日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京喰種:re』渡し舟:18  

こちらもすっかり遅れっぱなしでしたね。
最近、そんなことばっかり言ってますね。

今後はなるべく遅れないように書き続けられたらと思います。マイペースですけれどね。

本作のPR文とかキャッチフレーズなども、あれこれ考えていて、結局遅れた分だけ全部ボツ。
エッセンスとしては自分の中に残ってますし、その手のネタや文は山程自分の頭にありますし。
だから今後も隙を見て使い回しできるし、これからも楽しめば良いかなと。
こちらの方も前向きに、毎週楽しく読んでおります。



それでは感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方はご注意くださいませ。



NO FACE? NO FAITH.

東京喰種:re

石田スイ




オークションの進行役が『ピエロ』というのは巧いですねえー。
これには軽い驚きがありました。

什造の義足(プロテーゼ)ネタは思っていた通りでした。
ウタさん直撃ですが、仮面越しですし、再生力からしても致命傷にはならないでしょうね。
月山とトーカちゃんのバトルで不意討ち顔面直撃の攻撃を思い返したりしました。
あの時の本誌アオリ文「スパイス、襲来」は今も気に入っています。

新シリーズとして〔CCG〕の側から描かれてきた本作。
ここに来て、〝喰種〟の『巣窟』を襲撃という熱く燃える展開で期待が高まります。
前シリーズの読者なら、あれやこれといったかつての展開を連想したことでしょう。

次号も期待大です。



正直、新シリーズに対しての自分は「ニュートラル」なんだなあと思いました。
前シリーズの連載開始当初からの何とも言えない感覚とは別のものです。
勿論、それがいけないとも思いませんし、好きで楽しんでいるのは変わりません。

何と言うか、ある意味で俯瞰で見られるようになってきたのかなと。
今までは特にカネキくんに強く感情移入していたと思います。
だから現在が冷めている訳じゃないのです。

前シリーズへの強い想い入れはそのまま素直に自分の中にあれば良いじゃないかと。
その上で、現在の新シリーズも変わらず楽しめば良いだろうと。

それは「共存」できますし、矛盾しません。

やっと、自分の中で「消化」できたのかなというのが最近の心境ですね。
今が楽しめないという人は、自分だけ黙って消えれば良いのです。
好きな他の読者さんにあれこれ言わずに、黙って消えれば。ね。

臆面もなく格好付けた換言をすれば、脱皮した自分が本作を読めているという感覚。
もっと言えば、喰われて排泄された自分が向き合っているという感覚も。

『クインクス』のテクノロジーと存在は正に石森テイスト全開の仮面ライダー感ですし。
私のツボに刺さらないはずがありませんからね。
琲世くんとカネキくんとの関係性も思っていた通りでしたし。

夜に呑んでまったりしながらサクっと書くのも良いですねー。今後はこれで行こうかな。
昔はとにかく冒頭の一文からこねくり回していた感がありましたし。
それはそれで楽しいのですが、ニュートラルなのも良いなあって。

と言う訳で、とりとめのない駄文を書き散らしました。
遅れていた分、久々だったというのもありますけれどね。

では、今回はこの辺で。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2790-e32a94dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。