日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』第2話「剣」  

待望のテレビ版新シリーズ開幕です。
毎週のお楽しみが更に増えましたね。

待ってたよ、流牙! 莉杏!

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。



待望の新シリーズ、遂に開幕。

法剣を巡り、それぞれの想いが交錯する――。

今、新たなる戦いが始まる。

歴史的瞬間となる金色の輝きをその眼に焼き付けろ。



道外流牙、闇を照らす光となれ。
莉杏、決断を乗り越えろ。

黄金騎士ガロ翔、全ての陰我を断ち斬れ。
時代に輝け! 今こそ吹き荒れろ! 金色の嵐!!


原作・総監督 雨宮慶太
牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔





今まで好きだったファンに堪らない要素が早速出て来ましたね。
言わずもがなのD・リンゴとユキヒメは勿論のこと、莉杏の台詞にまで。
早速、前回の感想で触れていたあの二人の名前がちゃんと出てくるところが嬉しいです。
必然性はないでしょうが、蛇崩猛竜も楠神哀空吏も登場する可能性はあると見てます。

連続劇ならではの作劇で、第1話からのテンションは落とさずにドラマでもしっかり魅せる構成でした。
泉谷しげるさんと黒木桃子さん、文句なしに最高。今後とも期待大です。

現時点では、青ノ短剣を所有して状況も把握しているジンガとアミリが大きくリードしていますね。
蝶を口に含んだり、使い魔として向かわせる辺りも実に秀逸な表現だなあと。
セクシーで妖艶なアミリにピッタリで、これは唸らされましたね。

時を同じくして、ガルドとハルナも登場。
魔導具の名前の最後の母音が『ア』で統一されているのはお約束ですね。
単独行動で、現時点ではバックの存在も不明なので、非常に謎めいています。
どの段階で流牙と出逢うか、あるいはジンガと出逢うか楽しみなところです。

アクションについても大満足です。
前回に続いて、またしても流牙と莉杏の見事なコンビネーションプレイが堪りません。
ビクロは莉杏を人質にしたつもりでしょうが、二人に通用する訳がないですよね。
凜とした強さと美しさで見事に切り抜ける莉杏が格好良いですね。やっぱり、これだわ。
札と魔戒銃で援護して、弾丸を牙狼剣で受けて烈火炎装!! 実に燃える演出です。

ビクロを倒して早々に赤ノ短剣を手にしたかと思いきや……!?

やっぱり、そう簡単に事は進みませんね。掴んだ流牙に衝撃が……。
なるほど、そう来るかと。ここで早速ワンクッションあるのは巧いですね。
続きが気になりすぎるヒキで、次が楽しみで仕方がないです。

このシーンから一つ気になることが。
ジンガは平然と掴んでみせて心身に全く異常がありません。
破壊しようとして出来なかったと口にしたくらいで、彼自身は余裕そのものです。

ここが流牙との違いですね。

二つの短剣自体が『陰』と『陽』の相反する力で出来ているのも無視できませんが、理由は別でしょう。
どちらも魔戒法師によって作られた物ですからね。
二つの短剣を流牙とジンガのどちらが手にしても同じことだっただろうと。

開始早々、早速問題が提示された形で、ますます燃えますね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2881-be1c3e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。