日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妖怪少女 -モンスガ-』第45怪 海の不届き者!です♪  

2/23から2/26までコミックス第3巻発売記念企画を開催しておりました。

第1怪『妖怪少女 -モンスガ-』霊気投票!です♪

※どちらも、コミックス第3巻収録分までを選択肢として留めております。

※どちらも、期間は2/23から2/26(つまり、ヤンジャン次号発売日)までです。

ツイッター選挙版

うちのブログ投票フォーム版

と言う訳で、参加された皆様ありがとうございました。
ヤンジャンモンスガ曜日まで楽しんで頂けたなら幸いです。
前回の中間報告記事に続き、結果発表記事も予定しております。
4月以降に『ハレ婚。』の方でも企画する予定ですので、そちらもよろしく!です♪ ということで、ひとつ。

さて、それでは本誌の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
本誌を未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ふなつかずき先生の最新作!!

待望のコミックス第3巻は大絶賛発売中!!

アキバ発!新感覚妖怪バトルラブコメ♡
『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

『ギャラリー』コーナーも充実!!
コミックス第3巻発売! 先生の公式ブログも必見!!

なんと、先生の公式サイトでスペシャル企画も!!
壁紙プレゼント!!


先生の公式サイトはお楽しみだらけの充実した内容!
先生と轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも要チェック!です♪

それでは、感想を。

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ちょりーんス!!!

ぱにゃにゃ~ん♪


第45怪 海の不届き者!です♪




夏の水着回ということで、ふなつ先生の真骨頂の一つとも言える美少女サービスカットの嵐!
本作ならではの楽しいノリノリ展開で、楽しくて仕方がないですねー。

前回の気になるヒキがありつつも、冒頭ではまだ気付いていない彼らの楽しい雰囲気が……。

って、おーいヤッキー。
前回の鼻血ブーモードから、今度はしょぼーんモードです。

前回もそうだったのですが、ヤッキーとナギさんの会話がツボすぎてもう!
今回も1ページ目から遠慮なくナギさん節炸裂ですね。いきなり大笑いでした。

「エレクトなう」も大爆笑。

さて、ページを捲ると……!?

またしてもゲッチメンズ来たあああああ!

前回のIKKANさんと金子さんに加え、今回は榎あづささんまで!
扉ページでこれって巧すぎる! 実男にやられて退散かと思いきや、二週連続登場とは!
榎さんもめっちゃ美人さんですよねー♪

何気に「ゲッチメー!!」じゃなくて実は「ゲッチチー!!」だったりするのがもう!
大爆笑の直後に大爆笑がまだ用意されていたとは。この不意打ちが最高でした。
先生、センスが神がかりすぎです。こういうの大好物です。



いやー、冒頭からたったの2ページで完璧に掴まれた感が。

さてさて、前回のビーチに続き、今回は実際に海まで行って泳ぐ展開です。
泳いで楽しいのは何よりですが、当然それだけで終わるはずもなく……。

海で楽しむ人々が、立て続けに水着を奪い取られるという事件が!
実に好都合な、じゃなくて(おい)、実にけしからん事件ですね。

轆花ちゃんは単身調査へ……。
これが凶と出なければ良いけれど……とドキドキしながら読み進めました。

お約束展開で、敵が水中から襲い掛かってきました。
凄まじい勢いで海底に引き摺り込んできて、早速大ピンチ。
しかしながら、ここは轆花ちゃんで良かったと言えます。
首を伸ばせる妖怪・轆轤首の能力が活きた展開で、なるほどなあと。
無理矢理それっぽく言えば、自力長さ可変シュノーケルってところですよね。しかも自分の首そのものが。

逆に言えば、轆花ちゃん以外のメンバーだったら、もっとピンチだったはず。
泳げるか否かという次元の話じゃなく、それこそ生命の危機に直結するレベルですよね。
海底に引き摺り込まれて呼吸できない訳ですから。

水着を脱がすのもそうですが、さわさわとむにむにで、お約束のエロさです。けしからん。

違う意味では大ピンチに変わりありません。
そんな非常事態に、あの男が……!

ヤッキー来たあああああ!!

待ってたよ! やっぱりヤッキー格好良いわ!
「ヒーローは遅れてやってくる」のです。この登場シーンがめっちゃ好きです。

そして、木刀で一撃!
うん! 文句なしの格好良さ!
この「やる時はきっちり決める」ところが好きですね。『男の顔』が格好良い!
しっかりと水着も掴み、轆花ちゃんを抱えて水面まで戻るのも格好良いですね。

この場面は正に主人公の面目躍如ですね。

水に潜む妖怪ということで、河童憑きは以前に出たし、何だろうなあと楽しみにしていました。
なるほどね。人魚と言えば、ヤッキーのイメージ&先生の美女人魚イラストのような想像しちゃいますが、
「西洋のそれとは違い、日本の人魚は美女として描かれることはなく」という一文に納得。
これは私の勉強不足&ふなつ先生の流石の取材と勉強の結晶ですよね。
読者の想像を裏切って期待には応えるという見事な手法でした!

って、オッサンかよ。

冒頭だけじゃなく、緊張感漲るサスペンスとバトルの展開でも大爆笑ポイントとは!
つくづく巧いですね。何度見てもこの人魚には爆笑しちゃう。
特別読切『もももけSUPER』のあのネタを連想して更に大爆笑。

以前から感想で書いていることですが、妖怪登場時のふなつ先生の筆文字風のあのバックが最高!
これは今後も続けてくださると嬉しいなあと思いながら、毎回やってくださるので堪りません!



さて、我らがヒーロー登場ということで、バトルが燃える展開になりました。
ここで一つ大問題が……。
そう、上述の通り、人魚に捕まったのが轆花ちゃんだったからまだ何とかなったのですよね。
海パン一丁で生身のヤッキーが海底に引き摺り込まれる展開は、非常にまずいです……!
木刀こそあれど、海の中では充分な威力を発揮できませんし……。

ここは敵のこの勢いを何とか止めるか、仲間が駆けつけるのが間に合わないと……。

ニアちゃんは水が苦手ですし、いっちゃんは身長がネックでしょうし(失敬な)。
やっぱり轆花ちゃんの『首』が重要なポイントじゃないかなと。

敵がヤッキーを窒息させる前に、実男さんがお尻顔面騎乗で人魚を窒息させるとか。

って、何言ってんだ私は。

木刀を肩に掛けて動けるように結んでありますが、これが地味に活きる形になるのでしょうか。
敵を驚かせて不意討ちというやり方なら、虹緒ちゃんかな。
うーん、どれも強引な考えという気がしますね。

と言う訳で、今回はこの辺で。
ヤッキーはガボボボの大ピンチで心配ですが、大逆転に期待してます。

次号もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2777-a8c8f274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。