日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』32 星の下の女  

前回の文頭から、早速これです。
我ながら、流石に遅いなあと呆れます。自分の為の感想なので良いのですけれどね。
「言い訳はしません」も言い訳なので言い訳はしません。あれ?

さっさと本題に入りましょう。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇けっこん [結婚]


〈スル〉 夫婦になること。婚姻。

〇く‐てん【句点】


文の終わりを示す「。」の記号。まる。

〇まる【丸/円】


《「まろ」の音変化》

[名]
●まるい形。円形。また、球形。
「該当する項目を―で囲む」

●答案などに正解または合格・優良の評価の意味でつけるまるい印。
「正しい答えに―をつける」「図画で三重―をもらう」

●数字の零を読み上げるときにいう語。
「一(いち)―三(さん)―(=一〇時三〇分)に到着」

金銭のこと。会話で親指と人差し指とで輪をつくって示すこともある。

完全で、欠けたところのないこと。
また、全部を包含していること。まるごと
「リンゴを―のままかじる」「―に一夜さ添ひ果てず」〈浄・無間鐘〉

●江戸の吉原遊郭で、遊女の揚代が倍額になる日。正月や節句の日など。丸の日

NON先生の『ハレ婚。』において作品名の語尾に絶対欠かしてはならないマーク。読者の人生のメルクマール
(印鑑、婚姻届、夫婦円満などの連想にも繋がり、文字通り重大なポイント。 ※手塚さんの素晴らしいロゴデザインも必見)。



〇前回までのあらすじ

前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

この関係って、どゆこと?

この町の空白の4年間を埋めるが如く、小春を驚愕させる事実の連続。

そして、始まる4人での奇妙な生活?

そして……遂に小春は……!?

重 大 発 言 。

この漫画って、そゆこと♪




本誌がまたしても凄まじい展開ですね。
コミックス派の方が本誌シフトされるにも良いタイミングかも。

以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方でも、どの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめるでしょう。

よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

コミックス第2巻までゲットから本誌にシフトして追い着くのに良いタイミングかと。
毎回同じことを申し上げている気がしますけれど、そう思っております。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


更なる新展開に突入! 本誌必読!!

更に本誌で重大発表もあり!!


つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 @februaryxxxx · 3月2日
【NO LOVE!】『今』最もラジカルなアーティスト・NON先生の新境地『 #ハレ婚。 』は #ヤンマガ で大絶賛連載中!
【NO YOME?】#32 星の下の女 本日3/2発売の本誌に掲載!
【NO WHERE?】今回から更にとんでもない新展開! 必見!【NOW HERE!】




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

遂に?
早速?

嫁の宣言。


32
星の下の女




今回のPR文は本誌扉ページのデザインに乗っかってみる形にしてみました。

と言う訳で、『どこにも無い場所』行きかはさておき、『今、ここで』宣言しちゃいましたね。

扉ページがいつもながら巧いなあとニヤニヤしちゃうのですが、今回もそうですね。
『LOVE ME』のワンポイントがニクイですねー。

本編1ページからテンポ感が良いですね。
ばん、ばん、ばんっと3コマに渡り宣言。



だよねぇ、奥の2人は止めないよね。だろうと思った。
当然、ここで手を差し伸べるのは龍ちゃんでしょう。

と言う訳で、どこのドラえもんやねん。

「不潔な四次元ポケット」に爆笑。
何気に凄いところから出してるもんね。

で、もう一つ小春ちゃんとシンクロしたところが、次。

ちょっとは
引きとめん
かい!!


ほんと、これ。
ちょっとは引きとめようよ。平然と棒立ちかよ。
それでこそ、ここの嫁ちゃんですが。

はてさて、嵐の『後』の静けさになった訳です。
耐えられなくなって家を出るという展開は以前に予想して触れた通り。
しかしながら、過去編で一つの真実を明らかにした後でこの展開ってのがまたニクイですよねー。

無愛想おすましクイーンのたおやかな笑顔が却って猛烈に怖い。
まどかちゃん良い味出してくれますよねー。ここがツボすぎます。

小春ちゃんは実家がある訳ですし、『COFFEE&PUB ルパン』で働いて収入も得られますしね。

……って、現実はそんなに甘くなーい。

道中の「ゲーコ」のオンパレードに苛立つ小春ちゃんも良いポイントでした。
これ、本当によくわかる。自分が子供の頃とかこうだったもんなあ。
田舎の夜道って本当にこれなんですよ。
余談ですが、ヤンマガで蛙が出ると『ミュージアム』を思い返してニヤリとしちゃうなあ。

旅から戻ってきた可愛い我が子に旅をさせる直子ママがグッジョブ!
って、ここで直子ママ褒めたら小春ちゃんにしばかれそうですが。

我が子を敢えて突き放す直子ママの台詞がまた味でしたね。
うん、深夜2時は無いわな。これは親子でもイラッとするよね。いえ、寧ろ我が子だから尚更か。

逡巡の後、手を差し伸べかけた直子ママ……!
そこに、小春ちゃんの「いらん一言」が。おーい!

