日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』34 バイトの女  

春らしいあたたかさの日も多くなってきましたね。
勿論、年中『小春ちゃん日和』で楽しんでます。

それでは、感想を。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

もしも日本で一夫多妻制が実現したら……?



前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

これって、どゆこと?

小春は「ある事情」から伊達家に関わることに……。

そして、小春は「ある決断」をする――!

そんな中、龍之介は、小春は、ある『〇〇』と出逢った――!?

これって、どゆこと?



この漫画って、そゆこと♪




本誌でも公式発表がありました。コミックスが待ち遠しいですね。

待望のコミックス第3巻、4月6日発売決定!!

更に、先生からの公式発表もありました。朗報です!

既刊コミックス第1巻&第2巻、共に 大 量 重 版 決定!!

更に本誌今週号で嬉しいおしらせも……♪

今のうちにコミックスゲットと共に本誌購読シフトされるのもまた一興(一驚)かと。
よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!

今回の本誌16号では更に別の公式重大発表あり!!




つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。

夫婦円満? 夫婦炎満?
『。』は本作のシンボル。メルクマール!
『。』を付け忘れないよう、用法・用量を守って正しくご愛読ください♪




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 3月16日
【ロクナコトガナイ?】
『今』最もラジカルな漫画家・NON先生の『 #ハレ婚。 』は
#ヤンマガ で大絶賛連想中! 日本全国話題沸騰中!
【ガールトデアイガアル?】
#34 バイトの女 本日3/16発売の本誌に掲載! 更に、本誌で公式重大発表もあり! 必見♪




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

バラバラのフタリにドキドキの繋がり?
ジリジリ迫る夏の陽射しとアツい展開?

アシアトが結ぶヒトツのカタチ。

フラフラの乙女にときめきの瞬間!?


34
バイトの女




ツイッターの方と言い、こっちの方と言い、PR文で何だかカタカナを多様したくなっちゃいました。
モチのロンで、小春ちゃんのあの言葉がきっかけでーす。はい♪

と言う訳で、灼熱の容赦ない陽射しに負けじと、嫁にも迫る残酷な現実。
……なんて昼ドラ臭いフレーズだと小春ちゃんが気の毒よね。メンゴ。ネギチョップは勘弁。

……じゃなくて、「熱い」展開でお得ゥ!! ってことで(大津市長風)。たまんないですよねー。



はい、さてさて、新展開も凄いことになりそうですね。というか、もうなってるー。

小春ちゃんが伊達家の夫婦生活に耐え切れなくて家出というのは以前に予想した通り。
しかし、問題はそこだけじゃなくて、ここでこんな展開になるのかと。

そう、新たなる登場人物、松橋うららちゃんの登場(ある意味で搭乗)ですね。

しかも、小春ちゃんが記憶を取り戻して、過去編が描かれた後でこれですもの。
ニクイなあー、つくづく先生の構成はずば抜けてるよなあと唸らされっぱなしです。

そうなんです。

先生の構成は本当に秀逸。

読者の驚き、ときめき、笑いなど、これらも先生の構成の力が大きいと感じます。

先生の構成の巧さと言えば、今回も正に顕著な回ですよね。
もう冒頭から炸裂しっぱなしです。容赦なくガンガン来てます。

半額ツナマヨのおにぎりに始まり、巧すぎます。
集まる鳥たちに対して「申し訳ないけれど、これはあげられない」と。
確かにこれだけ空腹でガンガンの陽射しにやられてフラフラならね……。

で、ページを捲ると……?

あちゃー!!

更に! 次のページで子供たちに見られながらの二段オチってもう。

これにはやられたなあと思っていたら……!?

更に! 怒涛の三連発だったとは!

