日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブタイトルも毎回の楽しみの一つですが、今回はとんでもないのが来ましたね。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になってない方は、ご注意くださいませ。




サブタイトルも、固有名詞を含むものが増えてきてニヤリですね。
りんなさん、現さんに続いて、いよいよ究ちゃんの回です。

しかしまあ、サブタイトルからいきなり凄いですね。

本編冒頭も凄いですねー。
流石は究ちゃん。特状課に客員として加わるだけあり、その筋のエキスパート。
一歩間違えれば(間違えるまでもなく)ヲタなんですが、そこがまた良し。
ただのヲタじゃないですからね。

ヒーローの名乗りに注文付けてくるってのもツボ。
こいつ、「ちゃんとわかってる」なあ。

進化途中の武装したロイミュードというのも良い設定ですね。
この点については、今後も着目していきたいところです。

究ちゃんは本名『今井健太』て。フツー。
「今、行けん」ってのが浮かびました。

実は既に入れ替わって特状課にもいたというのが凄いなあ。
本編をちゃんと視れば、納得できるし、この後付け感が寧ろ良い味出してますよね。

そこに現さんキターッ!
ゴルゴ風で熱い! 格好良い!

ニセモノと本物の炙り出しも巧かったですねー。
なるほどね。究ちゃんならあんなジャンプはできないですからね。

そして……。

まさかのアニメで意気投合。

コピーしたロイミュードもヲタ全開。良いわあ。

つくづく憎めないロイミュードだよなあ。

「あの日、サイン会と劇場版『マーマーマンション』の発表会が重なってしまい、
やむなくあんたと究ちゃんは手分けをすることにした」
「だが、発表された劇場版の企画に頭に来たあんたは、我を忘れて帰りに重加速を起こして暴れた」
「そして、女の子を捕まえて説教しようとした」

「何故あの子に?」

「それは、あの女の子が……」

「声優だったからだ」

「は?」

「うん、その通りさ!」

ここの件で大爆笑。

「いや、全く意味がわかりません」

「はぁ~……『マーマーマンション』はなあ! 台詞が字幕なところが良いんだよ!」

「アイドル声優なんか使ったら……あぁぁーぶち壊しだ!!」


更に大爆笑。進兄さん最高。これは愛してると叫ばざるを得ない。
進兄さん、「ちゃんとわかってる」人です。



進ノ介くんが072とチェイスを重ねていたことは視聴者なら誰もが思っていた通りでしょう。
ロイミュードにもこのようなタイプが存在するということは極めて重要です。
これは本作の根幹から変えられる可能性すら秘めている希望と言っても過言ではありません。

しかし、こんなロイミュードが存在して、ここで進ノ介くんや霧子ちゃんと巡り逢ったということは……。

やっぱり、そうなるよなあ……。
メディックが黙って看過するはずがないですよね。
今までの『死神』の代わりに彼女が手を下すと思った通りで、泣けます。

「進ノ介くん! いや……仮面ライダー」
「本物の西城究には、僕が大暴れして君に倒されたって、言っといてよ……」
「ほら、あいつ、あんな顔して結構涙脆いから。僕、わかるんだよね……」
「あいつと同じ心、持ってるし。ね」

泣きました。心の底から声を上げて泣きました。

覚悟はしていても、やっぱりずるいよなあと。
あれだけ大爆笑させておいた後で、この展開って。



「私、最近気付きましたの」
何度リセットしても、ロイミュードはまた同じようなことをするって」
「だから、ハート様と私と、選ばれた者以外は、消していった方が効率がいいんです

『来るべき時』の為に『一定の数』が必要だったはずですが、容赦なく消していっても充分足りるということなんですね。

怒り爆発の進ノ介くんが最高に格好良いです。
視聴者も同じ気持ちで燃える名場面!
仮面ライダードライブタイプデッドヒートに変身して更にタイヤ交換!
ここでマックスフレアとは燃える!

戦闘中にメディックの怪人態が見れたらと思っていたのですが、手下を盾にして逃げましたね。

と思ったら、最後の最後に!

ド琴線直撃のデザインです。これは期待大です。
無論、ハートは更に別の強い形態に進化するでしょうね。


スクーパーやジャッジの時のように、人間と手を組むタイプもいれば、進化途中のロイミュードも出てきて、
メディックとチェイスの『決定的な違い』も含め、ロイミュードという『生命体』そのものに、より着目したいです。
番組開始当初は、ここまで人間臭い奴らもいるとは思いませんでしたね。

ロイミュードとしての道を誤っても、『再生』させて更正のチャンスを与える『死神』。
自分たちにとって出来損ないの存在は容赦なく消して優れた者だけ残す『悪魔』。

両者の違い、今後のチェイス、ブレンとメディックの衝突も含めて、敵側も気になることだらけです。

珍しく一話完結の構成で新鮮に感じました。
それにしても、今回の浜野健太さんの名演技がつくづく素晴らしかったです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2798-c79f4dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。