日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予備知識無しでたまたま第壱話を視た時点で、これはもう毎週逃さず視ようと思いました。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。






第壱話で倉持さんがヤクザを辞めてカタギになるまでの流れが見事に描かれました。
続く今回でどうなることかと思いきや、なるほど……。そう簡単には社会復帰できない訳ですね。
否、「させない」連中がいる訳ですね。言うまでもなく、ヤクザが。
貴船組の組長は「足抜けしてカタギになることは決して許さない」と。

有留先生にも倉持さんにも困難が立ちはだかります。
特に前者は前回のヒキからずっと気になっていたところです。

やっとホテルに就職できた倉持さんにヤクザの嫌がらせ。
落ちて落ちて、そこからようやく這い上がったところに、更に突き落とされる展開。
どこまでも生々しく、非情な展開がとことん続きますね。

題材が題材なだけに生半可な綺麗事や都合の良い展開は続くはずもないと思っていましたが、とことんやるなあと。

それも、ヤクザの嫌がらせや、一般社会との温度差のみじゃないのが、本作ならではかなと。
他でもないバクちゃん自身がそう仕向けているのがポイントですよね。

警察官としてストレート直球勝負でありながらも、とことんヤクザを憎んで苦しめる方法を通してますね。
今回もまた優子ちゃんの生身のアクションが迫力満点でしたね。ここまで狂気の塊とは圧倒されます。
優子ちゃんのアクションが文句なく素晴らしいです。今後とも期待大です。

どこからどう視ても殺伐な空気一辺倒の本作において、やっぱり翔さんは重要な緩衝材的な人ですね。
北村一輝さん演じる翔さん大好き。ニヤニヤさせられる場面が多すぎ。
まさかオープニングのナレーションから北村さんとは。あの感情たっぷりなナレーションがまず最高。
そして『足抜けコール』の取材時も実に良い味出してくれましたねー。
『足抜けコール』の語呂合わせが『00123-893-864』で「おーいにいさん やくざ やめろよ」。
それを翔さんが読み上げた後が最高。
取材記者が「(864は)やろうよ、っても読めますよね」と発言。なんつーこと言い出すんだこのお姉さんは。
そこに翔さんが反論! 「おおぅ!? やめろよ! やめろよ!」がツボすぎ。

北村一輝さん最高。

やっとの想いで社会復帰してもまた泥沼に落ちた倉持さんが何とも痛々しいです。
そりゃあ酔い潰れるよな。白昼から呑みたくもなるよね。

貴船組も流石ですね。
直接自分の組員に手を出させずに九瀬組の組員を使って来たので、橘勲を逮捕することはできないと。

しかしながら我らがバクちゃんも流石ですね。
普段手にしているタブレットがあそこまでとことん活かされるとは。
倉持さんに渡した腕時計にもカメラが仕込んであったりと、とことん極めてますねえ。

今回で倉持さんの一件も(一応の)決着ということで、前後編として実に良い構成でした。
有留章子先生役の山口紗弥加ちゃんは今後も再登場してほしいところですけれどね。
紗弥加ちゃん、90年代は可愛い女の子って印象でした。
今では、本当に綺麗なお姉さんになりましたね。当時も素敵でしたが、今が一番だなあと。
有留医院は妹の勤務先なので、可能性は充分にあるかなと。期待も込みでそう思ったり。

今回の最後、駅のホームのシーンでも触れられましたが、バクちゃんと翔さんが正反対なのが良いですね。
この正反対の二人がバディという関係性は着目していきたいところです。

「あなたの綺麗事は絶対に認められません」
「俺もお前の後ろ暗いやり方は絶対に認められへんな」


この二人の衝突、そして支え合ってどんな化学変化を起こしてくれるのか、期待してます。
二人のこの言葉は今後視聴していく上でずっと留めておきたいところです。

そして、翔さんの問いかけ。
これは本作そのものにおいて極めて重要。
これこそ、バクちゃんから一切の笑顔がなくなった理由であり、今の彼女になった原因です。

バクちゃんが口にした言葉……。

「個人的な怨みがあるのは、ヤクザだけじゃありません」

「私は、ある二人の人生を全力で否定したいんです」

「否定……いや、殺しても殺し足りない」


この時点で、一人ではなく二人であると明言されました。
無論、お父さんの死に繋がる人物でしょうけれど、この二人が気になるところですね。

加えて、週刊誌の一件から八丈島の運転免許試験場に飛ばされそうになった翔さんも気になるところ。
言うまでもなくバクちゃんの力でしょうけれど、この点も第壱話で触れられた件を想起させますね。
やっぱり『バクちゃんのバック』には強力な人物がいるのは間違いないでしょう。
彼女だけお咎めなしで、翔さんもこうして無事に復帰ですからね。

常に厳しい表情か、もしくは死んだような瞳で、テンションがあの調子。
それでいて、その場面ごとに感情表現を使い分ける優子ちゃんが素晴らしいですね。
同じ怒りや憎しみや責めるにしても、その場その場で見事な使い分けです。

前回の繰り返しになりますが、つくづく優子ちゃんがバクちゃんで良かったと思ってます。
翔さんが北村さんで良かったというのもまた然り。
本当、ナイスコンビです。



さて、気になる次回は……って、予告からして既に飛び上がるキャスティングじゃないですか!
小木茂光さんとは実にナイスなキャスティング!
予告で一瞬見えた宇梶剛士さんも嬉しいところ。鴻上会長ハッピーバース・デイ!
と言う訳で、公式サイトもチェックしたら……弓削智久さんもご出演! やったー!
宇梶さんと仮面ライダー繋がりでバンザイ!
風見愛役だけは4月26日発表ということで焦らしプレイも気になるところ。
役柄と年齢からして48グループ関係者だと予想。

一話視る度に何とも言えないカロリー消費感と、筆舌に尽くしがたい圧倒的な余韻が残ります。
私的にこの感覚が本作の大きな魅力でもあります。毒々しいのに貪りつきたくなってしまう魔力。
テレビドラマとしても異彩を放っている力作ですね。

優子ちゃんの瞳の強さ、狂気と怒り、そして哀しみに満ちた瞳をしかと焼き付けていきたいです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2894-bee5b363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。