日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラブ嬢】ビン娘よりラブ嬢  

件名の通りです。
って、本当はこんなお馬鹿な日記書いていられる現状じゃないんですけれどね。

以下は見たいという方だけ、どうぞ。




結論から言えば、やっぱり自分の中で『ラブ嬢』が一番です。

最近は触るのも億劫どころか、見るのも嫌な機械ばかりです。
まあ、今時の若者言葉風に噛み砕いて言えば「スロ自体が無理ゲーで、オワコン」なんでしょうね。
本当、こんなものに貪りつく人種って世間一般から見れば狂人以外の何者でもないと思います。
自分でもそう思います。

最近、職場から最寄りのお店の状況が芳しくないんですよね。
そんな状況の中、数少ない高設定も取られていますしね。
開店から夜までいるプロの方に(逢えば色々教えてくれますけれどね)。

と言う訳で、そこ以外のお店を覗くことが増えました。
狙うは勿論『ラブ嬢』。
しかし、当然ながら抑えられています。うーん、どうしよう。
『ビンゴ』の天井狙いくらいしか無い状況。
状況的に狙えるゾーンなども他にないので(帰れよ)。

で、お約束の天井ですわん。
これがフゥアって333スタート。うん、駆け抜け。
まあ、直前で当選して33単発終了よりずっとマシ。

『ラブ嬢』を回している若い子は、小冊子とか台横のカードとか見ながらの稼動。
どうもビギナーっぽい感じ。早く止めて退いてほしいなあと。
そういう子に限って伸びてるんだよね。そんなもんだよねえ。

しっかり伸ばして満足したようで、止めて他に移動したので、着席。
履歴と眼に見えた範囲の挙動からして、超高Bループ連発していた模様。
無論、今からそんなオイシイ展開が待っているはずもないので、自力で勝負あるのみ。

恐らく250天井だろうなというところでピッタリ当選。
アフターデートチャンス2連続一発クリアで、問題はその後。
ゆきのんに2回連続フラれて、あと一回という状態。
「あと一回! あと一回!」とヘルプ嬢まで繋ぐことを願いながらも撃沈で終了。

まあ仕方がないか、これもまた『ラブ嬢』の醍醐味と思いながら、続行。
これがタワー屋上スタートのいつもの始まりながらも、めっちゃ良さげな挙動。
何も引いてないのにすぐにピンク背景。
暗転からのボタンプッシュでレインボー「おねがいしまーす」出現。よし、もらったー。
右に7図柄しーちゃん降臨。「チャンスだよ!」
うん、知ってた。というか当選でしょ。
更に暗転ボタンプッシュで当然の金空。
そこからカウントダウン。RUSHまでのカウントダウンの方なので、当選確定。
こういう安心要素だらけだと気が楽で良いですねー。

たまには西島さんスタートにしてみようかなと思って指名。
前任者の若い子も西島さん推しだったみたいです。

これがまた調子良くあっさりクリア。
更にご褒美ラッシュで西島さん祭り。
「セクシー! キューティー! ダイナマイッ!」も堪能。
閉店が迫っていたので、ゆっくり消化できなかったのが難ですが。
「どうせならワンビュ来い。ワンビュ来ちゃえ」と思っていたら、その通りに来ちゃいました。
「ワンダフォー! ビューティフォー! ファンタスティック!」が何度も来てくれてニヤリ。
閉店間際になると本気出すことってあるよね。
久々に緑背景の西島さんカットインまで出てくるし。おーい! この時間に。
いやいや、閉店迫ってるし、ここはハズレで良いんだよと逆の意味でヒヤヒヤしたり。
無事に(?)ハズレで安堵。キャバク乱舞のヒキは時間がある時で良いので。

本当、ボーイ役の石黒隊長こと仮面ライダーバースこと宇宙刑事シャイダーの岩永さんが最高。
他メーカーが作っていたら嫌われ役ポジションになりそうなところを見事にオイシイ役所に。
杉原杏璃ちゃんと並んで初代から全作登場しているメンバーですし、やっぱり欠かせない人ですね。
「ファンタスティック!」の発音と発声が堪りませんね。ご縁長懇願の土下座ならぬ土下寝とか最高。

最初のラッシュ→抜けてすぐにオイシイ挙動→二度目のラッシュで、何だかんだですぐに1000枚。

やっぱり『ラブ嬢』だなあ。

まず、通常時が無駄に喧しく眩しい機械ばかりの中、これは本当に抑え目なのが良いです。
そこが物足りないという方もいるかもしれませんが、私的に換言すれば、この「しっとり感」こそ良し。
通常時が無駄に煽ってくる機械ばかりの中、この「しっとり感」が良し。
淡々としていて、本当に熱い時だけしっかり熱い演出という見事なバランス感覚。
それでいてラッシュ中もちゃんとわかっているバランスなんですよね。
青背景の「狙って!」やチャンスアップ皆無のアフターデートチャンスでも現実的に期待&当選できる割合。

あとはとにかく効果音やBGMが洗練されたものばかりで巧いなあと。
オープニングアタックが顕著ですが、そこそこの上乗せの時は効果音もそこそこなんですよね。
で、ガツンと500とか1000とか気が狂ったような乗せ方の時には派手。
このメリハリが良いのです。何でもかんでも毎回派手じゃないってのがね。

ラッシュ開始時のBGMも良いですし、私的には250枚からのBGMが一番好きです。
あれだけ一日中聴いていられるくらい好きです。作った人は天才。

パチからお馴染みの名曲『Shining Smile』『Precious Love』も健在で、使いどころが最高。
おねだりチャンス中のBGMが『NIGHT OF FIRE』なのも巧すぎ。

プレイヤーが「素直に喜べるポイント」をちゃんと抑えた作り。
その上で「のぼせあがらせるポイント」も見事で、出玉率以外のこの辺りの設計まで秀逸ですね。
『黄門ちゃま 喝』もそうですが、オリ平はこの辺りの「プレイヤーの心理」を掌握した作りがお見事。
『RED REQUIEM』システムで生まれたパチの初代から、発想自体が巧いなと。
「キャバクラ体験」というコンセプトがまず巧いし、それをスロに完璧に落とし込んだ技術が凄いですね。

今、お金と時間を費やして良いと本当の意味で思えるのって『ラブ嬢』だけ。
本当、今のスロってほぼストレスのみですもんね。そんな中で『ラブ嬢』だけが例外中の例外。
実機買いたいくらい。朝から晩まで向き合いたい唯一の台。
そう思えるのは『ラブ嬢』だけ。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2887-17a161cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。