日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』35 じゃない方の女  

春らしくなってきましたね。ようやく湯たんぽ離れできそうです。
夢の表紙コラボ&巻頭カラー&コミックス発売の勢いで、更に盛り上げたいですね♪
無論、いつものようにコミックス発売記念企画もやります。楽しんで頂ければ幸いですー。
ヒロミ・ゴー的に言うところの『ハレルヤ・バーニングラヴ』です。心はトップギアです。

それでは、感想を。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

祝・連載9ヶ月突破!

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、小春は「ある決断」をする――!

そんな中、龍之介は、小春は、ある『〇〇』と出逢った――!?

これって、どゆこと?

新たな三角関係!?


この漫画って、そゆこと♪




先生からも本誌からも嬉しい公式発表の連発です。

待望のコミックス第3巻、4月6日発売決定!!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!

本誌16号では超美麗巻頭カラー!!
更に本誌表紙でNMB48とコラボレーション!!

表紙&巻頭カラー&本編の『ハレ婚。』的3連発!!
楽しさ3倍!! 嫁何倍!?

更にコミックスでお得ゥ!!




つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx
【 #ハレ婚。 】NON先生の新境地『ハレ婚。』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
コミックス第3巻は4月6日発売決定!
本日3/30発売の本誌18号掲載【35 じゃない方の女】は必見!
今回は本誌表紙&巻頭カラー!
実はこちらもコミックス表紙とは「同じじゃない」ので要注目♪




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

昨日の敵は今日の敵?
昨日の出逢いは今日の揉め事?
昨日の女は今日の嫁?


35
じゃない方の女



いつも楽しみな本誌発売日のハレ婚。曜日ですが、今回は普段より更に楽しみでしたね。

ゆずっぺがNMB48のさやななコンビと夢のコラボレーション!!

『ハレ婚。』が本誌の巻頭カラー!!


つまり、表紙から実に『ハレ婚。』らしい企画の3連発で誌面を彩っているのです。
普段はコミックス派だという方も、今回はチェックしてみてはいかがでしょうか。

■奥イチ! 夢の表紙コラボレーション!

表紙コラボレーションとしては、昨年の本誌36/37合併号でも前例はありました
(■『ハレ婚。』07 学生気分の女 参照)。
こちらでは、小春ちゃんとしーちゃん(中村静香ちゃん)が並ぶという夢のコラボレーションでした。
無論、この表紙の為に描かれた先生の描きおろしで、流用ではないのも大きなポイントですね。

今回の表紙コラボも前回と並ぶほど、いえ、寧ろシンクロの度合いとしてはこちらが高いかも。
これについては次の記事を別に設けて、そこで触れます。

■奥ニ! 巻頭カラー!!

この扉ページも気に入っています。
先週号の本誌予告でカット自体は判明していたものの、楽しみでした。
やっぱりカラーでお目にかかれると喜び倍増ときめき倍増ですよね。

小春ちゃんとうららちゃんのツーショットというのが新鮮で堪りません。
この構図がまた素敵なんですよねー。
コーヒーが載ったお皿を2人で支えるのがニクイなあ♪
しかも、桜の花弁が。うーん、良いなあ。

他のポイントとして、2人の髪色、エプロンの色も特筆すべきところですよね。
赤と緑かあ。うららちゃんと緑ってマッチしてますね。
他の誰とも被らない、重ならない『色』として、うららちゃんに期待が高まりますね。

この扉ページはコミックス冒頭(目次ページの直前ね)に収録される可能性はあると見ていますが、
これは何としても本誌の巻頭カラーとして保存しておきたいところです。

■奥サン! 35 じゃない方の女

それでは、本編の感想を。

ナイスタイミングすぎる3人の出逢いですね。
今回もまた会話とテンポ感で魅せていくノリの良い構成で大満足です。
だってねえ、小春ちゃんのブチキレ感が炸裂しまくってんだもの。
家出から落ち込みダメージモードだったので、何はともあれ威勢の強い彼女が見れて安堵したり。

3人それぞれの心の声、台詞だけでグイグイ読者を惹き込んでオーバーヒートさせるドライヴ感。
先生ならではのハンドリング&リーダビリティーだなあと。本当、読んでいて楽しくて仕方がないもんね。
デリシンのミチルちゃんもこの点でかなり良い味出してましたが、小春ちゃんはずば抜けているなあと。
改めて、本作は先生の新境地だと痛感してます。

また(・・)

つっこむ
・・・・!?