ゆずっぺのステーキタイムー♪

って、おーい。容赦ないなあ。
このギャップがもう。ページを捲る前後でコレですもんね。
巧すぎにして「美味すぎ」な訳ですね。先生、最高♪

さて、ステーキ食べながら片手にジョッキということで、奮発した外食の一時です。
作中の季節については以前から感想でちょいちょい触れています。
と言う訳で、言わずもがなですが、今は夏です。

そして、龍ちゃんの「ハッピーバースデー ゆず」の台詞。
これで『季節』どころか『日付け』まで絞り込めましたね。

そう、ゆずっぺは皆様ご存知の通り『昭和62年8月5日生まれ』です。

ということで、日付けも誕生日当日と見るのが自然で、違っていてもそれに近い日で間違いなし
(■『ハレ婚。』09 両手に義父…の女 参照)。

この場面での3人の会話も何気ないようで、めっちゃ巧いですよね。これもニクイなあー。
さりげなく、きちんと「今までのおさらい」になっている訳ですし、今まで読んできた読者には堪らないはず。

ウォシュレットと言えば、ゆずっぺとまどかちゃんの口論バトル。
龍ちゃんの「エアコン買おう」の一言(※つまり、伊達家ルール その1)で決着でしたね
(■『ハレ婚。』11 肩身の狭い女 参照)。

そうだったよねーと思いつつ、ページを捲ると……!?

まどかちゃん、「マル対」て。
思わず吹きました。
ちなみに、この8ページ2コマ目のまどかちゃんがレアなカットなんですよね。

そう、まどかちゃんが髪を掻き上げている! 耳に掛けている! 耳が見えている!

これには思わず反応しちゃいました。マル対より、こっちにセンサー反応よ。

なるほど、GPSですか。

こういう手を打っていた&「マル対」と来たら、あの回の扉ページを連想しますよねー。
ええ、ミニスカポリスのあの回
(■『ハレ婚。』17 イージーな女 参照)

今回はどっちかと言うと「射殺」より「張り込み」ってところですが。



さて、心身共に疲れ果てた我らが嫁ちゃん3号小春ちゃんは……。

だよね。ここしかないよね。

結局、やっぱり『COFFEE&PUB ルパン』へ。

直子ママの出番も嬉しいところです。
龍ちゃんや嫁ちゃん2人と向き合う時とまた違う味があるんですよね。
お母さんならではの味ですね。直子ママも気に入ってます。

「一度は『家を出た女』がまた帰ってくる」展開はずっと楽しみにしていたので尚の事。

これ自体が、第1話の流れ、つまり小春ちゃんが東京を離れて帰って来たことにも通じていますしね。
一度進んで躓いてまた戻るという作劇も、先生は実に巧いとデリシン時代から痛感しています。
デリシンが社会的にも大きいアクションであるのに対し、本作は極めてパーソナルという対比もニクイです。
上京して運命の出逢いがあった雅美ちゃんと、都落ちから運命の出逢いがあった小春ちゃん。
自分の中に宿っているデリシンを思い返しながら本作を堪能するのもまた格別の喜びです。

ここで小春ちゃんが戻ってきてお店の手伝いってことになると……。

やっぱり、うららちゃん登場ー♪

この場所で出逢うという展開については前回で予想した通り。
お店のお客さんとしてではなく、既にアルバイトのスタッフとして登場というのは良いですね。
こちらの方が展開もテンポ良く進みますしね。これについては、なるほどなあと。

って、ことは……!?

魔王降臨。

やっぱり旦那来たー!

GPSの男来たー!

GPSのDSR!

ここでもまた「ページを捲ると……?」の先生ならではの構成が光ってますね。
龍ちゃんのこの表情。ああん、もう。
最高♪

何気にこの時の小春ちゃんの表情もツボ。

小春ちゃんの「キューーーン・・」については、すっごくわかります。
この回だけでも、うららちゃんの他の子と被らない味がよく伝わりましたしね。
お淑やかという一点だけ見ると、強いて言うならまどかちゃんに通じますが、やっぱり全然別ですね。
まどかちゃんが「無愛想おすましクイーン」なら、うららちゃんは「純朴素直プリンセス」よね。

「守ってあげたいっ!!!!」もツボすぎ。

「流石は先生!」と思わず頷いちゃったり。
「守ってあげたい」系の謳い文句(殺し文句?)って、結構夜のお店に多かったりしますよね。
と、いらんことも言ってみたり。

さて、『嫁とワカメと女子高生』ってことで、これ以上ない展開が早速来ました!
『仮面ライダーオーズ』(奇しくもパンツ繋がり)の毎回のサブタイトルばりに見事なコンボが早速来ちゃいましたね。

ここ最近のテンポ感も良いなあ。めっちゃ好き。

小春ちゃんは「女子高生&パンツ」という接点に驚きでしょうし。
うららちゃんは「旦那さんだった&奥さんだった」ことにびっくりでしょうし。

龍ちゃんだけは相変わらずの龍ちゃんでしょうし。うん。
ここが龍ちゃんの良い味でもありますよね。彼は揺らがないよねー。

ますますお楽しみだらけの展開になりましたね!



