペリオール』定期購読申し込み完了。『残響』に向けた心のヒビキ

presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

二次元JUMPIN'

最終次元 ニ次元ジャンピン



さあ、今日からNext Dimensionに飛び込みましょう。レッツジャンピン!

再集次元へ。そして、未だかつてない先生の新たなる次元へ!

presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

残響

本日5/8発売の『ビッグコミックスペリオール』で新連載開始!!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2935-a1b02a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。