日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が文章を書く時、または小説や音楽雑誌などで文章を読む時に、句読点は意識するポイントです。
この点で音楽雑誌について言えば、好きなライターは増田勇一さん、志村つくねさん、長澤智典さんです。

臆面もなく言ってしまえば、僭越ながら、自分の句読点の使い方は森博嗣さんに近いかなと感じたりも
(ワードセット、ポイントセット、スラッシュカットなどの『レイアウトSHOW』の技法は清涼院流水さんの影響ですが)。
勿論、自分がそう感じるというだけで、リズム感やテンポ感だけの話です。
文章力や表現力は森さんの足元にも及ばないのは承知しております。

そこで、件名にも挙げさせて頂いているイケダハヤトさんの文章。こちらが素晴らしいのです。

イケダハヤトさんについては私なんぞがダラダラ説明するまでもなく、皆様ご存知でしょう。
言わずもがなのプロブロガーの方であり、その道のトッププロの方で、私が敬愛して止まないアーティストのお一人。

イケダハヤトさんの著書『武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ! 新しいマル秘文章術』は、
敬愛する清涼院流水さんの『清涼院流水の小説作法』と並んで想い入れが強い名著です。

『武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ! 新しいマル秘文章術』

『清涼院流水の小説作法』
(※清涼院流水さんの作品は総てが『ミステリ』でも『小説』でもなく、唯一無二の『流水大説』です。
「清涼院流水さんの著作」は総てこの分類であり、尚且つこちらに分類されるのは「清涼院流水さんの著作のみ」)

『武器としての書く技術』でもはっきり、きっちりと説明されている通り、
「読まれてナンボ」なんですよね。
イケダハヤトさんの文章、「ブログだからこその文章」における句読点の使い方がとても好きです。

一言で言ってしまえば、「めっちゃ気持ち良い」のです。

何と言いますか、そう、正に「流れるように軽やか」なんですよね。
このリズム感とテンポ感は、イケダハヤトさんのツイッター&ブログの読者として、物凄く気持ちが良いところです。
大好きです。

今回の記事で、敬愛する清涼院流水さんを一緒に挙げさせて頂いた理由もこれです。
『流水大説』って、読んでいて正に「流れる水のような自由さと気持ち良さ」ですからね。

正に、清涼院流水さんの『流水大説』に通じるからです。
『流水大説』の「言葉の自由さと自遊さ、豊かさ」や「言葉の無限の可能性」を髣髴させるのですよね
(繰り返しになりますが、『流水大説』とはただの『ミステリ』でもなければ『小説』でもありません。
「本は頭からお尻まで順に読むものという固定観念」すらとっくの昔に破壊してます。
「1冊の本で26通りの読み方」まで実現してみせたのが清涼院流水さんの『流水大説』です)。

イケダハヤトさんは『アーティスト』を公言されている通り、社会的にも素晴らしいアクションの数々。
言うまでもなく皆様ご存知でしょうが、『BIG ISSUE ONLINE』の編集長まで勤めておられます。
「世の中で眠っている情報や価値を掘り起こして伝える」ことにおいても素晴らしい御方です。



私にとってブログとは自分の為の最高の遊び場です。
ただそれだけで、正に自分の為に続けています。
ゆえにブログからの収益は当然ながらゼロです。
正直、次号のヤンマガや好きな缶コーヒーを買うのも厳しいほど生活が苦しい日々ですが、そこはそれ。

でも、一方で、「人に伝える何か」ってのも良いなあと思ったり思わなかったり。

大好きな赤霧島を呑んで、大好きな『仮面ライダーアギト』を視て(そして号泣)、
大好きなイケダハヤトさんの著書に触発されて、
呑んでイケイケな勢いでこんな記事書いちゃいました。なんちて。

うちは年初に挙げたスローガンの通り「出逢わない系」で「騙されないぞ系」で、
今年も「誰にも読まれない系」で、マイペースで続けていこうと思ってますけれど、
何だかんだで心境やブログの変化はあるかもしれませんね。

真面目な話、「ブログって自分が好きなように自分の為に楽しめば良い」と私が思っていること、
それはイケダハヤトさんから刺激を受けたところが大きいので、感謝しております。

と言う訳で、今後もマイペースでまったり書いたり書かなかったりしまーす。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2819-01d6554b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。