あちゃー!

直子ママの眼輪筋がえらいことに。
あとちょっとだったのにぃ~。小春ちゃーん!

ここも爆笑でした。
先生はテンポ感の素晴らしさもさることながら、ここの『溜め』と『スルー』が華麗なるピンポンすぎて絶品。



こういう展開になると、ポイントとしては「小春ちゃんが戻ってくるまで」の過程(&家庭)かなと。
逆に言えば、「龍ちゃんが連れ戻すまで」とも言えますね。

と思ったら、何ィィィッ!?

ここで新たなる登場人物!!

しかも未成年!?

これにはやられましたね。
無論、初期から『4人目の女』は予想していましたが(※条例では4人まで可)、
出てくるにしても3人と近い年齢で、少なくとも成人だろうと。

ここでまさかの変化球とは……!!



ますます可能性が広がったような、更にヤバイことになりそうな、何とも言えないワクワク感で堪りません。
確かに他の3人と全く被ってないですしね。
黒髪ロングで前髪も文句なし。って、何の話してんだ。
強いて言うなら、まどかちゃんが遠くない雰囲気ですが、初見の印象だけで判断するのは早計ですよね。

と言う訳で、ここで女子高生の登場。

その名も、うららちゃん

私的に気になるのは、名字です。って、もう次号出てますけれどー(汗)。
と言う訳で、結論から申し上げますと、私の予想はハズレでした。
こちらについては勿論今回の感想では触れず、次回に回しますね。

ともあれ、これは極めて重要なポイントです。
本作の中核を担う(のは間違いないと思われる)登場人物で、
尚且つ、珍しく『前園』でも『伊達』でもない人物ですからね。

龍ちゃんなら恋に落ちたら彼女にシフトしかねないと思うし。

耳の星型ピアスがポイントですね。『うらら』ということで、マッチしてますね。



さて、主役そっちのけでしたけれど、当の3号ちゃんは……!?

神来たー。

アッコちゃん登場!!

最後の最後でホッとできるヒキというのは、NON先生の優しさが出ている場面だと感じます。

それにしても、今回の構成もつくづく秀逸ですよね。
主役がホームから出るところから始まり、新キャラクターの登場!
「可愛い嫁には旅をさせろ」な旦那と、帰って来た娘を敢えて突き放すママと。

それぞれの対比が実に秀逸です。読めば読むほど味が出てくる構成(攻勢?)です。

ますます今後が楽しみで仕方がありません。今年もハレ婚。ラヴ推し!です♪



〇ハレ婚。トーク 1

実はツイッターのフォロワーさんから面白い案を頂戴していました。
「今回の小春ちゃんがどれくらいで戻ってくるか、如月さんのところでアンケートしてみるとか」っての。
ナイスアイディアだなあと。思わずニヤリを通り越して吹いちゃいました。面白ーい♪

今後の本誌展開次第にはなりますが、今遅れていても、これからでもできたりするのでどうしよっかなと。
そういうの投票してみたいという方はいらっしゃいますでしょうか?
まあ、うちはいつもの方以外は誰も見てないと思って書いているので、声はないかと思いますけれど。
嬉しいお言葉でしたので、ここで取り上げさせて頂いた次第です。

〇ハレ婚。トーク 2

今更ですが、前回の感想をある一部分だけ修正しました。
一度書いたことを消して後から書き直すのはアンフェアなので、そういうことはしません。
本文以外のレイアウトの部分です。
わかる方がどれだけいらっしゃるでしょうか。

ちょっと謎々っぽくしてみました。
私的には誰一人気付かないに一票です。

〇ハレ婚。トーク 3

前回挙げたバンドから挙げてみようかなと。

BGM&Inspired by...

FLYING KIDS
『星屑のふたり』
『王子様のように』

島谷ひとみ
『Last Shooting Star』

勿論、意図的に歌詞を誤読して挙げてますけれどね。
後者は自分でもどうかと思うほどのこじつけですね(前者もそうですが)。
単純に好きな楽曲挙げてるだけだろって思われた方、半分以上正解です。

でも、今回の捨て台詞は小春ちゃんらしくてツボなところです。
柳沢慎吾ちゃんより感情振り切ってますよね。

と言う訳で、今年もパッション全開エンジン全壊で愛読してプッシュです。ハレルヤー♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2801-561634ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。