日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想なんてとっくに書いたつもりが、頭の中だけでした。
と言う訳で、さくっと書いておきます。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方ご注意くださいませ。






正直、今までで一番面食らった回と言いますか、意外性が高かった回でした。
加えて、初見ではそう思ったものの、二度目以降の視聴で納得できた感じですね。

由樹を公衆の面前に引き摺りだし、裁判まで起こして、完膚なきまでに傷付け、叩きのめしました。
全国に名前と顔も広めて、掴みとってみせた勝利。
リサの勝利で、逆転の芽も摘み取られました。

これは冒頭のシーンでも言われていた通りですよね。
神崎編集長の台詞そのままですね。

神崎編集長の思考と行動は一貫して微塵もブレないのが良いですね。
ここまで貫かれると一周して気持ちが良い印象すら覚えます。
汚くて憎らしい人がいるからこそ、ドラマも熱を帯びる訳ですしね。
田中哲司さんのお芝居が良いです。いちいち私のツボに刺さるところが多くて気に入っています。

一方、由樹の方は堕ちたままで、精神的にも落ち着かず、不安定な状態に。
当然でしょう。視聴者も彼女と同じ立場だったらと想像してみたら、とても耐えられないはず。

ここからいかにして逆転するのだろうとか思って視ていたら……。

リサと神崎編集長が旅館に宿泊、そこで……。

書き出しで触れたことって、正にこのシーンが大きいです。
正直、取って付けたような展開で何だかなあと思ったのが本音です。
ある意味で本当に「取って付けた」訳ですが。
この火事って、まさか息子か由樹がやったのかと一瞬頭に過ぎったりも。
流石に穿ちすぎでしたね。他人を信用してない自分らしいなと苦笑。

そして、もう一点。

言うまでもなく、極めつけとなる終盤のシーンですね。

記者会見に続いて、同じテレビを通して自ら告白するとは。
生放送で、神崎編集長が止められないのもわかった上での狙いでしょう。

勿論、それまで隠してきて、彼女もまた「耐えられなかった」訳です。
彼女の心情としても、作劇としてもわかるのですが、ここでリサが真実を話すとは。

自作自演の果てに、真実の告白。

黙っておけばスターとしてそのまま君臨し、名声を残したまま綺麗な引退ができたものを。

でも、そんなリサが嫌いじゃないです。
彼女の「人間らしさ」を感じた瞬間でした。

思えば、これまでのことは神崎編集長が主導してきた訳ですからね。

自分が自分である為に、『作家・遠野リサ』ではない本当の自分の為に下した決断。
今までの裁判は保身の為で、この告白こそ彼女の崩壊。

そして、『崩壊』こそが彼女の『解放』。

いずれはこうなるしかなかったのでしょう。
これが、罪を犯してきた彼女の在るべき形だったのでしょう。



さて、毎度衝撃的な次回予告、次回は過去最高の衝撃ですね。
遂にこうなるとは……。

「次で最終回なの!?」と思ってしまいました。
今回と次回が逆転、あるいは再生の為の最も大きな山場でしょう。
この二回でリサが堕ち、傷付くということは、そこからの「リサの逆転」に期待ですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2796-1a40446b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。