ここから始まって、齟齬と誤解が良い味出しすぎ。
もう読み返す度に、内容をわかっているのに大爆笑。先生、最高。

今回は小春ちゃんの表情も良い味出してますよね。
最早、顔芸の領域だもんね。
どのコマもとことん味わい深い!
上述の件もそうですが、デリシンとはまた違った味付けで新境地だよなあと。
ぶっ飛び感、スコーンと突き抜けた表現、怒りの発火方法など、堪りません。
小春ちゃんならではの味ですね。

中盤までこの調子の夫婦漫才(違う)なので、読者としてもノリノリ。楽しすぎるー♪

小春ちゃんは怒りモードでガンガンだったりガクーンと落ちたり忙しいのに対し、龍ちゃんはいつもの龍ちゃんですもんね。
これが良いのですよね。これでこそ龍ちゃん。これでこそ魔王DSRよね。

小春ちゃんが
何にそんなに
怒ってんのか

全然
わかんないよ


そう、そこなんですよね。
そうだろうね、龍ちゃんからしたら。

でも、龍ちゃんの立場から考えると、確かにそうなんですよね。
衣食住も満たして、愛情も注いでいる訳ですから。

直前の彼の台詞も確かに一理あるのですよね。
龍ちゃんと結婚したからこそ「悲劇が終わった」。つまり、借金を解決できた訳ですからね。
こうして『COFFEE&PUB ルパン』で話していられるのも彼のおかげ。
そう考えると皮肉なものでもありますよね。

夫婦がぶつかる中で、モジモジうららちゃんがパンツ問題で悶々としているのもツボでした。



何だかんだで小春ちゃんの怒りモードでノリの良い展開でした。

問題は、「これから」です。

今回最大のハイライトは、正にこの次。

手を差し伸べる龍ちゃん。優しい瞳で見つめる直子ママ。頬を赤らめているうららちゃん。



やっぱり、こうなるよね。

小春ちゃんだもんね。「はいわかりました」ってならないよね。
なるわけねーよって感じよね。

連載開始から今まで描かれてきたこの制度が抱える問題であり、本作のコアの一つですね。
小春ちゃんに限らず、まどかちゃんもそうです。こちらも丁寧に描かれてきた通り。

みんなを平等に愛する夫。

言葉にすると公明正大で素晴らしい人にさえ思えます。
ある意味では、実際素晴らしい人です。
でも、ここで「?」が浮かぶのが、また人間なんですよね。

みんながみんな、龍ちゃんや大津市長みたいにこの制度を心で理解できて納得している訳じゃないですからね。

確かに『ハレ婚』はこの超少子高齢化社会と呼ばれる現代日本において、画期的且つ合理的な制度です
(作品名ではなく制度の方なので『。』は付けません)。

でも、それでも、それだからこそ、疑問符を抱く女性がいて当然です(男性の側にしたってそうでしょう)。

あたしは
あたしだけ
愛してくれる
人じゃなきゃ嫌




本作が先生から産まれた時点で逃れられない一つの大きな命題です。

改めてそれを突きつけられた瞬間です。

新展開で新たなる登場人物が現れた『今』、ここで突きつけてくれたのはとても胸に刺さりましたね。

読者の皆様はいかがでしょうか。
小春ちゃんに共感を覚えるのか、龍ちゃんに同意するのか、大津市長大絶賛なのか、それも人それぞれでしょう。

個人的には小春ちゃんと龍ちゃんの中間で小春ちゃん寄りというのが私の気持ちです。

「もしも実際に『ハレ婚』があったら……?」

「もしも、自分の恋人が、好きな人が『ハレ婚』も考えていたら……?」


など、そういう風に考えてみたり、自分に置き換えてみながら味わうのもまた一興かと。
上述の通り、我が国の少子高齢化の問題は更に深刻になっていくばかりですから。

真面目な話、制度自体は頭ごなしに否定するものじゃないとも思えるのですよね。
ええ、わかっていますよ。こういうことを言うと頭ごなしに否定する人種がいることも。

ハーレム化の反面、「ヒトリ」にすら相手にされない男はどうなるんだ。

そういう声が聴こえてきそうです。
そんなことはわかっています。その上で申し上げています。

連載開始当初から度々触れてきたように、「実現するか否か」が問題じゃないんですよ。
その一点においてリアルじゃないというのは思考の放棄と無知の露呈でしかありません。
それを言い出したら、漫画の怪人も変身も超能力も描けません。

本作が『実り在る真のリアル』であるのは、『嘘が一つしかない』からなんです。
その『嘘』は、つまり『ハレ婚』は本作の大前提であり、通奏低音です。
それに対する葛藤や衝突は、これ以上ないくらい『リアル』です。

