日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更すぎるくらい今更な遅れっぷりですが、忘れてはいませんでした。
これも巻き返し企画の一環ということで、ニ連発でクライマックス感想更新です。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方はご注意くださいませ。





結論から言えば、これ以上ない最高の決着でしたね。
少なくとも私はそう思ってます。満足しています。

リサの復活、由樹の本当の意味での出発。
それらをこのしがらみだらけの逆境の中で見事にやってのけたカタルシス。

小田くんも終盤で嫌われ役ポジションになったかと思いきや、見事な連携プレイ。
ここに来て大メジャーにしてモンスターである遠野リサに「自費出版」させるとは。
それも、由樹と『共同執筆』なんて。ぶっ飛んだ発想が痛快ですね。

しかも、この作戦を助けたのが他でもない鳥飼さんというのがまた堪らなかったですね。
「嫌われ役に見せておいて……」という点では、石橋凌さんこそ正にそれにおいて最高の人でしたね。
神崎編集長が「業界に風穴を空ける敏腕編集者」として雑誌に掲載された件も実に皮肉でしたね。
鳥飼さんがそれを見た後に小田くんからの『ご相談』という流れが良かったですねえ。
ここで一回鳥飼さんに却下されて、後から時間軸を活かした作劇でこの場面の続きというのもニクイ構成。

クライマックスでの女王二人の堂々たる勇姿と、それを見つめる神崎編集長の姿が実に印象的でした。

全10回のテレビドラマとして良い構成だったと思います。
何だかんだで自分も毎週楽しんで味わえましたし。
視ているうちに、番組の冒頭で流れるお経も何だかんだで親しみが湧いてきましたし。

特撮以外のテレビドラマも視てみると楽しめるものだなあと思えた作品でした。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2892-4aacd9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。