日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』36 おでこの女  

楽しい『ハレ婚。』祭りを堪能しております。

ここで改めて申し上げたいことがあります。

本作の作品名『ハレ婚。』です。
『。』が付きます。


未だに平然と当たり前のようにスルーしている人が多いのが信じられません。
「ファン」とか「読者」とか名乗るのであれば、最低限そこは間違えないで頂きたいですね。
昨日今日始まったならまだしも(それでもどうかと思いますが)、連載からどれだけ経っているのよと。

一方的に話しかけられて、表記の間違いを伝えたら逃げたという失礼極まりない人もいました
(信じられないかもしれませんが、これは私自身が実際にネット上で被った実体験であります)。
作品名の場合は『。』を付け忘れないように注意しましょう。礼儀礼節も大切ですよね。

それでは、感想を。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。
コミックス第3巻発売で、これにて嫁さん1号も表紙に登場!
嫁3人夢3倍(寧ろ3乗?)ってことで、連載もめでたく9ヶ月突破!

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、フクザツ夫婦生活に紆余曲折あり、Uターンあり?

そこで出逢ったのはなんと……?

これって、どゆこと?

新たな三角関係!?


この漫画って、そゆこと♪




先生からも本誌からも嬉しい公式発表の連発です。

待望のコミックス第3巻、大絶賛発売中!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!



つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 @februaryxxxx
【DSRは……】NON先生の新境地!
少子高齢化の現代社会に鮮烈なアッパーカットを喰らわせる『 #ハレ婚。 』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
本日4/6発売の本誌19号掲載の第36話にて超特急の新展開!?
【……TQG!?】同日にコミックス第3巻も発売! ダブルでお得ゥ!!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい


乗車拒否? 嬢者拒否?
チケット、ゲット? それは助っ人?


36
おでこの女



おおー! 1ページ目から縦のコマ割り!
小春ちゃんの表情と去り行く二人の姿が見事に表現されています。
1ページ目の1コマ目から実に印象的でした。

珍しい縦のコマ割りについては、ちょっと前にも触れましたね。あの時もレアだったんですよね
(■『ハレ婚。』27 飛んで火に入る夏の女 参照)。

そして、ページを捲ると……!?

乗り換えチェンジ!!

まさかのリアル乗り換えチェンジ扉ページ来たー!

ミニスカポリス表紙の時以来の衝撃(&笑撃)だなー
(■『ハレ婚。』17 イージーな女 参照)。
こういう遊び心溢れるネタって大好き。もう爆笑でした。
また細部まで凝ってるんだよねー。小春ちゃんとか、車両の『ヨメ-003』とかね。

龍ちゃんの台詞も面白すぎ。リンパ痛いわ。
特に「逆送」がツボ。

しかも、次のページでは小春ちゃん真っ白からの「新型車両!!」ですからね。

『頭突きの女』再びというところも巧いですね。
しかも、今回は今までとは全く逆の理由で。

DSRはTQGだった。

これにはデンライナーのオーナー石丸謙ニ郎さんや車掌の関根勤さんもビックリだよね。



冒頭から、否、前回のヒキから掴みは完璧。
その流れのまま、ここで小春ちゃんと龍ちゃんのキャラクター、その違いが更に浮き彫りに。

実に巧い構成です。

たった『1人』女の子を加えるだけで劇的に化学変化を起こすのも『ハレ婚。』ならではの特性ですね。

伊達家という器の中に一つエッセンスを加えただけで(まだ嫁になってないっつーの)、これですからね。
今まで散々書いてきましたが、「龍ちゃんって一貫して龍ちゃん」なんですよね。
いつもココロが乱れるのは決まって小春ちゃんの方。

これが伊達家という器の味であり、伊達龍之介という器の興しろさと頼もしさでしょう。
そして、ココロの器に溜まった重い自分を掻き乱されて上澄みどころか底の泥まで噴出する小春ちゃん。
これこそが、小春ちゃんと龍ちゃんならではの味わいであり、『ハレ婚。』ならではの味です。

新展開にして、ここで基本中の基本をおさらいさせるような構成になっているのも良いですね。
そこで引き連れて歩くのが女子高生の女の子というぶっ飛び方がNON先生らしいと痛感しますが。

この漫画って、龍ちゃんや先生って、本当にどうかしてるって。

最高です。



早くも龍ちゃんとうららちゃんの『2回目』の『2人きり』のシーンが。
「の」が多い文だな。まあ、NON先生繋がりで読者として良しってことで。

龍ちゃんの第一声、続けて「処女」て。この男はもう。
「手首」、更に極めつけは「おでこ」と来ました。

龍ちゃん、やっぱ違うわ。好きだわー。

思春期で最も多感な時期の女の子に、加えて言えば彼女は純情で恥じらいが強いタイプでしょうに。

流石の遠慮なしの龍之介節ですね。
しかも、一つ一つ触れてあの悪魔スマイルで言うのがもうね。
「愛」だけで1コマ、「だよ♡」でもう1コマという構成も大好きなところ。

これはうららちゃんも戸惑うって。

短いページ数で見事に印象付けた名場面です。
冒頭の小春ちゃんの「ゴスッ」から一転して静かな流れでこれが来るのもニクイです。
静の魅力と言いますか、ここでも温度差や龍ちゃんの普段のテンションが如実ですね。
自然溢れる風景の中でこうして印象付けられるというのも実に『ハレ婚。』らしいです。



次のページからゆずっぺ&まどかちゃんという構成で、「いつもの『ハレ婚。』」展開なのもニヤリ。
それぞれのブロックの構成や展開がお見事ですね。回転寿司気分。
ゆずっぺとまどかちゃんの会話も「いつもの調子」で実に楽しいです。
でも、こうして当たり前の日常会話ですら面白いって『ハレ婚。』だからこそですよね。
「正妻の聖祭の希望にもう一人の正妻が文句付ける」って、伊達家ならではですから。

買い物から帰りの運転の流れも良いですねー。
3号について話題になったところで、「もっと役に立つ嫁」について珍しくこの2人が意見一致。

はーい、そこでゆずっぺ急ブレーキ。違う意味でヒッサーツ! フルスロットール!

