日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』第1話「剣」  

遂に待望のテレビ版新シリーズが始まりましたね。
『牙狼〈GARO〉-闇を照らす者-』が大好きな者として堪らなく嬉しいです。
待ってたよ、流牙! 莉杏!

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。



待望の新シリーズ、遂に開幕。

法剣を巡り、それぞれの想いが交錯する――。

今、新たなる戦いが始まる。

歴史的瞬間となる金色の輝きをその眼に焼き付けろ。



道外流牙、闇を照らす光となれ。
莉杏、決断を乗り越えろ。

黄金騎士ガロ翔、全ての陰我を断ち斬れ。
時代に輝け! 今こそ吹き荒れろ! 金色の嵐!!


原作・総監督 雨宮慶太
牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔



オープニングのナレーションが莉杏というのは思わずニヤリですね。
当然、次回予告のそれも前シリーズに続いて彼女ですからね。

本編がいきなりジンガとアミリの登場とは。
仮面ライダーディケイドと魔鏡ホラー・カルマという夢のコンビで嬉しくて仕方が無いです。
松田賢二さんに続く仮面ライダー組、哀川翔さんに続くゼブラーマン組からのキャスティングに目頭が熱くなります。
絵に描いたような妖艶極まりない美男美女のコンビで否が応でも期待が高まります。

待ちに待った我らが道外流牙と莉杏の登場シーンに思わず感泣でした。
ボルシティでの激闘を経た上での『今』の彼らがしっかりとそこに存在している喜び。
見事なコンビネーションプレイからもそれを痛感しますね。
今回は今まで以上に莉杏のアクションにも期待できるでしょうし、楽しみだらけですね。

赤鞘そのものが斬撃に活かせるという要素、ガロ翔ならではの存在感も大満足です。
流牙の召還シーンに至っては「これだよ! 待ってたよ!」と。涙が出てきますね。
戦いを終えた後の「いつもありがとう」のシーンの二人も大好きなところです。

本編で少女が誘導されるように、アクションもドラマも実に良い流れでしたね。
設定や人間関係などより、まずはアクションで魅せていくというのは『牙狼』らしいなと。
夜の街中で逃げるヘルツバイ人間態を追いながら、一般人を巻き込んでのアクションも良いですね。
このダイナミックな勢いが『牙狼』ならではの味ですね。横山アクションバンザイです。

いきなりゲストに下条アトムさんという豪華且つ贅沢すぎるキャスティングもまた然り。
立花のおやっさんが魔戒法師・ゲンだなんて堪りません。思わず燃え上がりました。



設定や作劇について少々。

ヘルツバイというネーミングはニヤリですね。(偽者の)双子だから『ツバイ』と。
トラックを運転していた鼠先輩の服にあった『GIROPPON』もニヤリ。こういう遊び心、大好きです。

目下最大の関心は、やはりジンガとアミリですね。
魔戒騎士や魔戒法師であるか、または過去にそうであってバラゴのように闇に堕ちたか、色々と考えられます。
無論、送り手の方々も視聴者がそう思いながら視ることは大前提でしょう。
服装からはそれを感じさせませんが、それも当然のことですよね。
単純に見た目としては『牙狼〈GARO〉-RED REQUIEM-』のタイムファイヤーを連想したりも。
現時点ではどちらとも取れ、尚且つホラーの可能性もあり、今後が楽しみだらけです。
ただ、彼らも魔戒剣や魔導筆を扱うとなると……。

娘を想うゲンを騙し、彼の心を利用する形で封印を解かせていた二人。
非人道的な行為で、目的の為には手段を選ばない残忍さがよく表れてますね。
魔城・ラダンを復活させてから何をしようとしているのか、要注目ですね。
『牙狼〈GARO〉-MAKAISENKI-』の不動シグマとはまた違うケースでしょうね。
これはとても嫌な言い方になりますが、敢えて言うと、同じ手は二度使わないと思いますし。

流牙と莉杏、ジンガとアミリ、赤ノ短剣と青ノ短剣というそれぞれのコンビや対比が実にニクイですね。
なるほどなあと唸らされる設定ですよね。短剣が一つじゃないというのがまた。

『牙狼〈GARO〉-闇を照らす者-』から続く連続劇は大歓迎なので、もう楽しみで楽しみで堪りません。
特に本作は単純な直線の構図ではなく、それぞれの想いが交錯するというのも大きな見所でしょうからね。
二つの短剣を手にして終わりではなく、奪い合う争奪戦という作劇も期待できますからね。
一時的に手にして安心という訳にはいかないでしょうから、最後の最後まで期待できそうです。
そこにガルドやダイゴも関わってくる訳ですしね。

D・リンゴとユキヒメも嬉しくて堪らないキャスティングですし、もう期待しかないです。
泉谷しげるさんがレギュラーでこの役所というのも良いですね。
『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』のエイリスに続いて黒木桃子さんがユキヒメというのも、思わずガッツポーズです。

更に、エンディングテーマソングの魔戒歌劇団がもうね。やってくれたなあと。
歴代シリーズの女性キャストが集結とは!


『牙狼』シリーズの歴史を感じさせてくれる豪華メンバーですね。

YUKIHIME(ユキヒメ&エイリス/黒木桃子さん from『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』)
RYUME(リュメ&サキ/桑江咲菜さん from『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』)
REKKA(烈花/松山メアリさん from『牙狼〈GARO〉-RED REQUIEM-』『牙狼外伝 桃幻の笛』)
ANNA(アンナ・ルイス&魔導具オルヴァ/大関英里さん from『牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-』』『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』)


今回の為のプロデュースチームがteam GAJARI(影山ヒロノブさん・奥井雅美さん・雨宮慶太監督)とは!

もう眩暈がします。今までのファンの方には説明不要のはず。それくらい幸せすぎる夢の豪華メンバー。
『牙狼』10周年と新たなるスタートに向けて最高の試みです。

まさかのKAORU(肘井さん)魔戒歌劇団加入バージョンとか用意されてないかと勘繰りたくもなったり。
『牙狼〈GARO〉-闇を照らす者-』のあの二人がいつ、どこで登場するのもアリだと思ってますし。

『牙狼』シリーズは(『衝撃ゴウライガン!!』の例も含めて)、以前に出演された役者さんの再登場、
しかも全く違う役柄でまた楽しませてくれるというのも大きな魅力でしたからね。その点も期待してます。
木下ほうかさんくらいギャップが強いケースにも期待しちゃうなあ。

これから半年間、毎週味わえるかと思うと楽しみで堪りません。

あと、これは余談ですが、ひとつ。
『牙狼〈GARO〉-闇を照らす者-』の時に感想を書きそびれたまま、結局遅れに遅れてそのままだったり。
そのリベンジという訳じゃないのですが、あの時のことがどこか残っているのも本音だったり。
今回は今まで以上にあらゆる雑念を排除して毎週逃さず眼に焼き付けたいところであります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2875-05963571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。