小春ちゃんがツクリモノではなく如何に血の通った人間であるか、よくわかって頂けるでしょう。

実際に『ハレ婚』が我が国で実現すれば、彼女こそが、『未来の私たち』と言うこともできますし、
実現しないままであっても、『ハレ婚』があるがゆえの小春ちゃんの悩みとアクションとドラマなのです。

つまり、『ハレ婚』の制度があろうとなかろうと、人間ドラマとして良質です。
先生が人間を人間らしく描かれていることがわかります。

ポリアモリーについては勉強したいと思っているところですしね。
この点においても、先生が『ハレ婚。』を連載されていることは大きいですよね。
またしても先生は時代の先駆者として会心の一撃を繰り出された訳です。

かつてのデリシンのキャッチコピーを思い返しますね。先生は更に進化されました。

紛れもなく本作が先生の新境地であり、『今』最もラジカルな作品です。



……あ、いつもより真面目モードで熱くなっちゃいましたね。あらら。

呑んでほろ酔いモードでくだけた文章にするつもりだったのですけれどね。
まあ、これもトップギアの一環ということで。



と言う訳で、最大のハイライトが見開きで見事に活かされた訳ですが……!?

更に見開き!!

前回に続いて、またしても「ページを捲ると……?」の巧さ、見開きの活かし方が素晴らしいですね。



まさかの選手交代。

代打、僕。





正直、龍ちゃんなら言い出しかねないかなあ~とは思っていましたけれどね。
4番スラッガー差し置いてそっちのけで放置プレイってもう。
昨日の今日で早速アクティヴなのは、やっぱり龍ちゃんらしいですね。

毎回毎回、本誌のアオリ文、柱文、巻末の一文など、担当さんのトップギア大活躍も大きな楽しみです。
今回は特にやられました。もう大爆笑ですわん。天才だわ。

「〇〇並み」て(知りたい人は本誌購読してね)。

確かに守備範囲広いですよね。うん。

いやー最後の最後で衝撃と大爆笑がダブルで襲い掛かってくるとは。
これはもう心から担当さんグッジョブと叫ばざるを得ないです。会心の一撃がお見事です。



さて、お寿司の『出前』ならぬ『お持ち帰り』が先になっちゃいました。
問題は嫁さん2人の反応ですよね。

「嫁さん(小春ちゃん)を迎えに行った旦那が帰ってきたら、隣に居たのは女子高生だった」って話ですもんね。

ゆずっぺは寛容にしても、『彼女の誕生日』祝いのタイミングでこの行動ってのがねえ。

うららちゃんがパンツ返すなら伊達家来訪のこのタイミングがベストだと思いますが。



〇ハレ婚。トーク 1

コミックス発売記念企画は発売日近辺を予定しています。
勿論、難しい話は何も無く、愛読者の方ならどなたでもお気軽にできることだけです。
私が死んでいなければ、予定通り発動するはずです。

〇ハレ婚。トーク 2

うららちゃんが女子高生で制服が基本スタイルってことで、ふと思いました。
実写版では乃木坂46からキャスティングしたらどうかと。
今のうちから先生にお願いしておこうかしら。なんちて。

なーんてことが浮かんだり。最近、ツボなんですよねー♪
いえ、浮かんだだけですから。反対派の方、刺さないでください。

でも、髪型も近いし、まどかちゃんは橋本ちゃんが良いかもーと思ったり。
橋本ちゃんお気に入りなんですよね。
いえ、思っただけですから。思っただけですから。刺さない刺さない。

そうそう、『CanCam』買っちゃったぜよ。
ヤンマガのゆずっぺさやななの豪華表紙3人娘と『CanCam』のななみん&さゆりんを並べてみたり。
デリシンでは『non-non』でしたよねー。懐かしいー。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

乃木坂46
『命は美しい』
『世界で一番 孤独なLover』
『制服のマネキン』

よりによってNMB48コラボ回で挙げるのかと言われそうですが、ご容赦を。
NMB48の楽曲なら、小春ちゃん&ゆずっぺが合いそうですよね。正直、詳しくないのですが。

真面目な話、今後の展開次第では、うららちゃんにマッチする楽曲も増えてくるんじゃないかなと。
何度も言ってますが、まさか嫁サンズの3人より『年下』で尚且つ『女子高生』ってね。
そんな子が出てくるとは思いませんでしたからね。これにはやられました。
どちらかと言うと、『モンスガ』のナギさんみたいなオトナのセクシーお姉さんが浮かんでました。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2840-d21437d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。