前回の感想でも触れた点でしたけれど、やっぱりそうなるよね。
当然ゆずっぺのリアクションもこっちだよね。



ヒキもお見事でした。
サブタイトルからもわかるように、「おでこ」繋がりってことで。

やっぱり乙女は恥じらいだよね。恥じらいを無くしたら乙女じゃないよねー。
最後のページのうららちゃんのカットは物凄く気に入っています。唇も良いですね。



さて、今回で2人の嫁さんもうららちゃんを目撃です。
当然ながら、ここは大きなポイントですね。

龍ちゃんも流石にうららちゃんをいきなり嫁さんにって流れではないですが
(でも、この魔王ならやりかねないヤバさがあるよねー)、
彼女の登場はこれで終わりのはずがないですから、今後とも要注目です。

上述してきたように、今回は『ハレ婚。』ならではの特性と魅力をわかりやすく描かれた回です。
その上でおさらいと見事なヒキまであって、いつにも増して構成の巧さが引き立ってます。
最近の盛り上がりで知ったという初めての方にも良い入り口だと思います。

ここで気になる点として、もう一つ挙げておきたいのがうららちゃんです。
「龍ちゃんが〇〇~」という彼の視点からだけではなく、うららちゃんの方も。

頬を赤らめた彼女が、「これから」どのようにココロとカラダを動かしていくのか。

そこにも着目していきたいですね。

うららちゃん「が」龍ちゃんに恋しちゃう展開があったって良い訳ですから。

「ハレ婚」制度にもよりますが、うららちゃんのハレ婚ができてもできなくても、この点は全く問題ないですし。
加えて言えば、ゆずっぺとまどかちゃんは初登場時から「既に龍ちゃんの嫁さんだった」訳です。
「(ハレ婚という特殊な)結婚までの流れ」を読者と同じ視点で見てきたのが小春ちゃん。

換言すれば、「ハレ婚の中に加えられる人」ではなく、「ハレ婚の中に加わろうとする人」という視点。
これはなきにしもあらずかなと。結構真面目に思っていたり。
女子高生登場というギャップから更にサプライズの流れがあっても良いかと。
内気で奥手な子ほど、一度思い込んで燃えたら凄いトップギアになったりしますしね。

これでうららちゃんが髪型変えて、大幅にイメチェンしてきたら面白いかも。
勿論、「でこ出し」で。

さて、伊達家レインボーラインの全車両が連結できるのはいつになりますか。

……なーんて、「これから」の展開について、あれこれ思い耽ったりしてます。



〇ハレ婚。トーク 1

3ページ目1コマ目の小春ちゃん、2コマ目の直子ママ、
8ページ目1コマ目のうららちゃん、2コマ目の龍ちゃん、
これらは3/20の先生公式ツイートからの作画公開&スペシャル予告カットですね。

どの回のどのコマで使われるのかなあというのも大きな楽しみだったりします。

〇ハレ婚。トーク 2

毎回、本誌の枠外も楽しみな部分です。
今回の登場人物紹介は、小春ちゃん→龍ちゃんの順。そして、嫁さん2人は無し。
これは非常にレアなケースです。

本誌の枠外って、本誌予告やコミックス告知などにも使われます。
それ以外では作家さんへの質問コーナーがあるのですよね。
しかしながら、NON先生へのそれって意外なほど少なかったりします。
そちらに充てられたこともあり、尚の事レアでダブルでお得ゥ!!
って気分です。こういう隅々まで含めて本誌購読と保管と補完の味わいを堪能していきたいですね。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
フルアルバム『NAMIDA CARATS』

乃木坂46
『制服のマネキン』

これで決まりでしょ。なーんてタイムリーなのかしら。
様々な『涙』に纏わる歌が凝縮された煌きの結晶。
先行リリースされていた楽曲もこうしてアルバムの曲順とポジションで改めて堪能。

で、『ハレ婚。』らしさを感じるのも醍醐味。

でも、小春ちゃんは元々「龍ちゃんを好きじゃない」ですからね。
その意味ではまどかちゃん&うららちゃんによりマッチしそうだなーって。

乙女ならではの心情、繊細な心の機微という点からも、うららちゃんは要注目です。
実写版のキャスティングは乃木坂46メンバーが鉄板だと思ったり(まだ言ってる)。

〇ハレ婚。トーク 4

コミックス発売記念企画で、占い(?)企画も作りました。
日替わりで毎日できます。読者の方はご自由にお楽しみくださいませー。

如月は前園直子とコハル・浅はかとアッコと出逢った後、コハル・無鉄砲と海辺で出逢って種を投げられるでしょう。 #ハレ婚祭り http://shindanmaker.com/526469
明日はまた一味違った展開でしょう。

如月はアッコとだてのスケとハレコングと出逢った後、前園小春とCOFFEE&PUB ルパンで出逢って耳元で囁かれるでしょう。 #ハレ婚祭り http://shindanmaker.com/526469
キターッ!


一例として、こういう結果になったりならなかったりします。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2858-dbc8be19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。