そんな中、先生が単行本作業の為、次号は残念ながら休載。
気になる次回は3/30発売のヤンマガ本誌18号から再開です。

『ハレ婚。』が載ってないヤンマガって、やっぱり淋しいですが、一番大変なのは先生ですからね。
読者ならガタガタ言わずに待ってなさいよということで、自分にもそう言い聞かせてます。
読者は待つだけですが、誰よりも先生が大変なのですから。

気になって仕方がない本誌展開&コミックスに対して、本誌で公式重大発表がありましたね。

次回はヤンマガ本誌で巻頭カラー!!

バンザイ! バンザイ!! バンザーイ!!

ハレルヤー!!

これですよね! やったあああああ!!
コミックス発売記念巻頭カラーに期待して信じてきて良かった!

来た来た来たー! 巻頭カラー!! 先生の巻頭カラー!!
月曜から今までもう何回繰り返したか自分でもわからないくらいバンザイしてます私。

次回掲載の本誌で、本作も連載9ヶ月突破となります。
巻頭カラーと次回のときめきで、このテンションで休載も乗り切ります。
勿論、新刊コミックス発売記念のお祭りもまたやりたいです♪
既刊コミックスも大量重版出来決定で嬉しい限りですし、日本全国にハレ婚。旋風ですよ♪
私のボルテージもトップギアで高まっております。

〇ハレ婚。トーク 1

と言う訳で、巻頭カラーの前にコミックス大量重版を祝して、ひとつ描いてみました。

ハレ婚。34ゆずっぺイラスト

我ながら「似てねー!」&「あちゃー!」のやっちゃった感が大きいですが、これは鉛筆描きです。
まだ下描きですと言い訳をしておきます。カラーの前のモノクロってことで(苦しいな)。
みっともないなー。

やー、みっともなくったって良いじゃんと(開き直りかよ)。
ゆずっぺと並んで呑んで楽しくテンション全開で先生を応援すれば良いのですよ。ねー♪
楽しいのが一番。月曜日はハレ婚。曜日。それが楽しい♪

はい、今も呑んでます。

真面目な話、やっぱり『ハレ婚。』の楽しさ、面白さは自分の中で格別です。
自分が生きていく中での大きな楽しみです。本当に日々の生活のときめきがまるで段違いです。

〇ハレ婚。トーク 2

前回で触れたうららちゃんの名前について、ここでひとつ。
『松橋』を逆から読むと『始発』が浮かび上がりますね。
ってことで、本誌読者の方ならこの時点で言わずもがなですね。
あの扉ページと実に良いリンクです。先生、やっぱ天才だわ。

『うらら』ちゃんという下の名前の方も言葉遊美やキャッチフレーズに活かせそうですよね。
こちらの方もまた思いついたらPR文などに盛り込もうかなと。

〇ハレ婚。トーク 3

そうそう、余談ですが、今回の本誌表紙も可愛らしくて良いですね。
最近のアイドルちゃんには詳しくないのですが、素直に素敵だなあと。
私もこれくらい美人だったら良いのですが、生憎ドすっぴんは本当にブサイクなのです。

以前に実写版『ハレ婚。』のキャスティングを考えて書いてみたこともありますが、ここで閃き。
うららちゃん役は年頃のアイドルちゃんがマッチしそうですね。
というか、大人を無理に若作りさせるより、それが自然ですよね。
まさかここに来て未成年の子が登場するとは思ってなかったので、正直思考の外でした。

ここに来て本作の物語が一気に加速しそうな勢いと共に、自分も一つ開けたかなと。
そんな感触がありましたね。これだけでも物凄く楽しくて得した気分です。

最近のアイドルちゃんにお詳しい『ハレ婚。』読者の方、良いキャスティング案があれば是非是非。なんちて。

たまには音楽ネタじゃなくても良いかなと、こんな話をしてみました。なんちて。

では、また再来週~。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2813-01829289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。